WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.04.13

女子学生リーグ開幕 天理大、山梨学院、立命館Hが白星スタート(女子第1節・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ女子・学生リーグは13日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにて第1節を開催しました。

今年の開幕カードは駿河台大学LADYBIRDS(左)と天理大学ベアーズ(右)

11:30 天理大学ベアーズ 3-0 駿河台大学 LADYBIRDS

 第1Q天理大学ベアーズのセンターパスにより試合が開始された。4分に天理がPCを取得、しかし駿河台大学LADYBIRDS GK#1浪岡にゴールを阻まれる。その後も天理がシュートを狙うがなかなか得点を決めきることができない。7分に駿河台#8町田がイエローカードを与えられる。人数が少ない状況で駿河台が粘り強い守備をみせ、0-0で終える。第2Qに入っても、天理ペースで試合は進む。開始早々、天理がPCを取得。天理#2吉原のスイープシュートで先制点をあげる。その後も天理ペースで攻め込むが駿河台の粘り強いDFで得点には至らない。27分、早いパス回しから天理#9島田がヒットシュートを決め2-0とリードし、そのまま第2Qが終了した。
 第3Qに入り33分天理の華麗なパスワークから#8田中が豪快にスイープシュートを決める。35分に天理#2吉原がスピードある回り込みでPCを取得するが、駿河台の堅い守備に阻まれる。その後、駿河台が果敢にサークル内に侵入しチャンスを作るが、シュートに持ち込むことができない。得点をあげたい駿河台だったが3-0の天理リードで終える。第4Q追いつきたい駿河台は47分#9水見がシュートを打つがチャンスを活かしきれない。両チームとも激しい攻防が続く。天理はロングボールを繋ぎ右サイドから攻撃するがシュートを放つことが出来ない。55分駿河台がPCを取得するが天理の堅いDFに阻まれ得点することができない。このまま試合が終了し、3-0で天理が勝利した。

16分、天理大#4吉原(右から2人目)が先制点を挙げる
追加点を挙げた天理大の島田(右)と競り合う駿河台大の足立(左)

試合詳細


13:20 山梨学院CROWNING GLORIES 9-0 聖泉大学

山梨学院#7川口は2得点をあげる活躍をみせた

 第1Q山梨学院CROWNING GLORIESのセンターパスにより試合が開始された。開始早々、山梨学院は前線からプレッシャーをかけボールを奪うがシュートを打つことができない。聖泉大学もロングボールからサークル進入しシュートを放つが得点には至らない。5分、ゴール前の混戦から山梨学院#7川口がリバウンドを決め先制する。その後も山梨ペースで進むがチャンスをものにできないまま第1Qが終了した。第2Q山梨学院がシュートを打つも、聖泉GK#40宮崎を中心にゴールを堅い守備で死守する。しかし、19分山梨学院がPSを取得#4尾本が落ち着いてゴールを決める。立て続けに山梨学院がPCを取得し、28分#2鈴木が華麗なドラックシュートを決める。第2Q終了間際、山梨学院#4尾本が鋭いリバースシュートを放ち4-0と突き離し第2Qが終了する。
 第3Qに入っても山梨学院の猛攻は止まらない。34分山梨学院はゴール前の混戦から#7川口が押し込み5点目。37分聖泉は右サイドからゴール前にセンタリングを打つが合わせることがでない。山梨学院は40分と42分に得点をあげ7-0とする。山梨学院がリードし第3Qが終了。第4Qに入り、山梨学院の連携したパスワークからの攻撃が続く。48分山梨学院#5中村が浮き球を落ち着いてシュートし得点する。聖泉も反撃を試みるが、山梨学院のDFに阻まれ、なかなか得点チャンスがつくれない。早いスピードでサークル内に進入し、57分山梨学院#14中込がゴール前のボールを押し込み得点し、9-0とし山梨学院が勝利した。

山梨学院はペナルティーコーナーから鈴木が3点目を決めた
57分、#14中込がチーム9点目を押し込んだ

試合詳細


15:10 東海学院大学 2-3 立命館ホリーズ

開始4分、先制点を決めて喜ぶ立命館Hの髙木(右から2人目)ら

 第1Q立命館ホリーズのセンターパスにより試合が開始された。4分立命館はセンターリングを#18高木が反応し、シュートを決めきり先制点をあげる。東海学院大学もチャンスを狙うがなかなか得点することができない。15分第1Q終了間際に立命館がPCを取得。こぼれ球に#11遠藤が反応し得点。2-0で立命館がリードで第1Qが終了する。第2Qに入り、立命館は細かいパスからチャンスをつくる。18分立命館#18高木が右からプッシュシュートを決め追加点をあげる。果敢に東海学院も攻め込むが立命館の堅い守備でシュートまで持ち込めない。29分東海学院#23佐守がセンターリングから強烈なヒットシュートを決め1-3。終了間際に東海学院は立て続けにPCを取得するも決めきることができず、3-1の立命館リードで第2Qが終了。
 第3Q開始早々立命館は2名グリーンカードをもらい数的不利になる。34分東海学院#10西尾がえぐり込んでPCを取得。立命館はフライングで守備4人となり東海学院が有利になるが得点を決めきれない。その後も立命館の堅い守備に東海学院が苦戦するが、42分東海学院#21小早川志がDFの間へ切り込みゴールを奪い1点差とする。第4Qに入っても一進一退の攻防が続く。56分東海学院#21小早川志がセンターラインからドリブルで持ち込みPCを取得。立命館#1木下の好セーブにより得点には至らない。両チーム激しい攻防を繰り広げるがチャンスをつくることができず。東海学院の猛攻をしのいだ立命館が3-2で勝利した。

東海学院は佐守のシュートで1点を返す
東海学院は#21小早川(中央)の得点で1点差とするが立命館Hの守備を崩しきれなかった

試合詳細

back to top