WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.10.17

A飯能、小矢部R、福井工大が勝利(男子H2・小矢部ホッケーフィールド by 三井アウトレットパーク)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ男子H2は17日、富山県小矢部市・小矢部ホッケーフィールド by 三井アウトレットパークにて3試合開催しました。

9:00 法政大学 2-6 福井工業大学

 福井工大のセンターパスにより試合が開始される。互いに中盤でのパスカットからドリブルでのサークルインを試みるが堅い守備に阻まれる。2Q23分、法政大#11入江のリバースシュートがGKを超えゴールイン。3Q33分、法政大#1安達が自陣サークル付近からのロングスクープパスを受け、角度の無い左サイドからシュートを決め追加点を得る。41分、福井工大が混戦からPCを獲得。#11佐伯がゴール左下にシュートを決め、1点を返す。43分、福井工大がPCを獲得。#11佐伯が再度、ゴール左下にシュート決め、同点とする。4Q47分、福井工大#8谷川が右サイドからドリブル、サークルトップの#23林へ折り返し、#13月田がタッチシュートを決める。49分福井工大#11佐伯が左サイドからドリブルインからリバースシュートを放つもGKがセーブ。52分、福井工大#12成木からのパスを#16小嶋がタッチシュートを決める。55分福井工大#11佐伯からのパスを#8谷川がタッチシュートを決める。試合終了間際、福井工大#3野村からパスを受けた#13月田がシュートを決め6-2で福井工大が勝利した。

序盤は激しい攻防が繰り広げられた
試合を振り出しに戻す2本のPCを決めPOMに選出された福井工大#11佐伯
勝ち越しの3点目と勝負を決める6点目を挙げた福井工大#13月田

試合詳細


11:10 駿河台大学 1-6 ALDER飯能

 駿河台大のセンターパスにより試合開始。序盤は両チーム共に前線へのパスが繋がらず無得点で終了。第2Qサークル内でA飯能の選手に激しいタックルを行いPSを与えてしまう。これを17分#3安部が決め先制。勢いにのるA飯能が前線よりプレッシャーをかけPCを獲得。これを28分A飯能#8浅見がタッチシュートを決め2点リード。

2得点を挙げ、2日連続のPOMに選出されたA飯能#8浅見

 第3Qに入ってもA飯能ペースの中、#3安部のロングボールを34分#10粕谷がタッチシュートを決めリードを広げる。対する駿河台大も走力を活かした攻撃で相手陣営に攻め込むがゴールを奪うことが出来ず第3Q終了。第4Q出だしから、駿河台大は激しいプレッシャーをかけ接触プレーにより47分駿河台大#18森田にグリーンカードが出される。直後にA飯能にPCを与え48分A飯能#18花澤がフリックシュートを決める。51分にも#18花澤が駿河台のパスをカットし切込みシュートを決め追加点をあげる。得点が欲しい駿河台大は55分に#7渡邊がドリブルで切込みシュートを決め1点返す。58分A飯能#8浅見がパスカットから受けたボールを確実に決め6点目。その後も駿河台大の果敢な攻めも及ばず試合終了。

2得点を決めたA飯能#18花澤
個人技で1点を返した駿河台大#7渡邊

試合詳細


13:20 小矢部RED OX 2-0 東京農業大学

 小矢部Rのセンターパスにより試合開始。序盤より激しい攻防が繰り広げられる。走力を活かした東京農大が小矢部R DF陣に迫るがこれを山下率いるDF陣・GKのファインセーブでこらえる。対する小矢部Rも巧みなパスワークで東京農大ゴールを狙うがシュートチャンスを作れない展開が続く。試合は拮抗したまま第1Q・第2Qを無得点のまま終えた。

得意のフリックで先制点を決めた小矢部R#26河合

 試合が動き出したのは第3Q 32分、小矢部RがPCより#26河合が放ったフリックシュートが決まり先制する。勢いにのった小矢部Rは2分後の34分、中央付近から山下のパスを#18目良がはじき、ゴール前に走り込んだ#24瀬島がこれをダイレクトシュートで決めて小矢部Rが2点リードする形となる。得点が欲しい東京農大も果敢に小矢部Rゴールを狙うが得点に結びつかない。第4Qに入ってもスピーディーな試合展開が繰り広げられるが得点は動かず試合終了。小矢部Rが2点リードを守りきり勝利する。

最後まで激しい攻防が続いた
POMに選ばれた小矢部RのGK#29高橋

試合詳細

back to top