WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 天理大学ベアーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 天理大学ベアーズ
  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井クラブ

H2

  • ALDER飯能
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • BlueSticks SHIGA
2020.10.10

男子H1開幕 天理大が表示灯Fに逆転勝利 L栃木 ホームの岐阜朝日が勝利(男子H1・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2020ホッケー日本リーグ男子H1は10日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにて開幕しました。

12:00 天理大学ベアーズ 4-3 表示灯フラーテルホッケーチーム

雨が降りしきる中、男子ホッケー日本リーグ開幕戦は表示灯Fのセンターパスにより開始された。第1Q3分表示灯F#1小川がプッシュシュートで先制点を奪う。追いつきたい天理だが表示灯Fの堅守によりチャンスをつくることができない。第1Qは0-1で終了する。
第2Q19分表示灯F#2羽田がグリーンカードを科せられる。両者一歩も譲らない攻防が続き、試合が動いたのは25分表示灯F#14長澤が強烈なシュートを放ち、DFがキックしたことによりPSを獲得する。#11佐々木が突き刺さるシュートを打ち追加点を奪う。1点を返したい天理だが、チャンスを生かしきれず無得点のまま2-0で表示灯Fのリードで前半戦を折り返す。

開始3分に先制点を決めた表示灯F♯1小川

第3Qも拮抗した状態が続く。天理は39分華麗なパスを繋ぎPCを獲得するが得点には至らない。激しい攻防の中、表示灯Fが決定的なチャンスをつくるが、天理#1松田の好セーブにより得点を許さない。第3Q終了間際44分表示灯Fの早いリスタートからパスを受けた#20中山が左下へ強烈なヒットシュートを決め、3-0で第3Qが終了した。
第4Q追い駆ける天理は48分#17千葉のセンタリングを#23米田がタッチシュートを決め1点を返す。勢いに乗った天理は57分PCから♯30膳棚が右中にフリックシュートを決める。続く59分ドリブルからPSを獲得し、#25霧下が決め3-3の同点となる。さらに天理は試合終了間際ゴール前の混戦から#9松本が押し込み4-3で天理が逆転する。第4Qの猛攻で天理大学ベアーズが逆転し勝ち点3を得た。

逆転ゴールを決めた天理大♯9松本(中央)

試合詳細

3点差をひっくり返した逆転ゴール/FW 9 松本 航(天理大学ベアーズ)


14:30 LIEBE栃木 10-1福井クラブ

曇りの空のもとLIEBE栃木のセンターパスにより第1Qが開始された。第1Q開始5分LIEBE栃木#7加藤がPSを獲得し、ゴールの右下段確実に決め、1-0とする。福井クラブも積極的な攻撃をみせるがチャンスをつくることができない。LIEBE栃木がリードしたまま第1Qを終える。
第2Q開始早々LIEBE栃木#1小沢が素早いドリブルからゴール左下段へ力強いヒットシュートを決める。さらに18分ゴール前のリバウンドをLIEBE栃木#7加藤がリバースシュートで決める。さらに21分。LIEBE栃木#29村田がプッシュシュートを決める。その後もチャンスを確実に決め、5-0で前半線を折り返す。

チーム4点目を決めた新加入L栃木♯29村田(右)

第3QもLIEBE栃木の勢いは止まらず、33分リバウンドを#1小沢が押し込み6-0とする。さらに35分#2下畝地が豪快なヒットシュートを決める。1点を取りたい福井クラブは#10三谷からカウンターを仕掛けるが、シュートに持ち込むことができない。39分LIEBE栃木#12高橋がリバウンドを決め、追加点を挙げる。第3Q終了間際LIEBE栃木が獲得したPCを決め9-0で第3Qを終える。
第4Qに入り、福井クラブが、58分にPCを獲得し、#25和田が右中段にフリックシュートを決める。しかし、59分にLIEBE栃木はカウンターからドリブルで攻め入り、#8大嶋がリバースシュートを決め、10-1とする。そのまま試合は終了しLIEBE栃木が大量10得点を挙げ、勝ち点3を獲得した。

福井♯25和田がPCで1点を返す

試合詳細

オーバーラップから正確無比なヒットシュート/MF 2 下畝地 洸聖(LIEBE栃木)


17:00 岐阜朝日クラブ 1-0立命館ホリーズ

少し肌寒い気候の中、立命館ホリーズ対岐阜朝日クラブの試合が開始された。岐阜朝日クラブのペースで試合が展開され第1Q5分#1山﨑がプッシュで押し込み先制点を挙げる。7分に立命館ホリーズがPCを獲得するもゴールの枠を捉えることができない。そのまま第1Qを終える。
第2Q、両チームどちらも譲らない激しい攻防を繰り返す。立命館ホリーズの素早い展開と岐阜朝日クラブの巧みなドリブルからなる一戦はチャンスをつくることなく1-0のまま岐阜朝日クラブがリードし前半戦を終える。

先制点を決めた岐阜朝日♯1山﨑

立命館ホリーズのセンターパスにより第3Qが開始された。一戦一体のゲームが続き、両チームシュートを打つも得点には結びつかない。中盤での攻防が多く決定的なチャンスをつくれないまま第3Qが終了した。
第4Q序盤から立命館ホリーズがチャンスをつくり、立て続けにゴールを打つも岐阜朝日クラブGK#30吉川の好セーブによりゴールを揺らさない。対する岐阜朝日クラブも猛攻撃を仕掛けるが立命館ホリーズの堅い守備に阻まれ追加点を挙げることができない。そのまま試合は終了し、1-0で岐阜朝日クラブが勝ち点3を獲得した。

岐阜朝日GK♯1吉川を中心とした硬い守りで立命館Hは得点を奪えず

試合詳細

ゴール前のこぼれ球を落ち着いてシュート/FW 1 山﨑 晃嗣(岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS)

back to top