WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.10.10

東海学院が東京Vに勝利し首位浮上 SONYは2試合連続7得点(女子・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ女子は10日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにてレギュラーステージ第16日を開催しました。

9:30 グラクソ・スミスクラインOrange United 5-0 立命館ホリーズ

 グラクソのセンターパスより試合が開始された。第1Q 2分、グラクソのロングコーナーからゴール前でパスを受けた#19五島のリバースシュートが決まり先制。13分#16田中の左からのセンターリングから#19五島のシュートで2-0とする。さらに14分にも#16田中のシュートが決まり3-0とし、第1Qが終了。第2Q 16分#10山口が左から持ち込み#19五島のタッチシュートで4-0と突き放す。その後は両者一進一退の攻防が続く。残り8秒、立命館がPCを獲得するもグラクソのDFの好守備に阻まれ得点ならず、4-0で第2Qが終了した。

3得点を決めたGSK#19五島(中央)
14分、GSK#16田中がフィールドゴールで追加点

 第3Q 36分グラクソがPC獲得するが、立命館のGK#1西垣の好セーブにより得点ならず。立命館がやや優勢に試合進めPCを獲得するも得点を上げることができず、両者得点無く第3Qが終了。第4Q 第3Qに引き続き、立命館が優位に試合を進めグラクソ陣内に攻め込むも、得点に結びつくことができない。その中、残り40秒でグラクソ#8飯見のシュートが決まり5-0でグラクソが勝利した。

終了間際にチーム5得点目を決めた#8飯見
果敢に攻める立命館H#12竹澤

試合詳細


11:45 南都銀行SHOOTING STARS 2-1 天理大学ベアーズ

 天理大学のセンターパスにより試合が開始された。第1Q 7分、10分と南都銀行がPCを獲得するも天理大学のDF陣に阻まれ得点ならず。13分天理大学のPCで#2濱本のシュートが決まり先制点をあげる。しかし、すぐさま南都銀行がPSを獲得すると#9野村が決め1-1の同点とする。13分南都銀行がPCを獲得し強烈なシュートをするも天理大学GK#18大竹の好セーブで得点ならず。1-1の同点で第1Qが終了。第2Q 両者激しい攻防が続き相手陣内攻め込むも、シュートチャンスを生かすことができず1-1のまま第2Qが終了した。

PCから先制点を決めた天理大B#2濱本(右)

 第3Q 33分南都銀行が天理大学陣内左深く回り込み、折り返しを#15鳥山のタッチシュートで2-1とリードした。その後は、両者追加点を上げることができずに2-1のまま第3Qが終了。第4Q 開始早々南都銀行が天理大学陣内に攻め込み、47分PCを獲得するも得点することができない。天理大学は同点に追いつくために1点を取りに攻撃するも、南都銀行の固い守備に阻まれ得点することができず、2-1のままで南都銀行が勝利した。

決勝点は33分、南都銀行#15鳥山(右)のフィールドゴール
南都銀行ゴール前の激しい攻防

試合詳細


14:00 東海学院大学 1-0 東京ヴェルディホッケーチーム

 東京ヴェルディのセンターパスにより試合が開始された。第1Q 東海学院のペースで試合が進み3分PCを取るも得点ならず。東京ヴェルディは#3及川がチームを引っ張るも、東海学院陣内攻め込むことができず、0-0で第1Qが終了。第2Q 27分東京ヴェルディは右の回り込みからの折り返しをシュート、ゴール前混戦となるも東海DF陣に抑えられ得点ならず。残り13秒東海学院がPCを獲得するも決められず、両者無得点のまま0-0で第2Qが終了した。

ボールを争う東京V#3及川と東海学院#8河合

 第3Q 34分東京ヴェルディ#18永野が東海学院陣内左からドリブルで持ち込みPCを獲得。#3及川のシュートは東海学院のDFに止められ得点することができない。東海学院も攻め続け41分PCを獲得するも得点につながらず、0-0のまま第3Qが終了。第4Q 東海学院の連続攻撃で、49分東京ヴェルディのゴール前の混戦から#5立岩がねじ込み先制をあげた。東京ヴェルディは少ない攻撃のチャンスを生かしきれず無得点のまま1-0で東海学院が勝利した。

4Q、均衡を破った東海学院#5立岩(左)
東京Vキャプテン#11野澤

試合詳細


16:15 ソニーHC BRAVIA Ladies 7-0 駿河台大学 LADYBIRDS

 ソニーのセンターパスにより試合が開始された。第1Q 4分ソニーがPCを獲得、#10永井(葉)が左にシュート性のパスから#22坪内が合わせ先制。直後の5分ソニー#23今尾のシュートが決まり2-0とする。その後もソニーの怒涛の攻撃が続くが、駿河台が必死に守る展開となり2-0で第1Qが終了。第2Q 開始からソニーが攻め続け、駿河台の我慢のディフェンスで対抗する中、21分ソニー#15田中が左からパスを受けシュートを決め3-0とする。その後もソニーは駿河台陣内に深く攻め込むも、最後決めきることができず、3-0で第2Qが終了した。

先制点を決めたSONY#22坪内はPOMに選出

 第3Q 34分ソニーはPCを獲得、#7小川のドラックシュートが決まり4-0。35分、36分と#9永井(友)の連続得点で6-0と突き放す。41分ソニーがPC獲得し、#7小川がシュートを決め7-0とする。その後、ソニーは手を緩めることなく攻撃し続け7-0で第3Qが終了。第4Q ソニーが圧倒的に試合を優位に進めるが、終盤57分駿河台がソニー陣内に攻めこみPCを獲得するもソニーGK#1影山のセーブで得点ならず。最後は駿河台が意地を見せて攻撃を続けたが、得点を決めることができず、7-0のままソニーが勝利した。

2点目を決めた#23今尾(右)
何度もナイスセーブを見せた駿河台大GK河上

試合詳細

back to top