WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/04/23 13:15
コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)

オフィシャル

6 2 1Q 0 0
2 2Q 0
1 3Q 0
コカ・コーラレッドスパークス 1 4Q 0 天理大学ベアーズ

9´ PC 田村 綾菜

10´ FG 森 花音

16´ FG 河村 元美

30´ PC 森 花音

37´ FG 金藤 祥子

51´ PC 藤林 千子

得 点
カード

18´  佐々木 里紗

POM(Player Of the Match)

浅井 悠由

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
16 GK 1 田中 秋桜
X FB 2 藤林 千子
X FB 3 錦織 えみ
X FB 4 浅井 悠由
4 MF 5 金藤 祥子
FB 6 和田 茜
X MF 7 三橋 亜記
X FW 8 小早川 志穂
34 FW 9 江村 佳歩
7 MF 10 中込 紅莉
7 FW 11 田村 綾菜
X GK 12 中村 瑛香
8 FB 13 沖原 佳乃
4 MF 14 的場 斐那
4 FB 15 松 郁実
X MF 16 松本 夏波
X MF 18 尾本 桜子
X FW 19 河村 元美
5 MF 20 安達 あすか
X FB 24 浦田 果菜
X FW 22 森 花音
    
       
監督 NEIL HAWGOOD
先発 ポジション 背番号 選手名
X FB 2 濱本 妃奈
X FB 3 川畑 麻緒
X MF 4 中口 美羽
5 FW 5 宮田 夏帆
X MF 6 原田 愛里
7 MF 7 松田 楓
X FB 8 川原 菜月
8 MF 10 森永 沙紀
7 FB 11 永田 紗穂
X FW 15 五島 希
8 FB 16 青山 七海
X FW 17 長谷川 美優
X GK 18 大竹 美咲
14 FB 20 三上 舞子
11 FB 21 岸本 優理菜
X FW 26 村山 裕香
X FW 29 北山 真央
5 FW 32 内貴 萌愛花
X FW 34 佐々木 里紗
5 MF 35 石川 結衣
5 MF 37 小林 こゆき
31 GK 39 前田 美結
       
監督 長谷部 謙二

試合環境

スタジアム コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)
アンパイア 藤原 真由美、小原 直也
リザーブアンパイア 柳田 敏行
ビデオアンパイア 我妻 順子
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 影山 茂樹
スコアリングジャッジ 藤田 智惠子
タイミングジャッジ 塚本 沙織

記録

ポゼッション
68%
32%
サークル侵入
23
8
シュート
21
5
PC
3
3
PS
0
0

戦評

 天理大Bのセンターパスにより始まった第1Q。昨シーズン準優勝のCCRSが立ち上がりからピッチを支配する。9分、#11田村の鮮やかなタッチシュート。直後#22森も追加点を挙げる。あっという間にCCRSが2点リードした。第2QもCCRSの勢いは止まらない。17分、天理大B陣営に切り込んだ#19河村は華麗なパスワークの後、強烈なリバースシュートを叩き込む。点差を3点とした。カウンターを狙う天理大Bだが、CCRSの前線からのプレッシングによりボールを運ぶことができない。第2Q終了間際の29分、CCRSがPCを獲得する。混戦の中、#22森がこぼれ球に反応した。これを冷静に押し込み、4-0として第2Q終了。

 第3Q、反撃の手を見出し切れない天理大Bには苦しい時間が続く。ボール保持を高めていくCCRSは37分、再び天理大Bゴールを脅かす。数的有利の中、ゴール前の絶妙な位置でクロスを受けたCCRS#5金藤がスイープシュートを放ち、追加点。点差は5点に広がった。最終Qに入り、一段と迫力が増したCCRSは51分PCを獲得。ここを#2藤林がゴール右隅にシュートを放ち、追加点を挙げる。一矢報いたい天理大Bは細やかなパスワークでCCRS陣営に侵入を試みる。試合終了間際、天理大BがPCを獲得する。果敢にゴールを狙うも、CCRSの固い守備をこじ開けることができず、試合終了のホイッスルが鳴る。6ー0でCCRSが初戦を危なげなく勝利した。