WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東海学院大学
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 福井クラブ
  • LIEBE 栃木

H2

  • 小矢部RED OX
  • ALDER飯能
  • 法政大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 駿河台大学
2018.04.15

1点を守り切った駿河台大学、山梨学院と東海学院は両者譲らず引き分け(女子第2節第4日・駒沢オリンピック公園総合運動場)

高円宮牌2018ホッケー日本リーグ女子は15日、東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場にて第2節第4日の1stステージを開催しました。

11:00 駿河台大学 LADYBIRDS 1-0 聖泉大学

#15高橋友香の先制点を守り切った駿河台大学LADYBIRDS

 駿河台大学のセンターパスにより試合が開始された。序盤は聖泉大学がペースをつかみ、何度もサークルインするも決めきれない。パスカットから攻め込んだ駿河台大学は8分、FW#10松本が右サイドからえぐってゴール前にボールを放り、MF#15高橋がレバプッシュで押し込み先制する。その後は駿河台大学が#18の打ち込みなどで攻め込むが聖泉大学の粘り強いDFに阻まれ、1-0で第1Qを終える。
 第2Qの序盤は一進一退の攻防となり、両チーム中々25y内に侵入することができない。20分ジャブからボールを奪った聖泉大学は、MF#13勝又が右肩から強いヒットを打ち込むがボールはゴールの左横を抜ける。23分駿河台大学FW#13が砂金が右えぐりから浮かしプッシュでゴール前にボールを送るもタッチが合わせられない。25分駿河台大学はアウトレットのミスから攻め込まれるもピンチをしのぎ、カットしたFB#6水見が中央からカウンター、25y内に侵入するもつながらない。30分聖泉大学FW#35前田が左えぐりでサークルインするがDFにエンドをわられる。その後右からカウンターした駿河台大学はMF#8町田がサークル内へ打ち込むがタッチと合わず、1-0のまま第2Qを折り返す。
 第3Qは互いになかなかサークルインできない拮抗した展開となる。32分に駿河台大学FW#9宮本がサークルトップからリバースヒットを打ち込むが惜しくもゴールポストの横を抜ける。中盤は駿河台大学ペースとなるが、聖泉大学は粘り強いDFでなかなかサークルへの侵入を許さない。43分からは聖泉大学が安定したアウトレットを中心にボールをキープするが、駿河台大学のパスカットに阻まれ25y内へ侵入できず、1-0のまま第3Qを終えた。
 迎えた第4Q序盤、追いつきたい聖泉大学は猛攻を見せる。47分、FW#35前田が左からリバースヒットをゴールに打ち込むがポストに阻まれる。49分にはDFからのロングボールをうけたFWが25y内に侵入するが駿河台大学のDFにカットされる。53分、駿河台大学FW#23が渡邉がサークルに持込みキーパーと押し合いとなり、決めきれなかったもののここから駿河台大学ペースとなる。56分駿河台大学左えぐりからのボールを受けたMF#19西がPCを獲得。1本目のPCは止めのミスでサークル内で押し合いとなり、再びPCを獲得するが、2本目も止めが合わず打ち込めないまま聖泉大学ボールとなる。59分駿河台大学#9宮本が再びPCを獲得するが、#2のヒットに合せたタッチはゴールの枠をはずれる。その後も駿河台大学が攻め込むも聖泉の意地のDFが阻み、1-0のま駿河台大学が勝利し、勝ち点3とした。

終始激しい攻防を繰り広げた両チーム

試合詳細


13:00 山梨学院CROWNING GLORIES 2-2 東海学院大学

第2Q、先制点を挙げた山梨学院#26中込紅莉(右)

 山梨学院大学のセンターパスで試合が開始された。序盤は山梨学院大学が攻め込む展開となる。3分FW#26中込がサークル内に侵入し、PCを獲得。リバウンドをFB#5白石が打ち込むがゴールの左横を抜ける。6分には東海学院大学がサークル内に侵入するが山梨学院大学FB#17松のDFに阻まれる。7分山梨学院大学は再びPCを獲得するが、止めのミスで追加点をあげられない。10分には山梨学院大学#8がPSを獲得するも決められない。反撃したい東海学院大学も12分ロングコーナーからサークルイン、14分FW#15中村が50yをドリブルで運ぶカウンターなどで攻め込むが、シュートにつなげられない。両チーム無得点のまま第1Qを終える。
 第2Q序盤からペースを掴んだ山梨学院大学は18分、右からの打ち込みをFW#26中込が止めてゴールに押し込み、1-0とする。その後も山梨学院大学が攻め込む展開となり、FB#5白石の打ち込みやFW#1田中のリバースヒットなどでチャンスを作るが、東海学院大学の堅いDFが阻む。27分、#1田中が自分のシュートのリバウンドを受けてドリブルからPCを獲得し、FB#22尾本がフリックでゴールの左上に押し込み、追加点をあげる。29分、反撃したい東海学院大学もPCを獲得するが決めきらず、2-0のまま折り返す。
 第3Q31分、東海学院大学FW#10山口がプレスカットからパスを繋ぎ、FW#27小早川がゴールに押し込んで2-1とする。その後は互いに攻め込む展開となる。38分には山梨学院大学FW#8川口の打ち込みがゴールに入るがサークル内でさわることができない。40分山梨学院大学FW#20田村が左からドリブルしてサークルインし、リバースヒットを打ち込むもゴールの枠を外れる。42分東海学院大学はPCを獲得するが、#10山口の打ち込みはGKに阻まれる。12分、東海学院大学がサークル内の攻防からFW#17上嶋がゴールに押し込み、2-2と追いつく。その後は山梨学院大学がサークル内に持込み猛攻するも決めきれない。43分東海学院大学は左からサークルインしFW#15中村がタッチシュートするもGKに阻まれ、2-2で第3Qを終える。
 第4Q開始直後、47分東海学院大学は後ろから抜けたボールを#3小早川が押し込むがゴールポストに阻まれる。50分プレスカットから山梨学院大学MF#12田中が左にドリブルしてリバースヒットを打ち込むも、ゴールの上を抜ける。51分PCを獲得した東海学院大学はFB#16岡田の打ち込みから再びPCを獲得する。その後もう一度PCを獲得し、最後はMF#9森作のスイープが山梨学院大学のDFに阻まれる。直後カウンターから山梨学院大学がPCを獲得するが、決めきらない。55分山梨学院大学#20田村が左サイドからリバースヒットを打ち込むが、ゴール前を抜ける。直後東海学院大学MF#7冨岡が自分でサークルインして打ち込むがGKに阻まれる。その後も互いに攻め込むが追加点をあげられず、2-2のまま試合終了した。

同点弾を決めた東海学院#17上嶋明莉

試合詳細

順位表

back to top