WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学

TEAM

2019福井クラブ

今リーグの目標 和久利(FW17)、冨山(FW9)を中心に、新加入の渡辺晃(FW12)らが圧倒的なスピードとテクニックで得点を狙います。
中盤ではチームの絶対的な要である主将の三谷元騎(MF10)を軸に、冨田(MF27)、新人の松山(MF21)が攻守において試合を作り、ストローク力のある和田(FB25)、伊藤(FB15)が前線にパスを供給。
豊富な運動量の斉藤(FB19)、1対1に強い佐藤(FB8)らが攻撃を防ぎます。
ゴールはベテランの関澤(GK26)、松島(GK24)が死守。
チーム一丸となって試合に臨み、H1復帰のため全力で戦います。
チーム沿革 一巡目福井国体の開催に伴い、1963年に丹生高校OBを中心とした福井クラブが誕生し、活動を開始する。
2012年に新生「福井クラブ」を結成し、日本リーグに初参戦。
初年度第4位の結果を残す。
2018年の「福井しあわせ元気国体」では、2連覇ならびに初の単独優勝を果たす。
地域に密着したクラブ活動を行い、小さな子供から大人まで、多くの人に愛されるチームづくりを目指している。
チームスローガンは「Aggressive Hockey to Win」。
地元企業ギャレックス株式会社がメインスポンサーである。
主将コメント 昨シーズンはH1で苦しい試合が続き、1年で降格となり悔しい思いをしました。
しかし、今シーズンは日本代表選手の渡辺晃大(FW12)を始め、4人の有望な選手が加わり万全の体制で試合に臨みます。
地元国体が終わり、練習環境など様々な問題はありますが、今まで福井クラブが築いてきたホッケーを基盤に、まずはホッケーを楽しみ、地元の皆さまに成長した福井クラブを魅せられるようチーム一丸となって頑張ります。
ホームページ・SNS チームHP:福井ホッケークラブ 「オフィシャルページ」
facebook:Fukui Club
  • 監督

  • 部長

  • 副部長

  • 総監督

  • コーチ

  • フィジオセラピスト

  • アスレティックトレーナー