WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 天理大学ベアーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 天理大学ベアーズ
  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井クラブ

H2

  • ALDER飯能
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • BlueSticks SHIGA
2020.10.17

SONY残り2分に決勝点、GSKが2位に続く(女子・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2020ホッケー日本リーグ女子は17日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにてレギュラーステージ第5日を開催しました。

12:00 東海学院大学 1-1(SO1-3) グラクソ・スミスクラインOrange United

秋雨の空の下、グラクソ・スミスクラインOrange Unitedのセンターパスにより第1Qが開始された。立ち上がりから、グラクソが果敢に攻め込み、#19五島がシュートを打つもゴールの枠を捉えることが出来ない。東海学院大学は、インターセプトを多く狙うもサークルまで行くことが出来ない。12分グラクソ#14尾関がPCを獲得し、#19五島がタッチで先制点を挙げ、1-0で第1Qが終了した。 第2Qグラクソがペースを握り続ける。17分グラクソ#15中村がタッチでシュートを狙うも、得点には至らない。24分グラクソは、右から回り込みチャンスをつくるも、東海の堅守により得点を許さない。続く、26分グラクソ#20大類がシュートを放つも枠を捉えることが出来ない。そのまま、両チーム得点には至らず、1-0のグラクソリードで、第2Qが終了した。

12分PCからGSK#19五島(右)が得点

第3Q、33分グラクソ#10山口のパスから#15中村がタッチを狙うも得点に繋がらない。39分東海#21遠藤がドリブルからPCを獲得するも相手の守備によりシュートを打つことが出来ない。42分グラクソがパスを繋ぎ、サークルインから積極的にシュートを狙うが東海GK#12青木の好セーブにより得点を挙げることが出来ない。第3Q終了間際、東海#18松本がサークル外で倒され、PCを獲得する。東海は得点のチャンスを得るも、相手のDFに阻まれ、第3Qが終了する。第4Q、48分追いつきたい東海が積極的に攻め込み、PCを取得する。東海#2岡田の豪快なヒットシュートが右枠を捉え、1-1の同点となる。55分追加点が欲しいグラクソがPCを取得するも得点には至らない。その後両者の激しい攻防が続く中、試合終了間際、グラクソがPCを取得するも東海GK#12青木のファインプレーにより1-1のまま試合が終了する。SO戦へと突入し、3-1でグラクソ・スミスクラインOrange Unitedが勝利した。

東海学院#2岡田が決め同点に追いつく
SO戦で攻めるGSK狐塚
SO戦を制し喜ぶGSK選手ら

試合詳細


14:30 ソニーHC BRAVIA Ladies 1-0 山梨学院CROWNING GLORIES

ソニーHC BRAVIA Ladiesのセンターパスにより第1Qが開始された。4分山梨学院CROWING GLORIES#11小林がPCを取得するも、得点には至らない。6分山梨#9深田がグリーンカードで2分間の退場となった。両チーム一進一退の攻防が続く中、ソニー#4一谷のインターセプトから、パスが繋がり2本チャンスが巡ってくるも得点には至らない。14分ソニー#15田中から#9永井にパスが繋がり、ゴールキーパーと1対1となるが山梨GK#3中島の好セーブにより、0-0で第1Qが終了した。
2Q互いに攻め込むものの拮抗した状態が続く。その後山梨がペースを握り始め、サークルインを目指すが、ソニーの堅い守備により、チャンスを作り出すことが出来ない。28分ソニー#6八木がPCを取得するも、パスが合わずシュートを打つことが出来ない。流れを掴み始めたソニーはセンタリングなどでサークルインを狙うが得点に繋がらず0-0のまま第2Qが終了した。

ドリブルで攻める山梨学院#1田村(右)

第3Q互いにパスで崩していくも、両チーム一歩も引かない状態が続く。35分ソニー#8真野がシュートを放つも山梨#2鈴木により得点を許さない。41分、42分と山梨が立て続けにPCを取得するもソニーの堅守によって得点することが出来ない。44分ソニー#20清水にグリーンカードが科せたれた。数的有利を山梨は活かせず、両チーム得点には至らず0-0のまま第3Qが終了した。 第4Q、中盤での激しい攻防が行われる中、47分ソニーがPCを取得するも枠を捉えきれない。52分ソニー#22坪内がシュートを放つも、得点することが出来ない。得点を得たい山梨は、ロングボールで繋ごうとするが、ソニーの低い守備により得点することが出来ない。58分ソニー#21瀬川が左から回り込み、リバーススイープで得点をし、待望の得点を挙げた。そのまま試合が終了し、1-0でソニーHC BRAVIA Ladiesが勝利した。

ドリブルシュートを決めたSONY#21瀬川(左)
残り2分、決勝点を決めた瀬川(中央)

試合詳細

back to top