WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2017.05.14

ソニー、連勝で単独首位(女子第4日県立伊吹ホッケー場)

高円宮牌2017ホッケー日本リーグ女子は5月14日(日)、滋賀県米原市・県立伊吹ホッケー場にて第2節第4日を開催いたしました。

『ソニーHC BRAVIA Ladies(以下、ソニー)』が『東海学院大学』と対戦し、5対0で『ソニー』が勝利しました。『聖泉大学』は『立命館ホリーズ(以下、立命館)』と対戦し、0対3で『立命館』が勝利しました。

『ソニー』(5対0)『東海学院大学』

ドリブルを仕掛ける#15八木麻理菜選手(左)
ドリブルを仕掛ける#15八木麻理菜選手(左)

勝利した『ソニー』の永井監督は、本日の試合を振り返り、「東海学院大学はいいチームですし、そう簡単には勝たせてもらえないことを選手には伝えておいた。互いに手の内をわかっているので、『ソニー』の強みを全面的に出すホッケーを60分間やろうと話した。前半は苦戦をしたけれども、後半はゲームの主導権を握っているチームへ流れが来ると思っていたので、しっかりと選手がやれていたところは評価できると思う」と述べました。

また、ハーフタイムでの選手たちへの指示について、「東海学院大学は、球の出所に合わせてインターセプトラインを作っていた。リスクを背負ってもいいので、早めに中にいる味方へつなげて、チャンスを広げていこうという指示を出した。普段から目指しているところでもある」と話しました。

今回、地元の伊吹出身の清水美並選手が得点したことについては、「伊吹での昨日の試合は得点を決められなかったが、今日は決められて、すっきりしたのではないかなと思う。アシストも含めてチームに貢献しているし、オリンピックを経験して(世界に)通用すると自覚しているので楽しみな選手です」と述べていました。

たくさんのファンが応援に掛けつけてくれたことについては、「応援バスで沢山、来ていただいてありがとうございます。見ていてやきもきされたと思いますが、きちんと勝ちきることができました。また応援に来てください。次節の埼玉シリーズでの試合は、ヨーロッパ組が2人帰ってくるので、ベストメンバーで今年初めて戦える。しっかりと、もっとソニーらしいホッケーをやれるように準備していきたい」と話していました。


『聖泉大学』(0対3)『立命館』

昨年、右膝前十字靭帯を再建し、開幕より中心選手として活躍する#18佐々木萌選手(中央)
昨年、右膝前十字靭帯を再建し、開幕より中心選手として活躍する#18佐々木萌選手(中央)

勝利した『立命館』の牧本監督は試合を振り返って、「立ち上がりがあまり良くなかったが、ペナルティコーナーで3点を決めて勝つことができた。攻撃のテンポが少し遅れがちで、常に早く攻める・早く守備をするということを意識していたが、素早い動きと正確なパスやレシーブが、まだまだ途上の状態だと思います」と述べ、伊吹シリーズを連勝で終えたことについて、「勝利もうれしいが、自分たち自身がこれ以上は上手くなれない、と思えるような選手やチームになりたいので、まだまだ発展途上だと思う」と謙虚に語り、次の試合に向けて、「『山梨学院大』は、『南都銀行』にも勝っているし、『コカ・コーラウエスト』とも接戦だったので、かなり強いチームである。春先に練習試合をしたが、それ以上に強くなってきているので、私たちも負けないよう、より強い気持ちをもって臨みたい」と意気込みを話していました。

順位表

back to top