WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • 天理大学ベアーズ
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 天理大学ベアーズ
  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井クラブ

H2

  • ALDER飯能
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • BlueSticks SHIGA
2018.03.16

コーラとソニー、ともに初戦を制す(SOMPOチャレンジカップ第1日)

シュートを放つFW13 加藤 彰子(コカ・コーラ)
シュートを放つFW13 加藤 彰子(コカ・コーラ)

13:00 コカ・コーラレッドスパークス 4-2 南都銀行SHOOTING STARS

国内初となる女子ホッケーの上位4チームによる頂上決戦「SOMPOチャレンジカップ Supported by 損保ジャパン日本興亜」は16日、小雨の降る中、開幕を迎えた。会場は、昨年新装となった駒沢オリンピック公園総合運動場・第⼀球技場。高円宮牌2017ホッケー日本リーグ準優勝のコカ・コーラレッドスパークスが、同5位の南都銀行SHOOTING STARSを迎え撃つ。

コカ・コーラのセンターパスにより試合開始。開始早々、コカ・コーラが攻撃を仕掛けるも得点には繋がらない。一進一退の攻防が続くも、両チーム得点は入らず0-0で第1Qが終了。第2Q、南都銀行の攻撃が続く。21分PCを獲得し#19早戸が左下にヒットシュート、先制点を奪う。コカ・コーラの攻撃、ゴール前での相手のトラップミスから27分#9江村がシュートを決める。続く28分、コカ・コーラのチャレンジが成功しPSを獲得。#18藤井が左下に決め2-1で折り返す。

第3Q開始早々32分、コカ・コーラがPC獲得、#5金藤が右サイドへタッチシュートを決め3得点目とする。2点を追う南都銀行は39分右サイドでの速攻からパスを繋ぎサークルインするも、GK#12中村のナイスセーブにシュートを阻まれる。第4Qコカ・コーラの猛攻は止まらない。52分サークル内での競り合いを#11辻井が押し込み、4-1とリードを広げる。南都銀行の反撃、57分サークルトップからの打ち込みを#10狩野がタッチシュートで得点し粘りを見せるが、その差は埋まらず、コカ・コーラが4-2で勝利した。


試合詳細はこちら

15:00 ソニーHC BRAVIA Ladies 2-0 グラクソ・スミスクラインOrange United

初日2試合目は、高円宮牌2017ホッケー日本リーグ年間王座のソニーHC BRAVIA Ladiesと同6位のグラクソ・スミスクラインOrange Unitedとの対決。

グラクソのセンターパスにより試合が開始された。ソニーのペースで試合は進み、8分にPCを獲得。#14小川がフリックシュートを放つも、グラクソDFのナイスセーブにより得点とはならない。続く11分にもPCを獲得、#2内藤が強烈なヒットシュートを打ち、ソニーが先制点を奪う。続く12分、グラクソがPCを獲得するも得点に繋がらない。1-0でソニーがリードし第1Qが終了。第2Qソニーが攻撃を仕掛けるも、グラクソの厚いディフェンスに阻まれシュートチャンスを掴めない。1点を追うグラクソは安定した守備からパスを繋ぎ、23分#17狐塚がドリブルでサークルイン、エンドからリバースヒットを打つが得点にならない。両チーム無得点のまま折り返す。

第3Q互いに一歩も引かない攻防が続くが両チームゴールが遠い。第4Qソニーの攻撃、52分に#19佐々木がサークルトップでヒットシュートを打ち、待望の追加点を得て2-0とリードを広げる。攻撃の手を緩めないソニーはチャレンジによりPCを獲得するも決めきれない。ソニーが終始試合のペースを掴んだまま2-0で勝利した。

ゴール前の攻防
ゴール前の攻防 #3近藤理美(グラクソ)と#8深野加弥(ソニー)

試合詳細はこちら

イベントページ

back to top