WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.05.26

山梨学院が4連勝で首位、立命館Hが続く(女子第3節第6日・山梨学院ホッケースタジアム)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ女子・大学リーグは26日、山梨県甲府市・山梨学院ホッケースタジアムにて第3節第6日を開催しました。

10:00 天理大学ベアーズ 2-0 聖泉大学

先制点を決めた天理大#13早戸(左)

 聖泉大のセンターパスにより試合が開始される。第1Q、聖泉大はパスを繋ぎ攻め上がるが、シュートを打つことができない。8分天理大#35森永がフリーでボールを受け、聖泉大のGKと1対1となるが、#1稲葉の好セーブで得点をすることができない。9分天理大はPCを獲得するが、これも得点には至らない。11分聖泉大はPCを獲得するが、天理大のDF陣の堅い守りにより得点することができない。両チーム無得点のまま第1Qは終了する。
第2Q、開始早々両チーム一進一退の攻防を見せる。23分天理大は右サイドから#12小林のセンタリングを#13早戸が合わせ1-0と先制する。26分、天理大はPCを獲得するが、枠を捉えることができない。28分、追い付きたい聖泉大は左サイドをパスで崩すが、シュートまで繋がらない。第2Qは1-0と天理大のリードで終了し後半戦へ折り返す。
第3Q、天理大は開始早々立て続けにPCを獲得するが、得点することができない。聖泉大はロングボールからカウンター攻撃を狙うが、天理大の堅い守備を崩すことができない。36分天理大は左サイドから#12小林がシュートを決め、2-0とリードを広げる。41分天理大#13早戸が右サイドからシュートを打つが、GKに阻まれ得点には至らない。第3Qは2-0で終了する。
第4Q、天理大ペースで試合が進む。天理大は連携したパスワークで何度もサークルインするが、聖泉大GK#1稲葉を中心とした堅い守りで追加点を許さない。反撃を試みる聖泉大は、カウンターで得点を狙うが、天理大のDF陣の堅い守りに阻まれ、得点することが出来ない。このまま試合は終了し、2-0で天理大が勝利した。

空を仰ぐ聖泉大の選手たち

試合詳細


11:50 立命館ホリーズ 3-1 駿河台大学 LADYBIRDS

立命館H#10柴田(右)が2点目を決め突き放す。

 立命館Hのセンターパスにより試合が開始される。第1Q、5分立命館Hは中央をパスで崩し、#11遠藤がシュートを放つが枠をとらえることが出来ない。その後も立命館Hのペースで試合が進む。10分立命館Hはロングボールをフリーで受けた#7飯見が冷静にヒットシュートを決め先制する。第1Q終了間際、立命館HはPCを獲得するがこれは得点には至らない。1-0と立命館Hのリードで第1Qが終了する。
第2Q、16分駿河台大大学がPCを獲得するが、#2佐藤のシュートは枠を捉えることができない。19分、今度は立命館HがPCを獲得するが、これも得点には繋がらない。追いつきたい駿河台大が20分、21分と立て続けにPCを獲得。サークル内の混戦を#7鰐川が押し込み、1-1の同点とする。そのまま第2Qは終了し、後半戦へ折り返す。
第3Q、開始早々立命館Hは立て続けにPCを獲得する。このPCを#10柴田がヒットでシュートを決め、2-1とリードを広げる。立命館Hはその後もPCを何度も獲得するが、駿河台大の堅い守りにより得点することができない。両チーム激しい攻防を繰りひろげるが得点は動かず2-1で立命館Hがリードしたまま第3Qは終了する。
第4Qも立命館Hペースで試合は進む。得点が欲しい駿河台大は、ロングボールのカウンター攻撃から得点を狙うがチャンスをものに出来ない。追加点が欲しい立命館Hは前線からプレスをしかけ攻撃の手を緩めない。54分に立命館H#5久保がリバースシュートをゴール右下に決め3-1と突き放す。このまま試合は終了し、3-1で立命館Hが勝利した。

駿河台大#7鰐川(中央)が1点を返す

試合詳細


13:40 山梨学院CROWNING GLORIES 2-1 東海学院大学

山梨学院#1田中花歩が先制点を決める(右)

 東海学院のセンターパスにより試合が開始される。山梨学院は、試合開始直後から1分、2分と立て続けにPCを獲得するが、得点することができない。6分山梨学院はサークル内の混戦から#1田中が押し込み1-0と先制する。勢いに乗った山梨学院は、8分、山梨学院#14中込がこぼれ球に上手く反応し、2-0と突き放す。その後両チーム一進一退の攻防を繰り広げる。第1Qは2-0と山梨学院がリードして終了する。
第2Qも立ち上がりから両チーム激しい攻防が続く。22分山梨学院はPCをするが、これは枠を外してしまう。得点が欲しい東海学院は前線からプレスをしかけボールを奪うが、なかなかシュートまで繋がらない。追加点がほしい山梨学院は、左サイドからカウンターをしかけるが、東海学院のDF陣を崩すことができない。得点が動かぬまま、2-0で第2Qが終了し後半戦へ折り返す。
第3Qも激しい攻防が続き、お互い中盤でボールを奪い合う時間が続く。44分東海学院はゴール前でのこぼれ球を#22岸が押し込み2-1とする。追加点が欲しい東海学院は勢いに乗った攻撃をするが山梨学院のかたい守備により得点まで至らず、2-1で山梨学院がリードしたまま第3Qは終了する。
第4Q、開始早々山梨学院はPCを獲得するが得点を決めることが出来ない。54分、追い付きたい東海学院がPCを獲得するが、シュートは枠を外してしまう。57分、59分と、山梨学院は立て続けにPCを獲得するが、得点には至らない。東海学院は前線からプレスをしかけ攻め上がるが、山梨学院のDF陣を崩すことができない。このまま試合は終了し、2-1で山梨学院が勝利した。

東海学院#22岸(中央)のゴールで1点を返す

試合詳細

back to top