WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 天理大学ベアーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 天理大学ベアーズ
  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井クラブ

H2

  • ALDER飯能
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • BlueSticks SHIGA

ホッケー日本リーグ概要

HJL(ホッケー日本リーグ)憲章

日本ホッケーの発展に貢献する
本リーグで得られる普及・強化の戦略・戦術を集約・蓄積し、効果的な普及・強化方法を構築する。また競技上の戦略・戦術・審判技術やメディカルなどホッケー全般の各種技術と、競技運営レベルの向上を図り、アジアをはじめ世界の強豪国との交流を積極的に図ることで、日本ホッケー全体の発展に貢献し、世界に認知されるリーグを目指す。
日本ホッケーのトッププレーヤーを育成する
日本ホッケー最高峰のリーグでの戦いを通じ、競技水準・選手の質を高め、世界で活躍できるプレーヤーの育成を図り、あわせてプレーヤー、指導者、関係者の意識向上を目指す。
ホッケーファン拡大の中心的役割を果たす
日本最高のゲームを展開することで、より多くの人々にホッケーの魅力を広め、ホッケーファンに観戦の楽しさや興奮を満喫できる機会を提供する。
地域・企業と協調してスポーツ振興を図る
本リーグは試合開催地域、チーム活動地域におけるスポーツ文化振興に貢献し、チームおよびプレーヤー支援など地域・企業のスポーツ振興への貢献ができる環境を構築する。

HJL(ホッケー日本リーグ)目標

短期目標:国内トップチームの強化と次代を担う選手たちの育成をすること
さくらジャパン、サムライジャパンの直近のオリンピックに向けて、国内トップチームの強化と次代を担う選手たちの育成を目的とする。
中期目標:オリンピック常連国となること
東京オリンピックでの活動を糧にし、オリンピック常連国となることを強化政策面での中期的な目標とする。
長期目標:ホッケーが地域の生活に根付くこと
我が国ホッケーが社会的認知度を高め、社会に役立つ有為な人材育成に寄与できること。
そのためには、都道府県協会、地域協会、社会人連盟と学生連盟との関係を綿密にし、相互の活性化を図ることが重要事項であると考える。
つまり各地域・各カテゴリーにおけるホッケー活動との連携を図り、ホッケーを通じてスポーツの喜びと感動をともに体験し、「playして、運営して、応援して」が、共有できる環境の創造と整備を目指す。
そして、マスターズホッケー、生涯スポーツとしてホッケーが地域の生活に根付くことを長期的な目標とする。

高円宮牌2020ホッケー日本リーグ 実施要項
(新型コロナウイルス感染拡大状況により変更の可能性あり)

PDFダウンロード(196KB)

趣 旨 本リーグは、日本におけるホッケーの競技力の向上およびホッケーの普及を図ることにより、豊かなスポーツ文化の振興および国民の心身の健全な発展に寄与するとともに、国際社会における交流および親善に貢献することを目的とする。 また、オリンピックでのメダル獲得のため、より高い水準のホッケー活動を展開できる競技環境を整えるべくリーグを展開する。そして、国内トップチームの強化と次代を担う選手たちの育成を行い、オリンピック常連国となることを中期的な目標とする。 我が国におけるホッケー競技が社会的認知度を高め、社会に役立つ有為な人材育成に寄与するため、行政、教育委員会、都道府県協会、地域協会、社会人連盟および学生連盟と関係を綿密にし、各地域・各カテゴリーにおけるホッケー関係者との連携を図るとともに、ホッケーを通じてスポーツの喜びと感動を「する、見る、支える」の軸で共有できる環境の創造と整備を目指し、生涯スポーツとしてホッケーが地域の社会生活に根付くことを長期的な目標とする。
主 催 公益社団法人日本ホッケー協会
一般社団法人ホッケージャパンリーグ
主 管 一般社団法人ホッケージャパンリーグ
開催・運営 栃木県ホッケー協会、埼玉ホッケー協会、東京ホッケー協会、山梨県ホッケー協会、富山県ホッケー協会、福井県ホッケー協会、岐阜県ホッケー協会、大阪ホッケー協会、京都ホッケー協会、滋賀県ホッケー協会、島根県ホッケー協会、広島県ホッケー協会
後 援 男子:読売新聞社、女子:朝日新聞社
参加チーム 【男子】15チーム
H1:天理大学ベアーズ、岐阜朝日クラブBLUE DEVILS、LIEBE栃木、立命館ホリーズ、表示灯フラーテルホッケーチーム、福井クラブ
H2:ALDER飯能、山梨学院OCTOBER EAGLES、小矢部 RED OX、福井工業大学、Selrio島根、東京農業大学、法政大学、駿河台大学、BlueSticks SHIGA

