WOMEN

  • コカ・コーラウエストレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東海学院大学
  • 駿河台大学 LADYBIRDS
  • 東京ヴェルディホッケーチーム

H1

  • 岐阜朝日クラブ
  • LIEBE 栃木
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • ヴェルコスタ福井
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • BlueSticks SHIGA

H2

  • ALDER飯能
  • 福井工業大学
  • 東京農業大学
  • 小矢部RED OX
  • 法政大学
  • 駿河台大学
  • Selrio島根
  • フリークス東京
2020.10.25

CCRが南都銀行に勝利、得失点差でBプール1位通過(女子・広島広域公園第二球技場)

高円宮牌2020ホッケー日本リーグ女子は25日、広島県広島市・広島広域公園第二球技場にてレギュラーステージ第8日を開催しました。

10:00 天理大学ベアーズ 3-0 聖泉大学

 天理大学べアーズのセンターパスにより第1Qが開始された。2分、天理大学が右サイドよりサークル内に侵入し、#23川原が混戦の中、落ち着いてシュートを放つ。見事、先制点を獲得し、1-0となる。5分、聖泉大学も右サイドよりヒットパスにてサークル内への侵入を試みるも、パスが繋がらない。その後は天理大学のペースで試合が進むものの、聖泉大学の連携の取れた固い守備の前にチャンスを作ることができない。第1Q終了間際の14分、天理大学がPCを獲得する。天理大学の#7島田のストップパスから#11中口が華麗なシュートを放つも、これは枠を捉えることができない。そのまま第1Qが終了した。
 第2Qも立ち上がりから熾烈な攻防が繰り広げられる。聖泉大学もカウンターとロングパスからチャンスを演出するが、天理大学DF陣がこれを阻止。18分、聖泉大学の素早いカウンターを阻止しようと天理大学#24濱本がボールを奪いに行くも、結果これがファールになる。#24濱本にグリーンカードに出され、2分間の退場となる。人員を一人欠くこととなった天理大学となったが、危なげなくこのピンチを凌ぐ。21分、サークル内に侵入した天理大学は、#7島田が至近距離から強烈なシュートを放つも、聖泉大学#1GK稲葉の好セーブに阻まれる。幾度となく前線にボールを運んだ天理大学ではあったが、リズムを取り戻した聖泉大学の守備の前に得点を挙げられず、1-0のまま第2Qは終了した。

先制点と2点目を決めた天理大#23川原(中央)

 聖泉大学のセンターパスにより第3Qが開始された。第1Qのお返しとばかりに天理大学の立ち上がりを狙う聖泉大学ではあったが、天理大学のDF陣がこれを落ち着いて対応。34分、左サイドよりサークル内に侵入した天理大学は#26長谷川のパスに#23川原が反応した。見事なリバースシュートを決め、点差を2点に広げる。その後は終始、天理大学のペースで試合が進むも聖泉大学の守備が奮闘し、追加点を挙げられず、第3Qが終了した。
 第4Q開始直後、天理大学は猛攻をしかける。聖泉大学も堅牢な守備と素早いカウンターで応戦するも、天理大学のスピード感ある攻守の切り替えの前に決定機を演出することができない。49分、50分と立て続けに天理大学が聖泉大学サークル内に侵入し、混戦の中、幾度となくシュートを放つも聖泉大学#1GK稲葉の前に追加点を挙げることができない。52分、天理大学#36時田が右サイドより混戦から抜け出し、リバースヒットを放つ。これがゴール左端に突き刺さり、3-0とする。攻撃が加速する天理大学は55分PCを獲得する。強烈なシュートを放つ天理大学ではあったが、聖泉大学がこれを弾き返し、このピンチを一本で切る。更に勢いに乗る天理大学は58分、再びPCを獲得。しかし、三度の攻撃も得点につなげることはできない。その直後の59分、天理大学がPCを獲得する。天理大学#11中口が見事なドラッグシュートを放つも、これはゴール枠上部をかすめる。惜しくも追加点とはならなかったが、ここで試合終了のホイッスルが鳴る。天理大学べアーズvs聖泉大学の試合は3-0で天理大学べアーズの勝利となった。

