WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.10.02

東海学院がSONYにSO勝ちで首位浮上(女子・山梨学院ホッケースタジアム)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ女子は2日、山梨県甲府市・山梨学院ホッケースタジアムにてレギュラーステージ第8日を開催しました。

10:00 山梨学院CROWNING GLORIES 2-2(SO4-2) グラクソ・スミスクラインOrange United

 GSKのセンターパスにより試合が開始される。6分、グラクソFW#15中村がヒットシュートを放つも枠をとらえることができない。両チームチャンスを作るも得点には至らない。14分、山梨学院FW#14髙島がドリブルでサークル侵入し、リバースヒットを放つも、得点することができない。両チーム無得点のまま、第1Qが終了する。第2Qも一進一退の攻防が繰り広げられる。20分山梨学院FW#14髙島がPCを獲得し、FB#20金のスイープシュートがゴール右下に決まり、先制点を挙げる。追いつきたいGSKは、22分MF#16田中がシュートチャンスを得るも、得点に至らない。その後も、早いパス回しで攻撃を仕掛けるも、山梨学院が堅い守備を魅せ1-0で山梨学院のリードで前半戦は終了する。

先制点を決めた山梨学院#20金のスイープシュート
#20金の得点に喜ぶ山梨学院選手ら

 後半戦は、山梨学院のセンターパスにより開始される。35分山梨学MF#5中込がスピードのあるドリブルで果敢な攻撃を魅せFW#14髙島がPCを取得するも、GSKのGK#18工藤の好セーブにより得点にならない。その後も、両者一歩も譲らない攻防が続く。40分GSK MF#14島谷がPCを取り、FB#2佐藤のヒットシュートが山梨学院GK#27松に弾かれるも、GSK MF#12小宮が素早い反応を見せ、タッチシュートが決まる。第3Qは1-1で終了する。第4Q51分GSK MF#16田中のパスをFW#19五島がダイレクトでシュートを決め、2-1とリードを広げる。1点を追う山梨学院は粘り強い攻撃を続け、終了間際にMF#5中込が巧みなボール捌きでPCを獲得し、#20金がスイープシュートを決め、チャンスをものにする。そのまま試合は終了し、勝敗はSO戦に持ち込まれる。SO戦は、均衡した状態が続くも、2-4で山梨学院が勝利した。

4Q、GSK#19五島が飛び込みながらシュート
ガッツポーズをみせる#19五島
終了間際に#20金のゴールで追いついた山梨学院
SO戦で活躍をみせたGK#3中島と#27松

試合詳細


12:15 ソニーHC BRAVIA Ladies 1-1(SO0-2) 東海学院大学

 ソニーのセンターパスにより試合が開始される。立ち上がりから、ソニーの激しい攻撃が続き、4分PCを獲得しFB#7小川がフリックシュートを放つも得点には至らない。東海学院は、MF#8河合を中心とした攻撃を試みるも、ソニーの連携した守備により、サークル侵入することができない。5分ソニーFW#20清水がシュートを放つも、枠をとらえることができず、両チーム無得点のまま第1Qが終了する。第2Qは両者一歩も譲らない攻防が続く。23分、東海学院がPCを獲得し得点のチャンスを得る。#2松本のプッシュに#8河合がタッチで合わせるも決めきることができない。24分、ソニー#20清水がサークル内でボールを受けシュートを放ち、東海学院GK#1青木がナイスセービングを魅せるも、ソニーFW#6八木がリバウンドに反応し、待望の先制点を挙げる。その後も、両者一歩も譲らぬままソニーがリードで前半戦は終了する。

24分、先制点を決めたSONY#6八木

 第3Qは、東海学院のセンターパスにより開始される。31分、東海学院#11小早川が前線で奪い、ドリブルでサークルインしてシュートするも、ソニーGK#16要石の好セーブによって得点することができない。対するソニーも38分FW#13田中がドリブルでサークル内にボールを持ち込み、ゴール前にいた#23今尾がシュートを放つもGK#1青木の好セーブによりゴールを許さない。その後、ソニーはPCを取得するも東海学院#2松本の堅い守備に阻まれる。第3Qは1-0とソニーのリードで終了する。第4Qは、ソニーが華麗なパス回しの攻撃を魅せる。開始早々、ソニー#4星の持ち込みから、#22坪内が受けシュートを放つも、東海学院MF#8河合の冷静な守備で得点を許さない。追いつきたい東海学院は、55分FW#11小早川の力強いシュートが決まり、1-1となり、同点に追いつく。試合終了間際、追加点の欲しいソニーはPCを得るもチャンスをものにできない。そのまま試合が終了し、勝敗はSO戦に持ち込まれる。東海学院GK#1青木の活躍により、0-2で東海学院が勝利した。

4Q、東海学院#11小早川の強烈なシュートで同点に
SO戦でのSONY#9永井友理と東海学院#1青木
GK#1青木のナイスセーブで東海学院がSO戦を制した

試合詳細


14:30 南都銀行SHOOTING STARS 3-0 立命館ホリーズ

 南都のセンターパスにより、試合が開始される。6分南都#8西永のパスを受けた#16髙田がドリブルで切り込み、シュートを放つも得点には至らない。9分#15鳥山がPCを取り#14岡田がスイープでゴール左下を狙うも立命館GK#1西垣の好セーブにより決めることができない。10分立命館#24河口のロングボールを受け#12竹澤が放ったシュート一度阻まれるもリバウンドに反応しPCを奪う。#9野村の放ったシュートは枠を捉えることができず、両チーム無得点のまま第1Qは終了する。第2Qも両チーム譲らない試合展開が続く。17分立命館#12竹澤がドリブルで自らサークルインし、ゴール前にいた#7村松にパスをしチャンスを作るも得点には至らない。20分立命館#25有岡がドリブルからシュートを試みるも、南都の堅い守備によりシュートを打つことができない。一方、南都は#9野村、#8西永を中心に華麗なパスワークで相手陣地に攻め入るもなかなか得点することはできない。両チーム無得点のまま、第2Qは終了する。

前半は両者譲らず無得点

 第3Qは、立命館のセンターパスにより開始される。32分南都#10狩野がPCを獲得し、#9野村がシュートを狙うも立命館GK#1西垣がゴールを許さない。対する、立命館はスクープを使った攻撃を仕掛けるも、思うように攻められない。その後も両チーム一進一退の攻防が続くも、得点の変動がないまま、0-0で第3Qを終える。第4Qは、南都のペースで試合が進む。開始早々、南都#7白石がPCを獲得。#9野村が左下に強烈なシュートを放ち、立命館GK#1西垣が好セーブするも南都の激しいリバウンドから#6島田が待望の先制点を挙げる。攻撃の手を緩めない南都は57分、58分と立て続けに得点し、3-0と立命館を突き放す。得点が欲しい立命館は、#23上野がスクープからチャンスメイクするもなかなか攻撃には繋がらない。そのまま試合は終了し、3-0で南都が勝利した。

47分、南都銀行#6島田がPCから先制点
2得点でPOMに選出された南都銀行#15鳥山

試合詳細

back to top