WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
2022.05.04

A飯能がSOで天理大Bを下す、L栃木と岐阜朝日が勝利 (男子H1・山梨学院ホッケースタジアム)

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ男子H1は4日、山梨県甲府市・山梨学院ホッケースタジアムにて3試合開催しました。

11:00 天理大学ベアーズ 4-4(SO0-2) ALDER飯能

天理大のセンターパスにより試合が開始される。7分A飯能がPCを獲得し、#5藤島がフリックシュートを決め、1ー0と先制する。10分天理大がPCを獲得し、#15永吉がフリックシュートを放つも、得点には至らない。15分天理大#29田中がヒットシュートをゴールに決め、1ー1と同点に並ぶ。 第2Q、17分天理大がPCを獲得する。天理大#15永吉がフリックシュートを打つも、得点には至らない。18分、再度天理大がPCを獲得するもA飯能の守備を崩すことができない。20分天理大がPCを獲得するも得点には至らない。23分A飯能#9深見が、ドリブルシュートを決め、2ー1とA飯能が再度 リードした。23分A飯能がPCを獲得するも、得点には至らない。そのまま第2Qは終了し、2ー1とA飯能のリードで後半へ折り返す。

鋭いヒットシュートを決めた天理大B#29田中

A飯能のセンターパスにより第3Qが開始された。37分天理大がPCを獲得。38分に天理大#15永吉がゴール左下に豪快なフリックシュートを決め、試合を振り出しに戻す。A飯能も天理ゴールに迫るが天理大の堅いディフェンスに阻まれ、ゴールを決めることは出来ない。2-2の同点で第3Qが終了した。 第4Q、47分に天理大がPCを獲得するも、得点には至らない。48分A飯能#5藤島が自陣からボールを持ち込む、ゴール右下にヒットシュートを決め、3-2と再び突き放す。50分A飯能がPCを獲得する。A飯能#5藤島がゴール左下にフリックシュートを決め、この日3点目となる得点をあげる。57分#9松﨑がディフェンスの裏を取り、スイープシュートを決め、4-3と1点差まで追いつく。58分 天理大#15永吉がゴール左上にフリックシュートを決め、同点に追いつく。そのまま第4Qが終了し、SO戦が行われ る。SO戦の結果2-0でA飯能が勝利した。

ハットトリックを達成したA飯能#5藤島
試合終了間際に同点に追いついた天理大B

試合詳細


13:00 LIEBE 栃木 4-1 立命館ホリーズ

立命館のセンターパスにより試合が開始される。開始3分立命館#8岩山がリバースシュートを決め、1ー0と立命館が先制する。6分L栃木#7加藤が左サイドからボールを運び、シュートを決め、1ー1と同点に追いつく。1ー1の同点で第1Qが終了した。 第2Q、17分L栃木がPCを獲得し、#4霧下がフリックシュートを決め、2ー1とL栃木がリードする。22分L栃木がPCを獲得する。L栃木#7加藤がフリックシュートを放つも、得点には至らない。27分L栃木がPCを獲得するも立命館の守備を崩すことができない。 30分L栃木がサークル内でパスを繋ぎ、L栃木#2下畝地が追加点をあげ、第2Qが終了する。

先制点を決めた立命館H #8岩山

L栃木のセンターパスにより第3Qが開始される。34分L栃木#2下畝地が豪快なヒットシュートを決め4ー1とリードを広げる。その後も接戦が続くが、両チームとも得点することができず4ー1のまま第3Qは終了する。 第4Q、両チーム共に一進一退の攻防を繰り広げるが得点には至らない。L栃木の攻撃は止まらず、果敢に攻め上がるが、立命館も意地を見せ、得点を許さない。そのまま試合は終了し、4ー1でL栃木が勝利した。

2ゴール決め、POMに選出された#2下畝地

試合詳細


15:00 山梨学院OCTOBER EAGLES 0-1 岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS

岐阜朝日のセンターパスにより試合が開始される。開始早々、岐阜朝日は攻撃に出るも山梨学院の堅実な守備に阻まれ、得点には至らない。その後も一進一退の攻防が続くも、両チーム無得点のまま第1Qが終了する。 第2Q、岐阜朝日は安定したパスワークで攻める機会を伺う。25分山梨学院#7石原がPCを獲得するも、岐阜朝日GK#30吉川の好セーブにより得点には至らない。その後も一進一退の攻防が繰り返されるが、得点には至らず、0-0のまま第2Qは終了する。

一進一退の攻防が繰り返される

山梨学院のセンターパスにより第3Qが開始される。34分岐阜朝日#10福田がヒットシュートを決め、0-1と先制する。その後、岐阜朝日は4回に渡ってPCを獲得するが、山梨学院GK#1福田のセーブにより得点には至らない。43分、得点が欲しい山梨学院もPCを獲得するがこれも得点には至らず、0-1で第3Qは終了する。 第4Q、リードしている岐阜朝日は攻め手を緩めずに追加点を狙う。対する山梨学院は堅実に守り、カウンターでの得点を狙う。57分なかなか得点出来ない山梨学院はパワープレイを行い、果敢に攻め上がる。しかし、得点には至らない。そのまま試合が終了し、0-1で岐阜朝日が勝利した。

貴重なゴールを決め切った岐阜朝日#10福田がPOMに選ばれた(右)

試合詳細

back to top