WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.10.24

L栃木と岐阜朝日は4連勝 天理大Bと山梨学院はSOを制す (男子H1・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ男子H1は、栃木県日光市・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場にてレギュラーステージ第4日を開催しました。

9:00 ヴェルコスタ福井 0-4 岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS

 福井のセンターパスにより試合が開始された。開始早々、福井がチャンスを作るが岐阜GK#30吉川の好守により得点に至らない。対する岐阜は4分、サークル付近からの早いリスタートから#27小沢が切り込み先制点を挙げる。両チーム激しい攻防が続く中、11分に岐阜がPCを獲得するが、福井の体を張ったDFで得点を許さない。第2Q16分、岐阜は左からのパスを#10福田が絶妙なトラップで抜け出し、ヒットシュートを決め2-0とする。その後も岐阜のペースで進むが福井も粘り強いDFで追加点を許さず2-0で前半が終了する。

開始早々に得点を決めた岐阜朝日#27小沢がPOMに選ばれた

 第3Qも岐阜ペースで進むが得点には至らない。42分、福井は自陣からパスをつなぎチャンスを作るがシュートは枠を捉えきれない。対する岐阜は44分、細かくパスをつなぐと、最後は#8田中のパスを#10福田がダイレクトで合わせ3-0とする。さらに岐阜は第4Q46分、右サイドを崩すと#18落合がゴール正面で合わせ4-0と点差を広げる。50分、岐阜がPCを獲得するが、福井GK#30中上がスーパーセーブを見せ得点を許さない。そのまま試合が終了し、岐阜が4-0で勝利した。

2試合連続2得点を決めた岐阜朝日#10福田

試合詳細


10:50 立命館ホリーズ 1-1 天理大学ベアーズ(SO5-6)

立命のセンターパスにより第1Qが開始された。10分、立命がPCを獲得し、#1藤島が強烈なフリックを放つも得点に至らない。続く11分、再度立命がPCを獲得するが、これも天理#1松田が決めさせない。両者無得点のまま第1Qが終了する。第2Q17分、天理がPCを獲得するが得点につながらない。18分、天理#11松本がゴール左上にヒットシュートをするも、立命GK#12大場がそれを許さない。24分、天理が2本目のPCを獲得するが決めきることができない。その後もお互いにチャンスを作るが試合は動かず無得点のまま前半を折り返す。

 第3Q32分、天理#9竹林が左サイドから鋭いドリブルでサークルに侵入し、最後は#21千葉がうまく合わせ、待望の先制点を決める。追いつきたい立命館は41分PCを獲得するが、#1藤島の鋭いフリックも枠をとらえることができない。その後も両者とも激しい攻防を繰り広げるが、1-0で天理がリードのまま第3Qが終了する。第4Q50分、立命がPCを獲得し、#1藤島の三度目のフリックで1-1の同点に追いつく。追加点が欲しい両者は互いに攻め込むも、引き分けとなりSO戦に突入する。SO戦の結果、天理が激闘を制し勝ち点2、立命が勝ち点1を獲得した。

先制点を決めた天理大B#21千葉(左)
同点ゴールを決めた立命館H#1藤島
SO戦を制した天理大B

試合詳細


12:40 山梨学院OCTOBER EAGLES 0-0 BlueSticks SHIGA(SO5-4)

 滋賀のセンターパスにより第1Qが開始された。激しい攻防が繰り広げられるが、両チームとも無得点で第1Qを終える。第2Q30分、山梨学がシュートを放つが、滋賀GK#12小山のセーブにより得点できない。そのまま0-0で前半が終了した。

ドリブルでチャンスを作る山梨学院

 第3Q、山梨学が押し気味で試合を進め34分、サークルトップから#10高橋がシュートを放つが、滋賀GKのセーブにより得点できない。43分、山梨学#18石原のシュートも滋賀DFにブロックされる。スコアレスのまま最終Qを迎える。第4Q、得点が欲しい両チームは果敢に攻め合うが、なかなか決定機をつくることができない。54分、山梨学#7河邉が右サイドから鋭いドリブルで仕掛けるが、最後が決めきれない。山梨学がゲームを優勢に進めるも、最後まで両チーム無得点のまま0-0で引き分けとなり、SO戦に突入する。SO戦の結果、山梨学が勝利し勝ち点2、滋賀が勝ち点1を獲得した。

パスに抜け出すBS滋賀
SO戦を制した山梨学院

試合詳細


14:30 表示灯フラーテルホッケーチーム 1-3 LIEBE 栃木

 栃木シリーズ最終戦、表示灯のセンターパスにより第1Qが開始された。10分、表示灯がPCを獲得するが、決めることができない。お互いに速いパス回しでスピード感ある白熱した試合を展開する。15分、栃木はPCを獲得するが、#7加藤の強烈なフリックも枠をとらえることができない。両チーム無得点のまま第1Qが終了する。第2Q18分、栃木は右サイドから細かいパスを繋ぎながらチャンスをつくるも、最後がうまく合わせられない。21分、栃木はPCを獲得すると、#4霧下の強烈なフリックが右隅に突き刺さり先制点を挙げる。その後お互いにロングボールを活用しながら相手陣に攻め込むも決定機をつくれず、1-0と栃木リードで前半を折り返す。

 第3Q32分、栃木#7加藤がサークル内の混戦からゴールに迫るが点数にならない。一方の表示灯は33分、PCを獲得すると#11佐々木が強烈なスイープシュートを放ち、1-1の同点に追いつく。その後も両チームはチャンスを作るが得点に至らず、1-1のまま最終Qに突入する。第4Q47分、表示灯はPCを獲得するが、決めきることができない。47分、栃木#5青木が右サイドから切り込み、ゴール前で#8大嶋のスライディングタッチで得点し、2-1と突き放す。55分、追いつきたい表示灯はパワープレーに出る。しかし、終了間際の59分、栃木#29村田がシュートを決め、試合を決定づける。このままゲームは終了し、3-1で栃木が勝利した。

33分、同点ゴールを決めた表示灯F#11佐々木
決勝点をアシストし、POMに選ばれたL栃木#5青木

試合詳細

back to top