WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2017.11.04

山梨学院、レギュラーステージ1位通過が決定。岐阜朝日はファイナル進出へ貴重な勝点1(男子H1第18日・川崎重工ホッケースタジアム)

先制点を決めたFW山﨑 晃嗣(山梨学院)
先制点を決めたFW山﨑 晃嗣(山梨学院)。通算ゴール数を10点に伸ばし、得点ランキング1位を独走

9:15 岐阜朝日クラブ 1-1 山梨学院 OCTOBER EAGLES(川崎重工ホッケースタジアム)

岐阜朝日クラブのホーム・川崎重工ホッケースタジアムに山梨学院OCTOBER EAGLESを迎えた男子H1第18日。現時点で1試合少ない岐阜朝日は勝点17の2位。1位の山梨学院は勝点22。レギュラーステージを1位で通過するためには、この試合に勝利することが絶対条件となる。
11月8日よりオーストラリアで開催される4ヶ国大会のため、日本代表を擁する岐阜朝日はGK吉川 貴史、DF山田 翔太、MF田中 世蓮のチーム中心3選手が不在。一方、山梨学院はキャプテンの山﨑 晃嗣が日本代表からチームに合流し、ベストメンバーで臨んだ。

岐阜朝日のセンターパスにより試合開始。開始早々、山梨学院がPCを取得するが得点には至らない。3分、中盤でボールをカットした山梨学院は左からのセンタリングにFW山﨑 晃嗣が合わせ先制点を挙げる。その後も山梨学院のペースで試合が進むが、岐阜朝日の好守備により追加点を許すことなく第1Qが終了した。第2Q3分、岐阜朝日がPCを取得。FB百成 俊博からのボールにFB井上 拓哉が合わせ同点とする。その後は両者決定的なチャンスがないまま試合が進む。終了間際、山梨学院はPCを取得するが枠を捉えることができない。

第3Qに入り、山梨学院のペースで試合が進む。山梨学院は7分、FB岩崎 星斗が決定的なシュートを放つが、岐阜朝日GK上田 健太のファインセーブにより得点を許さない。第4Qも山梨学院のペースで試合が進むが、引いて守る岐阜朝日の守備陣を前になかなかチャンスを作れない。岐阜朝日は速攻でチャンスを作るも決定打を欠き、両チームとも後半は無得点のまま試合が終了した。

両チームとも勝点1を上積みする結果となり、山梨学院のH1レギュラーステージ1位が確定。12月17日のファイナルステージ決勝戦へ駒を進めた。
岐阜朝日は、次戦の立命館ホリーズ(勝点15)との勝点差を『3』に広げ、決勝進出の条件となるレギュラーステージ3位以内へ大きく近づいた。


同点に追いつき貴重な勝点1を挙げた
#3井上 拓哉(岐阜朝日)のゴールで同点に追いつき、貴重な勝点1を挙げた

試合詳細はこちら

順位表

back to top