WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
2022.11.13

天理大BがA飯能に8-1で勝利し3位 (男子H1・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場)

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ男子H1は、13日、栃木県日光市・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場にてシーズンファイナル最終日・3位決定戦を開催しました。

12:00 天理大学ベアーズ 8-1 ALDER飯能

飯能のセンターパスにより試合が開始された。開始早々、試合が動く。第1Q1分、飯能は右サイドから崩すと、ゴール前で待っていた#10粕谷が押し込み先制する。対する天理は5分、#24白糀が角度のないところからヒットシュートを決め、1-1の同点に追いつく。続く6分、天理#20山堀がリバースシュートを決め、2-1と逆転する。さらに天理は10分、#10松島がサークルトップから振り向きざまにヒットシュートを決めリードを広げる。飯能も12分にPCを獲得するが、得点には至らない。第2Qも天理が優位に試合を進め、17分、右サイドからのパスを#26村上がダイレクトシュートで4-1。続く18分、天理の鮮やかなパスワークにより、最後は#10松島が押し込み5-1。さらに19分、天理はPCを獲得すると、#7山本がタッチシュートを決め6-1。天理の大量リードで前半を折り返す。

開始40秒で先制点を決めたA飯能#10粕谷
A飯能GK#1千田が全身でセーブ

第3Q、一進一退の攻防が続く中、39分、飯能の攻撃からボールを奪った天理は、見事なパス回しから最後は#11田中が決め7-1。第4Q、得点のほしい飯能はチャンスを作るが、得点することができない。52分、天理の速い攻撃で相手のミスを誘いPSを獲得すると、#15永吉が決め8-1と試合を決定づける。このまま試合は終了し、8-1で天理が勝利し、今シーズン3位となった。

攻撃陣が大爆発で大量8得点を決めた天理大B
3位決定戦を制した天理大B

試合詳細


<最終結果>
優勝  LIEBE 栃木(2年連続2度目の優勝)
準優勝 岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS
3位  天理大学ベアーズ
4位  ALDER飯能
5位  立命館ホリーズ
6位  山梨学院OCTOBER EAGLES

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ男子 昇降格・入替戦について

back to top