WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.10.16

東海学院が全9試合終えて暫定首位 CCRSが2位に続く(女子・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ女子は16日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにてレギュラーステージ第17日を開催しました。

10:00 コカ・コーラレッドスパークス 3-2 グラクソ・スミスクラインOrange United

 グラクソのセンターパスにより第1Qが開始された。第1Q 立ち上がりから立て続けにコーラがPCを取得するが得点には至らない。その後もコーラのペースで試合が進み、13分#17山田、#20安達がシュートを打つもグラクソGK#1鈴木が好セーブを見せ、両者無得点のまま第1Q終了。第2Q もコーラ優勢で試合が進むが、グラクソは体を張った守備で得点を許さない。試合が動いたのは28分。グラクソ#10山口が左サイドからドリブルで回り込み#12小宮が合わせ0-1とし、グラクソリードで第2Q終了。

1Q12分、先制点はGSK#12小宮(右)

 第3Q 開始早々、コーラが猛攻をしかける。32分PCを取得すると#8田中がシュートを決め、1-1とする。勢いに乗ったコーラは、PCから34分#5金藤、35分#24浦田がシュートを決め3-1とグラクソを突き放す。追いつきたいグラクソは、37分PCを取得し#5加藤がリバウンドを決めて3-2とする。続けて#19五島がチャンスを作りシュートを放つが、コーラGK#1田中が得点を許さず、3-2で第3Q終了。第4Q、得点が欲しいグラクソは#7村山を中心にチャンスを作るが、コーラの堅い守備に阻まれ得点を奪うことができない。一進一退の攻防が続くが、両者得点には至らず、3-2のままコーラが勝利した。

32分、CCRS#8田中泉樹(右)がペナルティーコーナーから同点弾
CCRSは35分POMに選出された#24浦田(中央)が追加点を決め勝利した

試合詳細


12:15 東海学院大学 0-0(SO3-2) 山梨学院CROWNING GLORIES

 山梨学院のセンターパスにより第1Qが開始された。第1Q立ち上がりから激しい攻防が続く。東海学院は勢いのある攻撃を見せ、#8河合と#11小早川が決定的なチャンスを作るが、得点には至らないまま0-0で第1Q終了。第2Qは東海学院のペースで試合が進み、16分、20分、25分とPCを取得するがチャンスを活かすことができない。対する山梨学院は28分#5中込のスピードのあるドリブル突破から#6小林がヒットシュートを打つも、東海学院GK#1青木が好セーブを見せる。両者無得点のまま第2Q終了。

幾度と好セーブをみせた山梨学院GK#16駒形

 第3Qも一進一退の攻防が続く。徐々に山梨学院がペースを掴み、38分#23滝沢が強烈なヒットシュートを打つが、得点を奪うことができない。一方東海学院もカウンターから#7山崎がチャンスを作るが、山梨学院GK#16駒形が得点を許さない。0-0のまま第3Q終了。第4Q開始早々、山梨学院#19宮崎がドリブルでサークル内に切り込みシュートを打つが、得点には至らない。東海学院は前線から激しいプレッシャーをかけボールを奪うと、#11小早川がスピードを活かしたドリブル突破からGKと1対1の場面を作るが、山梨学院#7西永の体を張った守備で得点を許さない。そのまま試合が終了し、勝敗はSO戦に持ち込まれる。SO戦は、東海学院GK#1青木の活躍により3-2で東海学院が勝利した。

シュートアウト戦を制した東海学院GK#青木はPOMに選出
SO勝ちで勝点2を獲得して喜ぶ東海学院選手ら

試合詳細


14:30 ソニーHC BRAVIA Ladies 7-0 東京ヴェルディホッケーチーム

 ソニーのセンターパスにより第1Qが開始された。第1Q立ち上がりからソニーがテンポよくパスを回し、2分#20清水がリバースヒットを決め先制する。その後も立て続けに攻撃を仕掛けるが、1-0で第1Q終了。第2Q開始早々ソニーがPCを取得。17分#5一谷のパスを#22坪内がタッチし2-0とする。対する東京ヴェルディはロングボールで前線を狙うが、チャンスに繋げることができない。ソニーは前線から激しいプレッシャーをかけ攻め続けるも、東京ヴェルディが体を張った守備で追加点を許さない。2-0のまま第2Q終了。

開始早々2分、SONY#20清水(右から2人目)が先制

 第3Qソニー優勢で試合が進む。41分#7小川の打ち込みに#17小林がタッチで合わせ3-0と東京ヴェルディを突き放す。続けてソニーは44分PCを取得すると、#22坪内が今試合2得点目を決め、4-0で第3Q終了。第4Qもソニーの勢いは止まらない。49分PCで#7小川がシュートを決め5-0とすると、49分には華麗なパスワークから最後は#6八木が決め6-0とする。ソニーの怒涛の攻撃が続く中、東京ヴェルディも#3及川を中心に守るが、54分#13田中が豪快なリバースヒットを決めて、7-0でソニーが勝利した。

SONY#7小川(右)がペナルティーコーナーから5点目 小川はPOMに選出
#13田中香帆が豪快なリバースシュートを決めて7-0でSONYが勝利

試合詳細

女子は SPOZONE にてライブ配信しています。無料会員登録はこちら

back to top