WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.05.11

表示灯Fが負けなしの4連勝で首位、福井と小矢部Rが続く(男子H2第2節第4日・三成公園ホッケー場)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ男子H2は11日、島根県・三成公園ホッケー場にて第2節第4日を開催しました。

10:00 駿河台大学 0-0(SO 3-2) 福井工業大学

ドリブル突破を図る駿河台大#20岩瀬(中央)

 駿河台大学のセンターパスで試合開始。第1Q開始から福井工業大学が優勢に試合を進めるが、駿河台大学は組織的な守備からカウンターを狙う展開となる。
 第2Qも福工業大学のボール支配率が高い展開となるが、なかなか決定的なチャンスを作ることができない。駿河台大学はカウンターを起点に右サイドからサークルインを狙うが、福井工業大学の堅い守備を突破することができない。

60分間で決着がつかず勝負はシュートアウト(SO)戦へ

 第3Q、第4Qともに前半と同様の試合展開となり、両チーム一進一退の攻防が続く。両チームシュートチャンスを作るが、ゴールの枠を捉えることができない。0-0で試合終了となり、シュートアウト戦の結果、3-2で駿河台大学が勝ち点2、福井工業大学が勝ち点1を獲得した。

SO戦を制し喜ぶ駿河台大の選手ら

試合詳細


11:50 東京農業大学 0-6 表示灯フラーテル

表示灯F吉原(中央)と東京農大細川(左)の対峙

 東京農業大学のセンターパスにより試合開始。表示灯フラーテルホッケーチームは前線から積極的なプレスにより、何度もサークルインするが、東京農業大学は落ち着いて対応して得点チャンスを与えない。東京農業大学もカウンターを仕掛けるが、表示灯フラーテルホッケーチームは複数人で囲み自由を与えない。13分表示灯ホッケーチーム#8小川が右サイドからのパスを受け、反転しながら強烈なヒットシュートを決めて先制。
 第2Q開始後も表示灯フラーテルホッケーチームの攻勢が続く。東京農業大学も粘り強く守っていたが、25分・27分#8小川が立て続けに追加点を奪う。

ハットトリック達成の表示灯F小川(中央)

 さらに第3Q33分#9井島がタッチシュートから得点を奪う。その後も表示灯フラーテルホッケーチームがボールを保持し、優位に試合を進めていく。東京農業大学もカウンターでサークル前まで攻め込むも、なかなかサークルインすることができない。43分#20中山がPCからヒットシュートで得点を重ね、さらに60分#6中村がフィールドゴールを決めて0-6で表示灯フラーテルホッケーチームが勝利した。

ボールキープする東京農大#10大場

試合詳細


13:40 福井クラブ 5-0 法政大学

福井#16竹内(左)と法政大#16佐々木(右)のマッチアップ

 法政大学のセンターパスにより試合開始。福井クラブが細かなパスワークから何度もサークルインしてチャンスを作っていく。福井クラブペースで試合が進んでいき、23分福井クラブ#12渡辺がシュートのこぼれ球を押し込み先制する。法政大学もカウンターを狙うが、福井クラブが中盤で攻撃の芽を摘み、決定的なチャンスを作らせず、奪ったボールを素早くゴール前に運び、センタリングから得点を狙う展開となる。
 膠着状態の中、第3Q32分福井クラブ#10三谷が右からのセンタリングをスイープヒットで確実に決めて追加点を奪う。第3Q中盤を過ぎたあたりから法政大学が右サイドから攻め込む回数が増えるが、福井クラブの守備陣が落ち着いて対応し、一進一退の攻防が繰り広げられる。

23分、先制点を決めた福井#12渡辺(中央)

 第4Qに入り、法政大学が右サイドからのセンタリングを起点に決定的なチャンスを得るが、福井クラブGK関澤の好セーブに阻まれる。その後、51分福井クラブ#21松山、59分#3近藤、60分#12渡辺がフィールドゴールから着実に得点を重ね、3-0で福井クラブが勝利した。

試合詳細


15:30 小矢部RED OX 4-1 Selrio島根

ドリブルで駆け上がるS島根#11若槻(省)

 Selrio島根のセンターパスにより試合開始。第1Q開始早々Selrio島根が地元の声援を受けながら前線からのプレスで得点を狙う。Selrio島根の攻勢を凌いだ小矢部RED OXが5分#2酒井のヒットシュートにより先制する。両チームロングボールでFWへパスを供給し、サークル前での攻防が続く展開となる。
 17分小矢部RED OX#17伊藤が右サイドからのセンタリングを受け、リバースヒットシュートで追加点を奪う。追いつきたいSelrio島根は28分#23吉川が右サイドからのセンタリングをタッチシュートし、1点を返して前半を終える。

小矢部Rの先制点となるヒットシュートを決めた#2酒井(左)

 第3Qに入り、小矢部RED OXがボール保持する時間が長くなり、36分#7村田が右サイドからのパスをサークル中央で受けて、豪快なヒットシュートを決めて、再度2点差とする。その後も小矢部RED OXは#7村田を中心に何度もSelrio島根のゴールに迫る。Selrio島根はドリブルで両サイドから攻撃を仕掛けるが、小矢部RED OXの守備陣を崩すことができない。44分小矢部RED OX#5沼田がスクープから裏に抜け出し、GKとの一対一を冷静に決めて、追加点をあげる。
 第4QSelrio島根はセンタリングからチャンスを掴むが、ゴール前の混戦を小矢部RED OXが粘り強い守備で守りきり試合終了。小矢部RED OXが勝利した。

チーム2得点目を決めた小矢部R#17伊藤

試合詳細

back to top