WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/04/24 12:15
コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)

オフィシャル

4 1 1Q 0 1
1 2Q 1
1 3Q 0
コカ・コーラレッドスパークス 1 4Q 0 立命館ホリーズ

12´ FG 小早川 志穂

30´ PC 金藤 祥子

38´ PC 藤林 千子

59´ FG 田村 綾菜

得 点

16´ FG 佐々木 杏果

カード

16´  五島 千那美

POM(Player Of the Match)

金藤 祥子

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 田中 秋桜
6 FB 2 藤林 千子
X FB 3 錦織 えみ
X FB 4 浅井 悠由
4 MF 5 金藤 祥子
X FB 6 和田 茜
X MF 7 三橋 亜記
8 FW 8 小早川 志穂
FW 9 江村 佳歩
X MF 10 中込 紅莉
X FW 11 田村 綾菜
16 GK 12 中村 瑛香
50 FB 13 沖原 佳乃
X MF 14 的場 斐那
7 FB 15 松 郁実
5 MF 16 松本 夏波
6 MF 18 尾本 桜子
X FW 19 河村 元美
5 MF 20 安達 あすか
X FW 22 森 花音
X FB 24 浦田 果菜
    
       
監督 NEIL HAWGOOD
先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 西垣 りの
5 FW 3 有岡 真緒
X FB 5 上野 真歩
X FW 6 竹澤 淳子
5 FW 7 松場 加菜
5 MF 8 藤沢 遥奈
X FB 9 田中 麻結
X FW 10 五島 千那美
X MF 11 佐々木 杏果
10 FB 12 島田 知華
FW 13 田井 美月
X MF 15 寺谷 深玖
GK 16 清水 陽菜
X FW 18 佐々木 杏
X FB 19 髙木 美沙希
4 MF 21 川口 暖加
X MF 23 大嶋 夏実
5 FW 24 柴田 あかり
FB 25 前神 彩乃
X FB 27 大塚  みなみ
FB 28 鳴田 日南
5 FB 29 岸 明日香
       
監督 牧本 智之

試合環境

スタジアム コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)
アンパイア 稲元 南、柳田 敏行
リザーブアンパイア 小原 直也
ビデオアンパイア 藤原 真由美
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 影山 茂樹
スコアリングジャッジ 中田 和行
タイミングジャッジ 萩塚 菜

記録

ポゼッション
57%
43%
サークル侵入
24
3
シュート
18
3
PC
11
1
PS
0
0

戦評

立命のセンターパスにより始まった第1Q。昨日快勝したCCRは勢いそのままに立命陣営へ攻撃を仕掛ける。組織的な守備と思い切ったパスカットで反撃を試みる立命だったが,12分,スピーディなパスワークで攻めてくるCCRに本日幾度目かのサークルへの侵入を許してしまう。ラストパスを受けた#8小早川が立命ゴールに押し込み,先制。1点ビハインドで迎えた第2Q,立命は開始早々の16分,#10五島が値千金のゴールを奪う。立ち上がりを狙われた形となったCCRは試合を振り出しに戻されてしまう。徐々にリズムに乗る立命は好位置でのパスカットを次々成功させ,昨年準優勝のCCRと互角の攻防を繰り広げる。このまま前半を折り返すように思われた終了間際30分,CCRが意地を見せる。PCを獲得したCCRはフリックに#5金藤が見事合わせ,タッチシュート。前半終了のホイッスルとほぼ同時にゴールネットを揺らした。
 再び追う側となった立命であったが第3Qでも焦りは見られず,格上相手に堂々とした攻防を繰り広げる。試合が動いたのは38分,CCR#4浅井のフェイントからパスを受けた#2藤林が強烈なフリックシュートで追加点。CCRが地力の差を見せつけ3ー1とした。第4Q,CCRがギアを1段階上げる。緩急をつけたパス回しにキレのあるドライブで何度も立命ゴールを奪いにかかる。GK#1西垣の好セーブと厚みのある守備で追加点を許さない立命だったが,試合終了間際の59分,CCR#11田村がゴール前の攻防から抜け出した。追加点を上げ,そのまま4ー1で試合終了。CCRは勝点を6に伸ばした。