WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.09.22

山梨学院 東海学院 立命館H 天理大がファイナルステージ進出決定(女子第7節第14日・立命館OICフィールド)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ女子・大学リーグは22日、大阪府茨木市・立命館OICフィールドにて第7節第14日を開催しました。

10:00 山梨学院CROWNING GLORIES 1-0 天理大学ベアーズ

好セーブが光った天理大GK#1工藤

 山梨学院のセンターパスにより第1Qが開始された。山梨学院が華麗なパス回しでボールを支配し何度も23y内に攻め込む。対する天理大はパスカットから速攻を仕掛ける。第1Q終了間際、山梨学院が打ち込みにタッチシュートで滑り込むも得点には繋がらない。第2Q10分山梨学院FW#1田中花がサークル付近でのパスカットから豪快なドリブルでPSを獲得。MF#4尾本桜が冷静にゴールの左上に決め、山梨学院が先制点をあげた。そのまま1-0で第2Qが終了した。
 天理大のセンターパスにより第3Qが開始された。両者チャンスをつくるも得点にはならず、第3Qは無得点で終了。第4Q開始早々、山梨学院が決定的なチャンスをつくるが、天理大#1工藤の堅い守備とゴールポストに阻まれ決めきれない。5分、山梨学院がこの試合最初のPCを獲得し果敢にゴールを狙うも、天理大の粘り強いディフェンスにより阻まれる。その後も山梨学院が怒涛の攻撃を続ける。天理大も負けじと食らいつくが、サークルまで攻め込むことが出来ない。そのまま試合が終了し、終始試合の主導権を握った山梨学院が1-0で勝利した。

PSで決勝点の山梨学院#4尾本桜子

試合詳細


11:50 東海学院大学 2-1 駿河台大学 LADYBIRDS

先制点の駿河台大#13山口

 駿河台のセンターパスにより第1Qが開始された。試合早々から激しいボールの奪い合いが繰り広げられる。東海学院が巧みなドリブルで押し気味で一気にゴールを狙うも得点には至らない。駿河台も相手陣内にボールを運び、終了間際の15分駿河台#13山口がタッチで合わせ先制する。第2Q、開始早々に東海学院にチャンスが訪れ、18分#35遠藤が押し込み同点とする。試合は拮抗した展開だが、追加点は生まれず、1-1で第2Qを折り返す。
 東海学院大学のセンターパスにより第3Qが開始された。すぐさま東海学院#20立岩がサークル内に打ち込むも惜しくも得点には繋がらない。駿河台も果敢にサークルまで攻撃するも東海学院の堅い守備に阻まれる。両者共に互いにボールを奪い合う展開が続くが追加点には至らなかった。第4Qが開始され、互いに追加点がほしいところ、東海学院がロングパスからの攻撃で#20がヒットシュートを打つも、駿河台#1浪岡のナイスセーブにより、追加点を挙げることができない。その後も立て続けに東海学院がPCを獲得するも、相手DFに阻まれる。53分東海学院がPCを獲得し、#20立岩が押し込み2-1とする。またも56分に東海学院が攻め込み、PCを獲得するが、#1浪岡のセーブで得点には繋がらず、東海学院のPCを獲得する回数が増えるが、駿河台の堅い守備とGKのナイスセーブで得点には至らない。東海学院も相手陣営に攻め込むも相手の堅い守備を破ることは出来ず、東海学院大学が2-1で勝利した。

勝ち越しゴールを決めた東海学院#20立岩

試合詳細


13:40 立命館ホリーズ 5-0 聖泉大学

PCでハットトリック達成の立命館H#2山根

 立命館のセンターパスにより第1Qが開始された。序盤から立命館が攻め込み、5分PCを獲得。FB#2山根がヒットシュートで先制点を挙げた。立命館が巧みなドリブルから攻撃を仕掛けるが、聖泉の堅いディフェンスによりなかなか得点に繋がらない。聖泉も数少ないチャンスから果敢に攻め込み、連携したパスワークでサークルへとボールを運び、#6前田がヒットシュートを放ったがゴールをそれた。そんな中、29分立命館がPCを獲得し、またもFB#2山根の強烈なヒットシュートが決まる。第2Qを2-0で折り返した。
 聖泉のセンターパスにより第3Qが開始された。立命館優勢のまま試合が進むかに思われたが、第3Q中盤、聖泉が粘り強い攻撃を見せ、何本もシュートを放つも、立命館の守備陣が得点を許さない。立命館が速攻からPCを獲得し、41分再度FB#2山根のヒットシュートが決まり、3-0となった。攻撃の手を緩めない立命館が44分MF#7飯見のリバースヒットを決め4-0となり、第3Qが終了した。
49分立命館FB#19浦田がPCでプッシュシュートを決め5-0となる。波に乗る立命館は華麗なドリブルから何度もサークル内に攻め込む。対する聖泉もクリアボールを確実に繋いで攻撃のチャンスをつくり、負けじと食らいつく。終了間際まで立命館の猛攻が続くも、聖泉GK#40宮崎の好セーブをはじめとした堅い守備が光った。そのまま試合が終了し、立命館が5-0で勝利した。

聖泉大は終盤カウンターで見せ場を作るも得点には至らなかった

試合詳細

back to top