WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.04.13

男子H1開幕 岐阜朝日、L栃木、立命館Hが白星スタート(男子H1第1節・山梨学院ホッケースタジアム)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ男子H1は13日、山梨県甲府市・山梨学院ホッケースタジアムにて第1節を開催しました。

今年の開幕カードは岐阜朝日(右)とA飯能(左)

11:30 岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS 3-0 ALDER飯能

 岐阜朝日クラブのセンターパスにより試合が開始される。第1Q、開始早々岐阜朝日クラブが猛攻をしかけPCを獲得し、3分に#2山田がフリックシュートをゴール左上へ突き刺し1-0となる。追いつきたいALDER飯能もパスをつなぎ、サークル内へ侵入するが、なかなかシュートを打つことができない。そのまま1-0で第1Qは終了する。
 第2Q、両者一進一退の攻防を繰りひろげるが、岐阜朝日クラブがPCを獲得し、24分に#2山田がまたも豪快に決め、2-0とリードを広げる。
 第3Q、勢いに乗った岐阜朝日クラブがPCを獲得するが、これはALDER飯能の堅い守りにより追加点を許さない。得点は動かぬまま、第3Qは終了する。
 第4Q、何とか得点がほしいALDER飯能だったが、またも岐阜朝日クラブがPC獲得し、50分に#2山田が本日3点目となる得点をあげ、さらにリードを広げる。このまま試合は終了し、3-0で岐阜朝日クラブが勝利した。

全得点に絡んだ岐阜朝日#2山田

試合詳細


13:20 LIEBE栃木 4-3 天理大学ベアーズ

この試合で2得点を決めたL栃木#6落合(左)

 天理大学のセンターパスにより試合が開始される。第1Q、2分に天理大学が中盤でボールを奪い、素早いカウンターから攻め込み、#8伊帳田がシュートをゴール左下へ決め1-0となる。追いつきたいLIEBE栃木は猛攻をしかけ、12分にPCを獲得する。このシュートが天理大学の守備者の身体にふれPSとなり、これを#17山水が冷静に決め、1-1の同点となる。勢いに乗ったLIEBE栃木は、14分、#6落合がサークル内へ打ち込まれたボールをダイレクトでシュートし、2-1となり、第1Qは終了する。
 第2Q、両者一進一退の攻防を繰り広げる。19分天理大学#23米田がドリブルで切り込みPCを獲得する。これを#2山本が決め、2-2と追い付く。
 第3Q、両チームとも堅い守りでお互いに得点を許さず、得点が動かず2-2のまま終了する。
 第4Q、お互いに追加点が欲しいなか、47分LIEBE栃木#6落合がリバースヒットを冷静に決め、3-2とリードを広げる。勢いに乗ったLIEBE栃木はその後も猛攻をしかけ、52分#1小沢がシュートを豪快に決め、4-2とさらにリードを広げる。追いつきたい天理も攻撃の手を緩めることなく、59分#7野村がヒットシュートを決め4-3となる。このまま試合は終了し、4-3でLIEBE栃木が勝利した。

先制点を決めた天理#8伊帳田(左)

試合詳細


15:10 立命館ホリーズ 2-0 山梨学院OCTOBER EAGLES

57分にチーム2点目を決めた立命館H#1加藤(左)

 立命館のセンターパスにより試合が開始される。開始早々立命館が猛攻をしかけ、第1Q、2分に#19岩山がタッチシュートを決め1-0とする。その後も立命館が何度も攻め込むが、山梨学院の堅い守りにより得点を許すことができない。一進一退の攻防が続き、12分、今度は山梨学院がPCを獲得する。これを#5沖津がフリックシュートを打つが、ポストに阻まれる。1-0のまま第1Qは終了する。
 第2Q、追い付きたい山梨学院が19分にPCを獲得するが、これも得点には至らない。両者堅い守りで得点は動かぬまま、第2Qは終了する。
 第3Q、お互いに攻め込むがチャンスを作ることができず、第3Qも1-0のまま終了する。
 第4Q、51分に立命館がPCを獲得するが、山梨学院の堅い守りにより、得点には至らない。得点がほしい山梨学院だったが、立命館の堅い守りにより攻め切ることができず、57分、立命館#1加藤が豪快なリバースヒットをゴール右上に決め、2-0と突き放す。このまま試合は終了し、2-0で立命館が勝利した。

山梨学院は#10縣(右)がゴールを狙うも立命館Hの守備を崩しきれなかった

試合詳細

back to top