【女子】10チーム
ソニーHC BRAVIA Ladies、グラクソ・スミスクラインOrange United、 コカ・コーラレッドスパークス、南都銀行SHOOTING STARS、山梨学院CROWNING GLORIES、立命館ホリーズ、天理大学ベアーズ、東海学院大学、駿河台大学LADYBIRDS、聖泉大学
期日 (女子) 2020年9月26日~11月22日
(男子H1) 2020年10月10日~12月20日
(男子H2) 2020年10月3日~12月13日
(男子H1H2入替戦)今年度は実施なし
会場 栃木・日光市ホッケー場、埼玉・駿河台大学ホッケー場、東京・大井ホッケー競技場、 山梨・山梨学院ホッケースタジアム、岐阜・川崎重工ホッケースタジアム、滋賀・OSPホッケースタジアム、大阪・立命館OICフィールド、島根・三成公園ホッケー場、広島・広島広域公園第二球技場 ほか
参加資格・人数 ①公益社団法人日本ホッケー協会(以下JHA)に登録しているチームが母体となったチームであること。
②登録チームの役員・選手は、当該年4月1日以降にJHA登録していなければならない。
③登録選手は当該年4月1日時点で15歳以上であること。但し、高校生の場合は学校長および保護者の許可を書面にて、事前に事務局に提出すること。(書式自由)
④登録役員の名称は部長・GM・監督・コーチ・ドクター・フィジオ・主務等とする。登録役員数は10名以内、登録選手数は30名以内とする。登録役員および登録選手の変更・追加・削除は、当該開催日の3日前の17時とする。レギュラーステージ以降に行われる試合には、レギュラーステージ最終日に登録された役員10名以内と選手30名が登録される。なお、背番号は年間を通じて変更できない。また、使用できる背番号は1~99とする。
⑤各試合のエントリーは、監督1名、コーチ1名、手当て者2名(フィジオセラピスト、トレーナーを含む)、追加1名(役職は問わない)と選手22名以内とする。但し、役員登録の完了したドクター(有資格者)は別途ベンチ入りできる。
⑥外国人選手の試合エントリーは無制限とし、フィールド内で常時プレーできる選手は3名以内とする。
⑦レギュラーステージに怪我・病気等で登録できなかった選手をファイナルステージ(女子、H1)に登録したい場合は、ファイナルステージの7日前の17時までに医師による診断書を提出し、チェアマンの承認を得ること。但し、GKにおいては直前の怪我等に配慮し、本ルールは適用されないものとする。
競技規則 2020年度JHA「ホッケー競技運営規程」および「競技運営規程(補足と通達事項)」による。
試合方法 【女子】
◎レギュラーステージ
コロナウイルス対策のため(移動時間を軽減する)
A組:(東地区)社会人1位・2位、学生1位・4位・5位でリーグ戦
ソニーHC・GSK・山梨CG・東海学院・駿河台LB
B組:(西地区)社会人3位・4位、学生2位・3位・6位でリーグ戦
CCRS・南都SS、立命H・天理B・聖泉

◎ファイナルステージ
5~8位決定戦:A組3位とB組の4位、A組4位とB組3位
準決勝戦:A組1位とB組の2位、A組2位とB組1位
その後、9位決定戦、7位決定戦、5位決定戦、3位決定戦、決勝戦を行う。
この結果を2020年度の最終順位とする。

【男子H1】
◎レギュラーステージ
6チーム1回戦総当り(5試合/チーム:15試合)

◎順位決定戦
レギュラーステージの1・2位で決勝戦、3・4位で3位決定戦、5・6位で5位決定戦を行う。この結果を最終順位とする。2020シーズンは入替戦を行わない。

【男子H2】
◎9チーム1回戦総当り(8試合/チーム:36試合)、この順位により2020年度のH2最終順位とする。

◎優勝・準優勝チームは2021シーズン男子H1へ自動昇格とする。

【男子H1H2入替戦】
◎2020シーズンは入替戦を行わない。

順位決定方法 勝点の多いチームをレギュラーステージにおける上位とする。
勝点は、勝ちチーム3点、負けチームに0点、引分けの場合、記録上は引分けとし、両チームに勝点1を付与し、試合終了後にSO戦を行い、SO勝ちチームにはさらに1点を付与し計2点とする。レギュラーステージ終了時点で勝点が同点のチームが複数ある場合は、以下の順序にしたがって順位を決める。

レギュラーステージ終了時点で勝点が同点のチームが複数ある場合は、以下の順序にしたがって順位を決める。
1.勝利数の多いチーム
2.得失点差の大きいチーム
3.総得点数の多いチーム
4.当該チーム同士の試合で勝利数の多いチーム
5.別途に実施されるシュートアウト戦における勝利チーム

