WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東海学院大学
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 福井クラブ
  • LIEBE 栃木

H2

  • 小矢部RED OX
  • ALDER飯能
  • 法政大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 駿河台大学
2018.10.21

ソニー、コーラ、南都銀行、山梨学院がファイナルステージ進出(女子第6節第14日・コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム)

高円宮牌2018ホッケー日本リーグ女子は21日、広島県・コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアムにてセカンドステージ第6節第14日を開催しました。本日の結果を受けて、ソニーHC BRAVIA Ladies、コカ・コーラレッドスパークス、南都銀行SHOOTING STARS、山梨学院CROWNING GLORIESの4チームがファイナルステージ進出を決めました。また、5位グラクソ・スミスクラインOrange United、6位天理大学ベアーズのシーズン順位が確定しました。

11:00 グラクソ・スミスクラインOrange United 2-1 山梨学院CROWNING GLORIES

山梨学院は44分、#32小野真由美(中央)のゴールで同点に追いつく

GSKのセンターパスにより試合が開始された。両チームチャンスはあるものの得点に至らず0-0で第一Qは終了した。第2QはGSKがパスワークで激しく攻めて立てる。24分GSKは左サイドから打ち込むと#16小林がタッチシュートを決め先制する。その後は山梨学院がPCからチャンスを作るもゴールに入らない。このまま1-0でGSKのリードで第2Qがを折り返す。
第3Qは山梨学院がパスワークでゲームを展開する。GSKもカウンターからチャンスを作るもシュートが打てない。その後は激しい攻防が続く。山梨学院は左サイドを起点にパスを組み立て、PCを獲得すると44分こぼれ球を#32小野が押し込んで1-1とする。このまま1-1で第3Qは終了する。第4Qは両者、激しい攻防が続く。GSKはPCを獲得するも山梨学院の激しいディフェンスに阻まれる。山梨学院がピッチを広く使ったパスワークで攻めるがGSKもカウンターからチャンスを作る。GSKがカウンターから左サイドで突破しPCを獲得すると59分#4中村がヒットシュートを決め2-1とし、GSKが勝利した。

終了間際の59分、GSKは#4中村莉緒が決勝点を挙げた
試合を決める2点目に喜ぶGSKの選手ら

試合詳細


12:40 南都銀行SHOOTING STARS 1-0 天理大学ベアーズ

50分、均衡を破るゴールを決めた#11勝又舞(中央)を祝福する南都銀行の選手ら

南都銀行のセンターパスにより試合が開始された。試合開始早々、南都銀行が天理大学陣内でゲームを展開する。天理大学もPCからチャンスを作るも南都銀行のディフェンスに阻まれ0-0で第1Qは終了した。第2Qは天理大学がカウンターから積極的に攻めていく。両者激しい攻防が続き、南都銀行が右サイドからパスを入れ、シュートチャンスを迎えるも天理大学GK#28工藤がセービング、得点ならず0-0のまま第2Qを折り返す。
第3Qは南都銀行のパスワークで激しく攻め立てる。南都銀行はスクープからスペースを利用して攻め立てるが、天理大学も連携のとれたディフェンスで南都銀行をゴールに近寄らせないまま0-0で第3Qを終了した。第4Qも南都銀行が天理大学陣内でゲームを展開する。50分南都銀行はPCを獲得すると、#9野村からのパスを#11勝又がヒットシュートを決め先制する。さらに中央からパスを受けた南都銀行#9野村がドリブルからヒットシュートを打つも枠を外れる。結局このまま1-0で南都銀行が勝利した。

試合詳細


14:20 ソニーHC BRAVIA Ladies 3-2 コカ・コーラレッドスパークス

先制点と逆転弾を決めたソニー#9永井友理(中央)

ソニーのセンターパスで試合が開始された。試合開始1分CCRSのスクープから抜け出した#19河村がドリブルでキーパーをかわしてゴールを決めて先制する。その後両者激しい攻防が続くも0-1で第1Qを終了した。第2Qも勢いに乗りたいCCRSは#13加藤がドリブルで突破し、シュートを放つも枠を外れチャンスを逃す。ソニーも果敢に攻め立てるが0-1のまま第2Qを折り返した。
第3Qに入りCCRSが右サイドからのからのパスを#19河村がリバースヒットを決め0-2追加点をあげる。対するソニーは34分パスを受けた#9永井が右サイドからドリブル突破しヒットシュートを決める、試合の流れはソニーへ、45分左サイドで待っていた#早戸がタッチシュートを決め2-2とする。続けて45分#9永井がヒットシュートを逆転して第3Qを終了した。第4Qソニーがカウンターからチャンスを作るがCCRSの激しいディフェンスに阻まれる。CCRSは果敢に攻め立てるが、ソニーのディフェンスは阻まれ決定機を逃す。PCを立て続けに取るもシュートは枠を外れ、最後までソニー陣内へ攻め続けたが得点は奪えず、3-2でソニーが勝利した。敗

この試合2得点の活躍をみせたコカ・コーラ#19河村元美(左から2人目)に駆け寄る選手ら
45分、追加点を決めたソニー#11早戸沙希(中央)

試合詳細

順位表

back to top