WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 立命館ホリーズ
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 聖泉大学

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 福井クラブ
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 駿河台大学
  • 法政大学
  • 東京農業大学
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • 福井工業大学
2019.04.14

山梨学院と立命館Hが連勝、東海学院は聖泉大に快勝(女子第1節第2日・川崎重工ホッケースタジアム)

高円宮牌2019ホッケー日本リーグ女子・学生リーグは14日、岐阜県各務原市・川崎重工ホッケースタジアムにて第1節第2日を開催しました。

10:00 山梨学院CROWNING GLORIES 3-1 駿河台大学 LADYBIRDS

27分、3点目を決めた山梨学院#4尾本(右)

 第1Q山梨学院CROWNING GLORIESのセンターパスにより試合が開始された。開始早々、積極的にサークル内に攻め込む山梨学院は右攻撃から4分にPCを取得。山梨学院#2鈴木が落ち着いてドラックシュートを決める。11分、得点を返したい駿河台大学LADYBIRDSはサークル内に入るとDFの反則を誘いPCを取得。駿河台#2佐藤のスイープから#8町田がリバースであわせて華麗なタッチシュートで得点し1-1の同点となり第1Q終了。
 第2Q山梨学院は早いパス回しからFWにボールを繋ぎ、サークルインを狙うが駿河台の積極的な守備に苦戦する。駿河台もロングボールからFWにボールを繋ぐが山梨学院のインターセプトや堅い守備に阻まれ、一進一退の攻防が続く。25分駿河台#3大附がサークル内へ切り込み、ドリブルで相手の不意を突きPCを取得。しかし、得点には至らず。26分山梨学院がPCを取得すると、#6松が豪快にスイープシュートで得点をあげる。続く27分山梨学院スイープで中に打ち込むと、#4尾本がリバースで反応しタッチシュートで追加点をあげ、3-1の山梨学院リードで第2Q終了。

第1Q、駿河台大は#8町田(中央)のゴールで同点に追いつく

 第3Q開始早々、駿河台は反撃するが山梨学院#2鈴木を中心とする堅い守備で、シュートを放つことができない。山梨学院は37分PCを取得するが、駿河台#1浪岡の好セーブで得点には至らない。その後は山梨学院ペースで進み何度も駿河台のゴールを脅かすが、駿河台の粘り強いDFで得点できない。45分山梨学院は立て続けにPCを取得するも駿河台の体を張った守備に阻まれ第3Q終了。
 第4Qに入っても山梨学院は攻撃の手を緩めない。早いパス回しからコートを広く使い攻撃する山梨学院。対する駿河台は、#2佐藤を中心に守備を徹底し粘り強いDFから攻撃を狙うが互いにチャンスをつくれない。58分山梨学院#19小林にグリーンカードが課せられる。数的優位になった駿河台はロングボールで前線を狙い、果敢に攻め込みシュートを放つが枠をとらえきれない。そのまま試合が終了し、3-1で山梨学院が勝利した。

駿河台大#8町田と山梨学院#10和田の対峙

試合詳細


11:50 天理大学ベアーズ 0-1 立命館ホリーズ

立命館Hは21分#23竹澤のゴールを守り切った

 第1Q立命館ホリーズのセンターパスにより試合が開始される。立命館は細かいパスワークからDFを崩しシュートを狙うが天理大学ベアーズの低い守備になかなかシュートを狙うことができない。対する天理も右攻撃でスピードあるドリブルで攻め込もうとするも、立命館の連携した守りの前にチャンスをつくれない。14分天理GKのクリアミスにより立命館がPCを取得。立命館#19浦田がタッチを狙いボールを放つが、得点とはならず0-0で第1Q終了。
 第2Q天理がロングボールからえぐり込み、果敢にサークルインをしていくが、なかなか得点チャンスに結びつかない。21分立命館#23竹澤が天理のアウトレットをインターセプトし、GKと1対1の状況をつくり、右に流れてGKを外してプッシュシュートで先制点をあげる。28分立命館にグリーンカードを与えられる。天理は数的優位な状況になり、チャンスを活かすため、数をかけて攻め込むが立命館の必死の守備を前に攻めきれず、第2Q終了。

激しくボールを競り合う#7飯見(立命館H)と#10歌谷(天理大)

 第3Q追いつきたい天理は、前線からプレッシャーをかけボールを奪うが、立命館の守備陣によりシュートを放つことができない。立命館も右サイドから回り込み、シュートを狙うが得点には至らない。天理は何度も右サイドからスピードある攻撃でサークルへ進入するが立命館の粘り強いDFでシュートを打たせてない。両チームともシュートチャンスがあるものの得点には至らないまま第3Qが終了する。
 第4Q両チームの激しい攻防が続く。天理は右サイドから攻撃するも立命館#19浦田を中心とする堅い守備によりサークル進入できない。立命館は#25五島が右サイドの回り込みからゴール前にパスを送るも、ポストに当たり得点には至らない。天理59分PCを取得するもヒットシュートがポストに阻まれチャンスを活かせない。そのまま試合が終了し、立命館が1-0の接戦を制した。

駆け上がる天理大#3島谷

試合詳細


13:40 東海学院大学 8-0 聖泉大学

小雨の混じる中のゲーム開始となった

 第1Q東海学院大学のセンターパスにより試合が開始された。東海学院が高い位置でプレッシャーをかける。1分東海学院#7三島からのサークルトップへのパスに対して飛び出してきた#21小早川志がダイレクトシュートを華麗に決める。東海学院は勢いに乗り、4分#31松本が相手の反則を取りPCを取得。#31松本の豪快なドラッグシュートがゴールに突き刺さる。2点を許した聖泉大学は反撃を試みるが、東海学院の堅い守備にサークルインすることができない。その後も東海学院ペースで進み聖泉にとって苦しい時間が続く。聖泉は8分、13分とPCを取得されるが守備陣により得点を許さない。そのまま東海学院リードで第1Q終了。
 第2Qに入り、激しさを増す東海学院の攻撃。しかし聖泉の粘り強い守備の前になかなかシュートには繋がらない。25分東海学院にシュートチャンスが訪れる。聖泉のレシーブミスしたこぼれ球に東海学院#19甲斐が素早く反応し、スイープシュートを決め追加点をあげる。得点の欲しい聖泉はスクープボールを利用し、ボールを前線に送り右サイドからサークルインするも、東海学院のDF陣によりシュートが打てずに、東海学院リードのまま3-0で第2Q終了。

キックでクリアする聖泉大GK宮崎

 第3Q、32分東海学院#21小早川志が巧みなボールさばきでサークル進入し、リバースシュートを放ち追加点をあげる。その後も東海学院は右サイドから連携したパスワークで聖泉ゴールを狙う。得点を取りたい聖泉は粘り強い守備から反転を狙うが東海学院の安定した守備により中盤までしか攻め上がれない。38分東海学院はえぐり込みからパスを受けた#5塚田がプッシュシュートで5点目をあげる。44分東海学院はセンタリングを受けた#23佐守が落ち着いてシュートを決め6-0と点差を広げる。
 第4Qに入っても東海学院の猛攻は止まらない。51分に東海学院#21小早川志が7点目を決め、その後#21小早川志を中心に攻め込むが聖泉の懸命な守備で得点できない。聖泉はパスを繋ぎ攻撃を試みるが東海学院の守備陣を崩すことができない。59分東海学院はPCを取得。#2岡田の強烈なヒットが右下に決まり追加点。そのまま試合が終了し、東海学院が8-0で勝利した。

ハットトリックの活躍を魅せた東海学院#21小早川

試合詳細

back to top