WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 天理大学ベアーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 天理大学ベアーズ
  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井クラブ

H2

  • ALDER飯能
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • BlueSticks SHIGA
2018.04.08

岐阜朝日は天理に勝利 LIEBEは山梨に追いつく(H1第1節第2日・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2018ホッケー日本リーグ男子H1は8日、岐阜県・川崎重工ホッケースタジアムにてレギュラーステージ第1節第2日を開催しました。

9:30 立命館ホリーズ 4-1 福井クラブ

先制点を挙げた立命館ホリーズ#10加藤凌聖
先制点を挙げた立命館ホリーズ#10加藤凌聖

 福井クラブのセンターパスにより試合が開始された。立命館ホリーズは、ボール回しでペースをつかむと、2分、3分と立て続けにPCを獲得するが福井の守備陣の好守で得点することができない。その後も、立命館ペースで進むが、両者共に決定的なチャンスを決めきれず0-0で終了。第2Q立命館が正確なパスワークで攻め込むことが多くなり、21分に23mライン付近でMF#21藤島からのセンタリングをFW#10加藤が合わせて先制点。追いつきたい福井は、FB#15伊藤を中心に攻め込むが得点することができない。
 第3Q福井は、36分FB#16竹内のセンターライン付近からのパスに#15伊藤が合わせて同点とした。直後に、立命館MF#5西野がゴール前の混戦からこぼれ球を押し込んで2点目。更に、39分にPCを獲得し、FW#5近藤がドラックシュートを決めて3-1となり、福井を引き離した。第4Q開始早々、立命館がPCを獲得するとFW#10加藤がドラックシュートを決めて得点。終盤、福井がボールキープする時間帯が長く続いたが決定的なチャンスを作ることができない。そのまま試合終了となり、4-1で立命館ホリーズが勝利した。

#10加藤凌聖はペナルティーコーナーから2得点目を挙げた
#10加藤凌聖はペナルティーコーナーから2得点目を挙げた

試合詳細


11:10 山梨学院OCTOBER EAGLES 4-4 LIEBE栃木

第3Q、逆転弾を決めて喜ぶ山梨学院#23山﨑晃嗣
第3Q、逆転弾を決めて喜ぶ山梨学院#23山﨑晃嗣

 山梨学院OCTOBER EAGLESのセンターパスにより試合が開始した。両者共に相手陣内に攻め込むがシュートチャンスを作れない。試合が動いたのは13分山梨がカウンターからPCを獲得し、FB#2千葉がドラックシュートを決めて先制点を挙げる。その後、15分にLIEBE栃木がPCを獲得し、FB#9大橋がドラックシュートを決めて同点とする。第2Q激しい攻防が続く中、18分栃木がPCを獲得するが、GK#1高野の好セーブに阻まれる。再び、21分に栃木がPCを獲得し、MF#9大橋のドラックシュートがゴールの右上段に決まり栃木が2-1と逆転する。両者相手のサークル内まで攻め込むが決定的チャンスに至らない。27分に栃木がPCを獲得するがGK#1高野に阻まれる。
 第3Q開始早々に栃木がPCを獲得し、PC崩れからPSとなるが、山梨GK#1高野の好セーブに阻まれる。栃木は攻撃の手を緩めることなく33分、34分と立て続けにPCを獲得するが、山梨DF陣の好守により得点することができない。36分に栃木#11佐藤が自陣の23mラインからのロングパスをサークル内で受けPCを獲得するが得点できない。41分に山梨#23山﨑が細かいドリブルでPCを獲得するとゴール前の混戦から押し込み同点に追いつく。その直後、山梨は#25山口のヒットシュートのリバウンドボールをFW#23山﨑が押し込み3-2と逆転する。第4Q両者譲れない攻防が続く中、試合が動いたのは52分栃木#15木下からのセンタリングをFW#11佐藤がダイレクトシュートして同点とする。その直後、山梨がPCを獲得。FB#2千葉がドラックシュートを決め、4-3とする。栃木は、55分にPCを獲得するが山梨DF陣の好守に阻まれ、得点することができない。59分栃木がPCを獲得、GKが弾いたボールをFW#26吉原が押し込で同点に追いつき4-4で終了した。

終了間際の59分、同点に追いついたLIEBE栃木
終了間際の59分、同点に追いついたLIEBE栃木

試合詳細


12:50 岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS 1-0 天理大学ベアーズ

攻め込む岐阜朝日#8田中世蓮
攻め込む岐阜朝日#8田中世蓮

 天理大学ベアーズのセンターパスにより試合が開始された。立ち上がりから激しい攻防の中、両者シュートチャンスはあるもののゴールを決めきることができない。天理が果敢に攻めるが岐阜朝日クラブBULE DEVILSの堅い守備を崩すことができない。両者は得点なく終了。第2Q立ち上がりから両者とも激しい攻防が続く。20分朝日が右サイドからシュートを狙うが決めることができない。天理はパスを繋いで、果敢に攻め込むが決定的なシュートに持ち込めず0-0となった。
 第3Q天理ペースの試合で進み33分、33分と立て続けてPCを獲得するがGK#1吉川に阻まれる。朝日もFW#10福田を中心に攻め、37分にPCを獲得するがGK#1門脇に阻まれ得点することができない。拮抗した試合展開が続き終了した。第4Q朝日FW#10福田がセンターライン付近からドリブルでサークルインしPCを獲得、ゴールの右下を狙ったが惜しくも枠を外した。その後、52分朝日はMF#8田中がサークル周辺からドリブルで割り込みPCを獲得。FB#5山田がドラックシュートを見事に決めて待望の先制点となる。天理はその後、朝日の堅い守備にチャンスを作ることができず1-0で岐阜朝日クラブBULE DEVILSが勝利した。

52分、ペナルティーコーナーから決勝点を挙げ喜ぶ#5山田翔太ら
52分、ペナルティーコーナーから決勝点を挙げ喜ぶ#5山田翔太(中央)

試合詳細

順位表

back to top