WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2017.05.14

ホーム南都銀行2連勝ならず、GSK初勝利(女子第4日親里ホッケー場)

高円宮牌2017ホッケー日本リーグ女子は5月14日(日)、奈良県天理市・親里ホッケー場にて第2節第4日を開催いたしました。

『南都銀行SHOOTING STARS(以下、南都銀行)』は、『グラクソ・スミスクラインOrange United(以下、GSK)』と対戦し1対2で『GSK』が勝利しました。『コカ・コーラウエストレッドスパークス(以下、コカ・コーラウエスト)』が『山梨学院CROWNING GLORIES(以下、YGU)』と対戦し、2対1でコカ・コーラウエストが勝利しました。『天理大学ベアーズ(以下、天理大)』は、『駿河台大学LADYBIRDS(以下駿河台大)』と対戦し、6対2で『天理大』が勝利しました。

『南都銀行』(1対2)『GSK』

背中越しの相手に反転して攻撃を仕掛ける#11柴田あかね選手(左)
背中越しの相手に反転して攻撃を仕掛ける#11柴田あかね選手(左)

開幕から3連敗を喫し、本日の『南都銀行』の一戦で勝利を納めた『GSK』主将の齋藤美咲(さいとうみさき)選手は試合を振り返り、「先制点を取られて、いつもならその状態で負けることが多かったが、最後まで全員で諦めずに点数を取るという気持ちがあって、やっと勝つことができて本当に良かったです。次節からは学生相手となるので、このままの勢いで全勝していきたい」と、喜びを隠しきれずに語っていました。

また、沼尾監督は、「たくさんの応援に掛けつけてくれた皆様の声援に助けられ勝てたことが非常にうれしい」と語り、次節に向けては「攻撃的なホッケーをやろうというチーム作りを始めたことが、やっと形になってきて自信を持てるようなゲームになったので、次につながっていくと思う」と述べました。

逆転負けとなった『南都銀行』樋口監督は、「全員が勝利へ向けて徹していない弱さがありますので、これからの課題として取り組んでいきたいと思います。その課題解決と共に、前を向いてやっていくだけなので、一歩ずつ前進できるように次節へ向けて、強化していきたいと思う」と語っていました。


『コカ・コーラウエスト』(2対1)『YGU』

インターセプトからスピードのあるドリブルで中央へ入り味方へパスを送る#17山田明季選手(左)
インターセプトからスピードのあるドリブルで中央へ入り味方へパスを送る#17山田明季選手(左)

接戦の上、勝利した『コカ・コーラウエスト』のニール・アンドリュー・ホーグッド監督は、「2対1の僅差でボールを支配できていたゲームだったが、いくつかのミスがあってベストな試合にならなかったのは課題だ。次節の試合に向けては、開幕してから一番いい内容の試合が本日できたので、新たに進化し、出直してやっていきたい」と満足のいく試合内容に喜びを語ってくれました。

『コカ・コーラウエスト』ゲームキャプテンの西村綾加(にしむらあやか)選手は、「テンポ良くパスをつなぐチームプレイスタイルができていた。なかなか得点が入らずに苦しい時間帯が続いたが、最後まで粘って勝てたので自分たちらしさが出せたと思う」と試合を振り返り、「次節はホームグラウンドなので、観戦してきた皆さまに、見て、楽しんでもらえるような試合をして、2勝できるように頑張ります」と次節ホームグラウンドにかける意気込みを力強く語ってくれました。

開幕から3連勝を続け、今回、惜しくも敗れて1敗を喫した『YGU』ジョン・シアン監督は、「コカ・コーラウエストは、けが人が多くメンバーが抜けている状態なので、勝てるとしたら今日の試合しかないと思って挑み、いつも通りのプレイスタイルで臨んだ。第4クォーターで追いつかれて追い越されて逆転負けするというのは、非常に悔しい。試合終了までのフィジカルを強くするためにハードなトレーニングをして走力をつけて次節に臨みたい」と語ってくれました。

また、『YGU』主将の藤林千子(ふじばやしちこ)選手は、本日の試合と次節に向けて「自分たちの弱さがみられた試合となってしまった。次節では、『立命館ホリーズ』には絶対勝ちに行くことがひとつ。もうひとつは、本日の最後に同点とされ、さらに逆転された悔しさをバネに、『ソニー』相手に自分らしいプレーをして勝ちにいきたいと思います」と語ってくれました。


『天理大』(6対2)『駿河台大』

やわらかいスティック捌きで相手陣内へドリブルで入り込む#9青戸萌選手(左)
やわらかいスティック捌きで相手陣内へドリブルで入り込む#9青戸萌選手(左)

危なげなく勝利した『天理大』ゲームキャプテンの正岡奈央(まさおかなお)選手は、「開始早々から、もっとチームとして戦えたら得点が入ったと思うし、いい形でゲームを進められたのかなと思う。次節の試合では、自分たちの目標とするホッケーができるように、練習を励んでいきたいと思います」と語ってくれました。

『天理大』監督の長谷部氏は、「昨日と今日の試合を振り返って、守備の面を強化して次節の6月に挑みたい」と語り、「最終守備ラインが引き過ぎていて、攻撃との連携と守備にかかるタイミングにおいてバランスが非常に悪いことと、ボールをレシーブする際のコントロールミスをなくし、パスする選手の精度を高めることが、世界へ通用するための単純な課題。これを選手たちみんなの体へ身に着けさせたい」とこれからのホッケーの未来を見据えて話していました。

また、『駿河台大』主将の米山千春(よねやまちはる)選手は、「相手チームから得点を取られても、すぐに取り返すことができたが、立て続けに得点を与えてしまったことが敗因で課題です。その課題である切り替えの意識を変えていくことが大切だと思いました。次節ホーム戦は、もっと自分たちのプレーができるように頑張っていきたいと思います」と話しました。

また、久我監督は、「失点が多すぎた印象だ。しっかりと守って、少ないチャンスを得点に結びつけることが、ひとつの勝ちパターンになると思うので、そこができないということはチームとして脆かったので修正していきたいと思う」と試合内容を語り、「次節ホームグラウンドにおいては、しっかりとディフェンス面を見直して、少ないチャンスを決めることをブラッシュアップしていきたい」と次節の意気込みを話してくれました。

順位表

back to top