52分、追加点を決めた天理大#36時田(中央)
幾度もナイスセーブをした聖泉大GK稲葉

試合詳細


12:30 コカ・コーラレッドスパークス 2-1 南都銀行SHOOTING STARS

 Bプール優勝の座をかけた試合はコカ・コーラレッドスパークスのセンターパスにより幕を開ける。両チーム、安定した立ち上がりを見せる第1Qだったが、先に仕掛けたのはコカ・コーラ。#10湯田のリバースパスによりサークル内に侵入する。2分、再び右サイドより攻撃をしかけるレッドスパークスは#17山田がリバースシュートを放つ。しかし、これは南都銀行#1GK前川がゴールを許さない。さらに猛攻をしかけるコカ・コーラは3分、PCを獲得。#6大田がスイープシュートを放つも、わずかにボールが浮き、これはノーゴールとなる。勢いに乗るレッドスパークスは8分、再度PCを獲得する。なんとか凌ぎたい南都銀行であったが、サークル内でのファールによりPSを与えてしまう。ここをコカ・コーラ#2藤林が落ち着いて決め、先制点を獲得する。12分、南都銀行が攻勢に転じる。コカ・コーラサークル内への侵入を何度も仕掛けるものの、固い守備に弾き返されてしまう。その後、一進一退の攻防が続き、コカ・コーラ1点リードのまま第1Qが終了した。
 同点に追いつきたい南都銀行は第2Q立ち上がりから仕掛ける。速いパスワークと3Dドリブルを駆使し、猛攻をかけるが惜しくも得点に繋がらない。24分、コカ・コーラがサークル内に侵入し、#19河村がシュートを放つもこれは枠を捉えることができない。熾烈な攻防が繰り広げられた第2Qは両チーム譲らず1-0のまま終了した。

CCRの先制点はPSから#2藤林(左)

 第3Qは南都銀行SHOOTING STARSのセンターパスにより開始された。32分、コカ・コーラ#7三橋の強烈なシュートが南都銀行のゴールを脅かすが、#1GK前川が好セーブ。その後もコカ・コーラは立て続けにシュートを放つもゴールを奪うことができない。35分、コカ・コーラ#17山田が一瞬の隙をつき、ドリブルで敵陣営へ疾走。#19河村への流れるような連携から強烈なリバースシュートが炸裂する。惜しくも得点とはならなかったが、コカ・コーラはこの攻撃でPCを獲得。しかしここは南都銀行の守備力が上回り、このピンチを凌ぐ。追加点が欲しいコカ・コーラと同点に追いつきたい南都銀行、両チーム互いに決定機を作らせず、1-0のまま第3Qが終了した。
 第4Qは開始と共に南都銀行が仕掛ける。ラインを高く保ち、果敢にボールを奪いに行く。試合が動いたのは49分、見事なカウンターから敵陣営に侵入する南都銀行。ヒットパスに反応した#15鳥山が値千金のタッチシュート。これがゴールネットを揺らし、1-1に追いついた。同点とされたコカ・コーラは猛烈な攻撃を仕掛ける。幾度となくサークル内に侵入するコカ・コーラは54分、一瞬の隙をついた#4浅井が飛び出し、リバースシュートを放つ。これが南都銀行ゴールに突き刺さり、2-1となる。再度、コカ・コーラがリードした。その後、追いつきたい南都銀行は猛攻を仕掛けるが、試合終了のホイッスルが鳴る。コカ・コーラレッドスパークスvs南都銀行SHOOTING STARSの試合は2-1でコカ・コーラレッドスパークスが勝ちきった。この試合によりBプールの覇者はコカ・コーラレッドスパークスとなった。

50分、#15鳥山のゴールで同点に追いついた南都銀行
終了間際の勝ち越しゴールを決め喜ぶ#4浅井
必死の南都銀行ディフェンス

試合詳細

back to top