WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/04/24 10:00
コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)

オフィシャル

0 0 1Q 0 0
0 2Q 0
0 3Q 0
0 4Q 0
南都銀行 SHOOTING STARS 4 SO 3 天理大学ベアーズ
得 点
カード

37´  原田 愛里

44´  青山 七海

POM(Player Of the Match)

笹木 美里

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
4 FW 2 山本 星来
X MF 3 澤田 未梨美
X FW 5 長谷川 和
X FW 6 島田 あみる
X MF 7 白石 莉奈子
X FW 10 狩野 真美
2 MF 11 村岡 愛美
X GK 12 笹木 美里
X FB 13 荒川 千夏
X FB 14 岡田 聖奈
3 FB 18 山口 舞
X FB 19 早戸 和希
4 MF 20 西村 文伽
X FB 21 尾本 桃子
X FW 22 橋本 亜蘭
    
    
    
    
    
    
    
       
監督 粥川 幸司
先発 ポジション 背番号 選手名
X FB 2 濱本 妃奈
28 FB 3 川畑 麻緒
X MF 4 中口 美羽
5 FW 5 宮田 夏帆
X MF 6 原田 愛里
X FB 8 川原 菜月
5 MF 10 森永 沙紀
5 FB 11 永田 紗穂
X FW 15 五島 希
14 FB 16 青山 七海
X FW 17 長谷川 美優
60.1 GK 18 大竹 美咲
X FB 20 三上 舞子
16 FB 21 岸本 優理菜
X FW 26 村山 裕香
X FW 29 北山 真央
5 FW 32 内貴 萌愛花
X FW 34 佐々木 里紗
6 MF 35 石川 結衣
5 MF 37 小林 こゆき
X GK 39 前田 美結
    
       
監督 長谷部 謙二

試合環境

スタジアム コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)
アンパイア 我妻 順子 、中元 大輔
リザーブアンパイア 藤原 真由美
ビデオアンパイア 小原 直也
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 藤井 明子
スコアリングジャッジ 中田 和行
タイミングジャッジ 萩塚 菜

記録

ポゼッション
46%
54%
サークル侵入
14
14
シュート
12
10
PC
3
4
PS
0
0

戦評

小雨の降る中始まった第1Q。肌寒い気温とは裏腹に,立ち上がりから激しいボールの奪い合いが展開され,ピッチに熱が帯びていく。巧みなパスワークと厚みのある攻撃を駆使し,ゴールを狙う南都であったが,天理の固い守備がそれを許さない。スコアに変動が見られないまま迎えた第2Qも一進一退の攻防が続く。気迫あふれるプレーで幾度となく南都陣営に侵入を試みる天理。一瞬の隙をついて19分、天理#17長谷川が強烈なシュートを放つも、これは惜しくも枠の外。互いに一歩も譲らず前半を0ー0で折り返した。
 南都のセンターパスにより開始された第3Q。攻防がより一層激しさを増し,天理は37分と43分にグリーンカードが出される。数的有理を活かし,畳み掛ける南都は立て続けにPCを獲得するが,本日幾度となくチームを救った天理GK#39前田がここでも好セーブを連発。一点も許すことなく,見事この危機を切り抜けてみせた。第4Q開始早々,お返しとばかりに天理が連続でPCを獲得する。果敢にゴールを狙う天理だったが,ここは南都が冷静な対応を見せ,ゴールネットが揺れることはなかった。その後も互いに決め手を欠き,試合終了のホイッスルが鳴る。南都にとっては連日のSO戦に突入することとなった。
 SO戦も拮抗した戦いとなった。3ー3の引き分けとなり,更に延長へ。先攻の天理が外した裏の南都6人目#6島田がSO戦より起用された天理GK#18大竹の反則を誘う。しかし,PSにて#18大竹が見事コースを読み切り,ゴールを死守。スーパーセーブにスタジアムが湧いた。天理に流れが来るかと思われたが,次の7人目。天理が外したところを南都が落ち着いて決め,勝負あり。南都は勝点を3とした。