※但し、コロナウイルスのため欠試合となった場合、辞退・停止チームは不戦敗とし勝点0、対戦チームは不戦勝とし勝点3を与える。
欠試合のあるリーグにおいて、勝点が同点の場合は、以下により順位を決める。
1.勝利数の多いチーム
2.得失点差の大きいチーム (対象チームの一方が不戦勝・不戦敗となっている場合はそのチームのスコアは加算しない)
3.総得点数の多いチーム (対象チームの一方が不戦勝・不戦敗となっている場合はそのチームのスコアは加算しない)
4.別途に実施されるシュートアウト戦における勝利チーム
その他 本大会は、競技強化支援事業助成金を受けて開催されています。

組織概要

正式名称 一般社団法人ホッケージャパンリーグ
Hockey Japan League
所在地 〒160-0013 東京都新宿区霞ケ丘町4 番2 号
JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 502号室
TEL/FAX 03-5807-2836/03-5807-2837
設立 2017年6月22日(登記日)
代表理事 真 喜代司
目的 この法人は、公益社団法人日本ホッケー協会の傘下団体として、ホッケー(この法人の正会員となった団体に所属するホッケーチームが業務として行うホッケーをいう。以下同じ)を通じて日本におけるホッケーの競技力の向上及びホッケーの普及を図ることにより、豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達に寄与するとともに、国際社会における交流及び親善に貢献することを目的とする。
事業 1.ホッケーの試合の主催及び公式記録の作成
2.ホッケーに関する諸規約の制定
3.ホッケーの選手、指導者及び審判員等の養成及び登録
4.ホッケーの試合の施設の検定及び用具の認定
5.放送等を通じたホッケーの試合の広報普及
6.ホッケー及びホッケー技術に関する調査、研究及び指導
7.ホッケーの選手、監督及び関係者の福利厚生事業の実施
8.ホッケーに関する国際的な交流及び事業の実施
9.ホッケーをはじめとするスポーツの振興及び援助
10.機関紙の発行等を通じたホッケーに関する広報普及
11.前各号に掲げる事業に附帯または関連する事業
理事長 真 喜代司(公益社団法人日本ホッケー協会 常務理事)
副理事長 奥田 好廣(株式会社Majestic Plan 専務取締役)
専務理事 福島 雄裕(特定非営利活動法人マイホッケープラス 代表理事)
常務理事 松岡 宏高(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授、一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 理事)
理事 内藤 貴詞(公益社団法人日本ホッケー協会 副会長)
寺本 祐治(公益社団法人日本ホッケー協会 常務理事)
今庄 充世(公益社団法人日本ホッケー協会 理事)
福田 敏昭(LIEBE 栃木 監督)
永井 祐司(ソニー HC BRAVIA Ladies 監督)
矢野 茂樹(コカ・コーラレッドスパークス 部長兼チームディレクター、公益社団法人日本ホッケー協会 理事)
諸橋 寛子(一般財団法人ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション 代表理事)
齊藤 恵理称(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社 シニアバイスプレジデント)
杉山 城太(イービストレード株式会社 イベントプロモーション事業部 部長)
藤尾 香織(2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪 女子日本代表選手)
本山 茂樹(一般社団法人日本トップリーグ連携機構 事業推進委員会アドバイザー)
西澤 英一郎(コニカミノルタ株式会社 BIC推進部)
久我 晃広(駿河台大学 LADYBIRDS 監督)
坂本 実(駿河台大学 監督)
監事 津野 友邦(いざなみ監査法人 代表社員、いざなみ税理士法人 代表社員、税理士・公認会計士)
河本 みま乃(番町総合法律事務所 弁護士)

定款

定款(2019.6.25~)

規定

倫理規程
理事会規程
監事監査規程
役員の報酬ならびに費用に関する規程
役員候補者選考委員会規程
実行委員会規程
専門委員会規程
裁定委員会規程
懲罰規程
入会金および会費規程
表彰規程
表彰選考委員会規程


経営情報

(一般社団法人ホッケージャパンリーグ)

第三期:2019年度(2019.4.1~2020.3.31)

事業報告書別紙(年間表彰式表彰者一覧)決算書

第ニ期:2018年度(2018.4.1~2019.3.31)

事業報告書決算書

第一期:2017年度(2017.4.1~2018.3.31)

事業報告書決算書

(ホッケー日本リーグ機構)

2016年度決算書
2015年度決算書

※競技強化支援事業助成(スポーツ団体トップリーグ運営助成)ならびにスポーツ振興くじ助成を受けております。