WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
2022.04.24

南都銀行が天理大BにSO勝利 CCRSは立命館Hに勝利し、2連勝(女子・コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム)

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ女子は24日、広島県広島市・コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアムにて第2日・2試合を開催しました。

10:00 南都銀行 SHOOTING STARS 0-0(SO4-3) 天理大学ベアーズ

小雨の降る中始まった第1Q。肌寒い気温とは裏腹に、立ち上がりから激しいボールの奪い合いが展開され、ピッチに熱が帯びていく。巧みなパスワークと厚みのある攻撃を駆使し、ゴールを狙う南都であったが、天理の固い守備がそれを許さない。スコアに変動が見られないまま迎えた第2Qも一進一退の攻防が続く。 気迫あふれるプレーで幾度となく南都陣営に侵入を試みる天理。一瞬の隙をついて19分、天理#17長谷川が強烈なシュートを放つも、これは惜しくも枠の外。互いに一歩も譲らず前半を0ー0で折り返した。

前半、よく走りよく攻めた天理大学

南都のセンターパスにより開始された第3Q。攻防がより一層激しさを増し、天理は37分と43分にグリーンカードが出される。数的有理を活かし、畳み掛ける南都は立て続けにPCを獲得するが、本日幾度となくチームを救った天理GK#39前田がここでも好セーブを連発。一点も許すことなく、見事この危機を切り抜けてみ せた。第4Q開始早々、お返しとばかりに天理が連続でPCを獲得する。果敢にゴールを狙う天理だったが、ここは南都が冷静な対応を見せ、ゴールネットが揺れることはなかった。その後も互いに決め手を欠き、試合終了のホイッスルが鳴る。南都にとっては連日のSO戦に突入することとなった。SO戦も拮抗した戦いとなった。3ー3の引き分けとなり、更に延長へ。先攻の天理が外した裏の南都6人目#6島田がSO戦より起用された天理GK#18大竹の反則を誘う。しかし、PSにて#18大竹が見事コースを読み切り、ゴールを死守。スーパーセーブにスタジアムが湧いた。天理に流れが来るかと思われたが、次の7人目。天理が外したところを南都が落ち着いて決め、勝負あり。南都は勝点を3とした。

SO戦でも互いに譲らず、2-2の引き分けとなる。5人で終わらなかったため、試合の結果はサドンデスに。両GKの堅牢な守備により、8人目となった立命館Hは#18佐々木が南都銀行のゴールネットを揺らした。その裏、南都銀行が外し、遂に決着。立命館Hが勝点を2、南都銀行は1とした。

試合後半、何度もゴール前に攻めた南都銀行
SOにて試合が決まった瞬間、南都の選手たちはGK12笹木に駆け寄った

試合詳細


12:15 コカ・コーラレッドスパークス 4-1 天理大学ベアーズ

立命のセンターパスにより始まった第1Q。昨日快勝したCCRは勢いそのままに立命陣営へ攻撃を仕掛ける。組織的な守備と思い切ったパスカットで反撃を試みる立命だったが、12分、スピーディなパスワークで攻めてくるCCRに本日幾度目かのサークルへの侵入を許してしまう。ラストパスを受けた#8小早川が立命ゴールに押し込み、先制。1点ビハインドで迎えた第2Q、立命は開始 早々の16分、#10五島が値千金のゴールを奪う。立ち上がりを狙われた形となったCCRは試合を振り出しに戻されてしまう。徐々にリズムに乗る立命は好位置でのパスカットを次々成功させ、昨 年準優勝のCCRと互角の攻防を繰り広げる。このまま前半を折り返すように思われた終了間際30分、CCRが意地を見せる。PCを獲得したCCRはフリックに#5金藤が見事合わせ、タッチシュート。 前半終了のホイッスルとほぼ同時にゴールネットを揺らした。

先制点を決めたコーラ8番小早川選手
第2Q同点に追いついたゴールを決めた立命館1 1番佐々木(中央)

再び追う側となった立命であったが第3Qでも焦りは見られず、格上相手に堂々とした攻防を繰り広げる。試合が動いたのは38分、CCR#4浅井のフェイントからパスを受けた#2藤林が強烈なフ リックシュートで追加点。CCRが地力の差を見せつけ3ー1とした。第4Q、CCRがギアを1段階上げる。緩急をつけたパス回しにキレのあるドライブで何度も立命ゴールを奪いにかかる。GK#1西垣 の好セーブと厚みのある守備で追加点を許さない立命だったが、試合終了間際の59分、CCR#11田村がゴール前の攻防から抜け出した。追加点を上げ、そのまま4ー1で試合終了。CCRは勝点 を6に伸ばした。

強烈なフリックシュートでゴールを決めた2番藤林(左)

試合詳細

back to top