WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2021.06.26

福井工大 小矢部Rが勝利、F東京が法政大とのSO戦で勝利 (男子H2・境町ホッケーフィールド)

高円宮牌2021ホッケー日本リーグ男子H2は26日、茨城県境町・境町ホッケーフィールドにて開催しました。

11:40 福井工業大学 4-1 ALDER飯能

福井工業大学のセンターパスにより第1Q開始、1Q3分福井工23mからサークル内の打ち込むも、A飯能はGK斎藤の好判断で得点を許さない。福井工はその後も連続攻撃を仕掛け、10分PCを獲得。#11佐伯のシュートをGK斎藤が防ぐもののDFに当たりPSとなる。それを福井工の#5田野井が落ち着いて決め先制。その1分後、A飯能が猛攻からPCを獲得、#8浅見が見事なタッチシュートを決め、1対1の同点とする。第2Qに入ると、走力に勝る福井工は試合の流れをつかみ、25分に#7前田がこぼれ玉を押し込み2対1とリード。

第1Qに同点ゴールを決めたA飯能

第3Qは追いつきたいA飯能は流れを取り戻すべく、巧みに試合を展開するが決定打を欠き、2-1のまま第4Qに突入。46分A飯能がPCを獲得するが、福井工のDFの防御が勝る。このPCから一気に福井工はカウンターを仕掛け#35吉田がシュート、GKのリバウンドをサークル右につめた#11佐伯が狙いすまして決め3対1に。その後、がっちりと福井工がペースをつかむと、#40渡部が勝利を決定づけるシュートを決め4対1。何とか追いつきたいA飯能は猛攻を仕掛け、PCを取得するものの、福井工の堅守を崩せず、結局、福井工がA飯能の猛追をしのぎ切り、そのまま4対1で勝利し、3連勝とした。

47分に得点をあげてPOMに選ばれた福井工大#11佐伯

試合詳細


13:50 小矢部RED OX 4-0 駿河台大学

小矢部のセンターパスにより試合が始まる。第1Q開始早々の1分小矢部がPCを獲得し、#26河合がフリックを打つが、駿河台大学GK#1森本にセーブされる。その後、駿河台もPCを獲得、#3遠藤がフリックを打つが、小矢部GK#1浅地の好セーブにより得点には至らない。第2Q再び小矢部がPCを獲得し、#26河合が強烈なフリックを打つが駿河台も守りきり、両チーム譲らず、無得点のまま前半終了。

中盤から決定的なパスを通してPOMに選ばれた小矢部R#8林(右)

しかし、第3Q開始早々33分、小矢部は#8林が左からセンタリング、#24瀬島がタッチシュートで決め先制点。続けざま35分、小矢部の#18目良がゴール前の混戦からリバースシュートで追加点をあげ、2-0。駿河台も反撃するが、得点には至らない。第4Q必死の反撃をする駿河台に対し、小矢部DFは隙を見せず、得点を許さない。徐々に焦りを見せる駿河台に対し、堅いペースで試合を進める小矢部は、55分に#24瀬島、57分に#18目良が連続のダメ押しゴールを決め、4-0で小矢部が勝利を収めた。

この試合で2得点を決めた小矢部R#24瀬島

試合詳細


16:00 フリークス東京 2-2(SO3-0) 法政大学

F東京のセンターパスにより第1Q開始、第1Q開始早々、法政大学は果敢に攻めるがF東京のDF陣を崩せない。第1Q2分F東京♯11山口の強烈な打ち込みを♯19の石井が上手く合わせる、ゴールマウスをとらえない。一方、13分法政もPCを獲得するが、F東京GK杉野の好セーブにより防がれる。繰り返し、法政はPCを獲得するが得点に至らず、お互い0対0のまま第1Qが終了。第2Q27分法政の♯8佐々木が冷静にこぼれ球を押し込み先制点をあげ、1対0で法政リードし第2Qが終了。

法政大#7玉坂がドリブルで仕掛ける

法政のセンターパスにより第3Qが開始。33分F東京はPCを獲得するが♯14新井のシュートは惜しくも枠を外れる。追いつきたいF東京は連続攻撃を続けるものの法政のGKとDF陣の堅守を崩せない。39分法政♯16作田がシュートを放つもF東京のDF陣の好セーブにより防がれる。しかし、43分法政♯6江口のスクープパスを受けた♯16山口がPSを獲得。♯7玉坂が冷静に決め追加点をあげる。その後F東京は必死の反撃をするものの、法政ゴールを揺らすことができないまま、2対0で法政がリードし第4Qを向かえる。負けれないF東京は、猛反撃を仕掛ける。51分PCを取得すると、♯14新井が強烈に決め1点を返す。その後もF東京は追加点を狙い攻撃の手を緩めない。法政も逃げ切りを狙うが、58分F東京は♯3入江がドリブルで攻め込み、そのパスを受けた♯23時田がリバースシュートを放ち見事追加点、2対2の同点に追いきSO戦に持ち込んだ。
SO戦では追いついたF東京がGK杉野のファインセーブで法政にゴールを許さず、3対0とし、勝点2を獲得した。

SO戦勝利に導いたF東京GK#1杉野

試合詳細

back to top