WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.11.17

SONY5連覇達成 決勝で山梨学院を5-1で下す(女子最終節第17日・立命館OICフィールド)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ女子・ファイナルステージは17日、大阪府茨木市・立命館OICフィールドにて最終節第17日を開催しました。

9:30 東海学院大学 0-2 南都銀行 SHOOTING STARS

東海学院のセンターパスにより第1Qが開始された。南都銀行が右サイドから攻め込み、#10狩野がシュートするが惜しくも枠を外れる。南都銀行は引き続き打ち込むが、得点には至らず。東海学院はカウンターを狙うが阻止されてしまう。両者1歩も譲らないまま2Qに突入する。
19分、南都銀行はロングパスからドリブルでサークル内に侵入し、#15鳥山がヒットシュートを決め、先制する。南都銀行の猛攻は続くが、東海学院の堅いDFによりシュートをすることが出来ない。南都銀行が1点リードしたまま第3Qへ突入する。

先制点を挙げた南都銀行#15鳥山

南都銀行のセンターパスにより第3Qが開始された。南都銀行が左サイドから攻め込み、この試合最初のPCを獲得する。34分PCから#8西永のリバースヒットが決まり、南都銀行が追加点をあげる。南都銀行が2点リードのまま第4Qに突入する。
東海学院は右サイドから攻め込み、#9森作がシュートを放つもキーパーに阻まれる。東海学院が右サイドから打ち込み、#11中村がタッチシュートを狙うも惜しくも枠を外れる。そのまま試合は終了し、東海学院対南都銀行の試合は0-2で南都銀行が勝利した。

東海学院はチャンスを作るが1点が遠かった

試合詳細


11:20 天理大学ベアーズ 0-2 コカ・コーラレッドスパークス

CCRのセンターパスにより第1Qが開始された。開始7分天理大がPCを獲得するもののすぐさまCCRのボールになり、そのまま左サイドから攻め込むものの天理大はサークルへの侵入を阻止する。CCRはPCを獲得するが、シュートを打つことができない。同点のまま2Qを迎える。
2Q開始早々CCRは右サイドから#20藤林がドリブルで侵入しPCを獲得。#4浅井のシュートは天理大のキーパー#1工藤のナイスセーブにより得点には至らず。続けてCCRはPCを獲得。#4浅井のシュートは天理大のDFのセーブにより、枠外へ飛んでしまう。天理大はカウンターで攻めるがCCRのDFにより防がれる。両者ボールを奪い合う展開が続く。2Q終了間際、CCRはPCを獲得。#5金藤はボールがずれ、惜しくもタッチできずに両者、均衡した状態のまま第2Qが終了する。

序盤はお互い譲らない展開

天理大のセンターパスにより第3Qが開始された。開始早々CCRは左サイドからのセンタリングを#11辻井が上手く合わせ、見事点数を決め、先制する。3Q終了間際CCRはPCを獲得する。#8田中がフリックシュートが右中段に突き刺さり、天理大を引き離し、CCRが2点先制したまま、4Qへ突入する。
天理大のセンターパスにより第4Qが開始された。49分天理大はPCを獲得。天理大の#13早戸のフリックシュートはCCRの#1前田のナイスセーブによりゴールを守死した。2点差のまま試合は終了し天理大vsCCRの試合は0-2でCCRが勝利した。

CCR追加点はPCから#8田中のフリックが決まる

試合詳細


13:10 グラクソ・スミスクライン Orange United 1-0 立命館ホリーズ

GSKのセンターパスにより第1Qが開始された。第1Q11分GSKはこの試合最初のPCを獲得する。スイープシュートを狙うも立命館HのDFに阻まれ、立命館Hがカウンターで攻め上がる。しかしゴールには結びつかない。お互い無得点のまま第2Qに突入する。
20分立命館HがPCを獲得し、ヒットシュートを放つもDFにより阻まれる。24分GSKは右サイドから攻め込み、#12井沢のシュートで先制点をあげる。立命館Hは右サイドから切り込んだ#25五島がリバースヒットでシュートを放つも惜しくも枠を外れる。GSKが1点リードのまま第3Qに突入する。

決勝点となった得点を挙げたGSK#12井澤

立命館Hのセンターパスにより第3Qが開始された。追いつきたい立命館Hはパスを回すが、GSKにパスカットされ、サークルに入れない。GSKは左サイドからパスを駆使し、攻め入るが、シュートを打つことができない。GSK#19五島がドリブルで中央から切り込むがすぐさま相手ボールになってしまう。
GSKが1点リード保ちつつ、第4Qが開始された。GSKは華麗なパスワークからPCを獲得。#11柴田がフリックシュートを放つが枠を外れてしまう。すぐさま立命館HはカウンターによりPCを獲得する。GSKは堅い守備により立命館HのPCを3度防ぐ。追いつきたい立命館Hは#7飯見を中心として攻め入り、4Q終了間際PCを獲得するが#19浦田のフリックシュートはGSKのDFによって防がれ、GSKが1点リード守りつつ試合は終了し、GSKvs立命館Hの試合は1-0でGSKが勝利した。

立命館Hは#25五島がチャンスを作るも得点出来ず

試合詳細


15:00 ソニー HC BRAVIA Ladies 0-0 山梨学院CROWNING GLORIES

山梨学院センターパスにより第1Qが開始された。4分SONYは#20清水がシュートを放つも枠を外れる。14分SONYはカウンターからチャンスを作り、#9永井がゴールに流し込み先制点をあげる。山梨学院もチャンスを作るものの得点できず、SONY1点リードのまま第2Qに突入する。
17分SONYは右サイドから攻め込み#7小沢がシュートを決め追加点をあげる。SONYの攻撃は続き、PCを獲得するが、これはキーパーに阻まれる。23分SONYは左サイドから攻め、#14小川がさらに追加点をあげる。さらにSONYは25分PSを獲得し、#14小川がこれを落ち着いて決め4点目をあげる。山梨学院も攻撃をしていくが得点には結びつかず。SONYが4点リードのまま試合は第3Qに突入する。

2点目を決めたSONY#7小沢

SONYのセンターパスにより第3Qが開始された。山梨学院の応援が鳴り響く中、SONYの攻撃は続く。34分#20清水のアシストで#9永井が5点目のゴールを決めた。その後SONYがPCを獲得するが、#15八木がフリックシュートをするもキーパーに阻まれた。
SONYのセンターパスにより第4Qが開始された。48分、山梨学院がPCを獲得するもSONYの守備に阻まれ点には結びつかなかった。残り3分、山梨学院の#7川口のシュートで1点を獲得。SONYが先制したまま試合は終了しSONYvs山梨学院の試合は5-1でSONYが去年に引き続き5年連続の優勝をした。

一矢報いる山梨学院#7川口のゴール

試合詳細


5連覇を達成したSONYの選手ら

優勝 ソニー HC BRAVIA Ladies(5年連続11度目の優勝)
2位 山梨学院CROWNING GLORIES
3位 グラクソ・スミスクライン Orange United
4位 立命館ホリーズ
5位 コカ・コーラレッドスパークス
6位 天理大学ベアーズ
7位 南都銀行 SHOOTING STARS
8位 東海学院大学
9位 駿河台大学 LADYBIRDS
10位 聖泉大学

back to top