WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東海学院大学
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 福井クラブ
  • LIEBE 栃木

H2

  • 小矢部RED OX
  • ALDER飯能
  • 法政大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 駿河台大学
2018.04.08

小矢部RED OXとALDER飯能、ともに2連勝(H2第1節第2日・小矢部ホッケー場)

高円宮牌2018ホッケー日本リーグ男子H2は8日、富山県・小矢部ホッケー場にて第1節第2日を開催しました。

11:00 Selrio島根 1-1 東京農業大学

東京農業大学#13細川由博の凱旋ゴールで先制する
東京農業大学#13細川由博の凱旋ゴールで先制する

 Selrio島根のセンターパスにより試合が開始された。開始直後から島根ペースでボールを支配するが、なかなかサークルまでいくことができない。6分、農大がサークルに攻め込み、シュートを放つが島根GK#30和久利の好セーブに阻まれ、得点には及ばない。その後、両チームともスピードを活かした攻撃を仕掛けるも、得点できず、第1Qが終了した。第2Qに入り、両者共に一進一退の攻防が繰り広げられる。21分、農大がPCを獲得し#1三原のフリックシュートを放つが、得点には及ばず、続けて29分島根がPCを獲得するが得点にはならない。
 第3Qに入り、40分農大が攻め込み、#12田中のシュートのリバウンドを#13細川がプッシュシュートで押し込み先制点を挙げる。そのまま、農大ペースとなるが、追加点はならないまま、第3Qが終了した。第4Q、追いつきたい島根は、57分PCを獲得し、#29谷光の豪快なドラックシュートが相手の体にあたり、ペナストを獲得。#29谷光が落ち着いて決め、1-1の同点とする。そのまま試合は動かず、引き分けのまま試合が終了した。

Selrio島根#29谷光未有のPCからPSを獲得。自ら決めて同点に追いついた
Selrio島根#29谷光未有のPCからPSを獲得。自ら決めて同点に追いついた

試合詳細


12:45 ALDER飯能 5-1 駿河台大学

ハットトリックを決めたALDER飯能#7竹下貴之
ハットトリックを決めたALDER飯能#7竹下貴之

 駿河台のセンターパスで試合がスタート。飯能はテンポ良くボールをまわし、チャンスを伺う。3分、飯能はゴール前につめた#7竹下が押し込み先制。10分には#18引木が豪快にリバースヒットで2点目、12分には#23木原がタッチシュートを決め、3対0で第1Qを終える。第2Qに入っても飯能ペースで進み、駿河台ゴール前にせまる。25分、27分と続けてPCを獲得するが、得点にはつながらない。
 第3Q飯能は33分、#7竹下がライトからシュートを決め4点目を奪い、試合を決定づけたかに思えた。しかし、駿河台は45分、サークル内で相手のインターフェアを誘いPSを獲得。これを#19花澤が冷静に決め、1点を返す。第4Qに入ると、やや運動量の落ちた飯能に対し、駿河台は猛攻を仕掛ける。何度も飯能ゴール前に迫るが、あと一歩のところで得点にならない。逆に試合終了間際60分、飯能はゴール前の混戦から#7竹下が押し込み、リードを広げて勝ちきった。

1点を返した駿河台大学#19花澤空
1点を返した駿河台大学#19花澤空(右)

試合詳細


14:30 小矢部RED OX 3-0 法政大学

激しい雪の降る中プレーする小矢部RED OX #7村田和麻
激しい雪の降る中プレーする小矢部RED OX #7村田和麻

 法政大学のセンターパスにより第1Qが開始される。開始早々から小矢部REDOXが素早いボール回しでチャンスを作る。2分には、右サイドの攻撃から、法政大学のディスフェンスのミスを誘いPCを獲得。#26河合が左上に豪快にドラッグシュートを決め小矢部REDOXが先制した。その後も小矢部REDOXが再三チャンスを作り、#7村田がサークル内でボールを受け、シュートを放つが得点には結びつかない。第2Qに入っても小矢部REDOXがゲームを優位に進め、#7村田がサーリル内にドリブルで持ち込みPCを獲得する。17分そのPCを#26河合が右上にドラッグシュートを決め小矢部REDOXが2対0でリードし、前半戦を終了した。
 第3Q開始早々、法政大学はプレスディフェンスから、小矢部REDOXのパスをカットし、PCを再三獲得するが得点には結びつかない。36分のPCでは、中央下にドラックシュートを放ち、得点したかに思えたが、小矢部REDOX#14新井岳がGKの後でシュートをセイブし、法政大学の得点とはならなかった。第4Q、一進一退の攻防が続き、霰混じりの雨のため一時中断するも、決定力に勝る小矢部REDOXが58分#4穴田からのパスを#7村田が受け、左サイドから豪快にリバースシュートを決めた。その後も悪天候の中、両チームチャンスを作るが、小矢部REDOXのリードのまま、3対0で試合が終了した。

試合詳細

順位表

back to top