WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/04/29 10:00
山梨学院ホッケースタジアム(山梨/甲府市)

オフィシャル

5 0 1Q 0 1
2 2Q 0
1 3Q 0
グラクソ・スミスクライン Orange United 2 4Q 1 駿河台大学 LADYBIRDS

21´ FG 柴田 ひかる

23´ FG 小宮 晴菜

37´ FG 田中 彩樹

51´ FG 五島 梨奈

56´ PC 伊藤 星

得 点

53´ FG 佐野 夏水

カード

POM(Player Of the Match)

柴田 ひかる

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
31 GK 1 河上 かりん
8 FB 2 佐藤 瑞帆
X FB 3 中村 詩織
X FB 4 中村 莉緒
X MF 5 加藤 夏美
X FB 6 山根 麻衣子
MF 7 村山 美穂
5 MF 8 柴田 ひかる
X FB 9 伊藤 由貴
X FW 10 渡邊 未彩季
5 MF 11 町田 未来
4 FW 12 小宮 晴菜
X FW 13 伊藤 星
7 MF 15 狐塚 由衣
X MF 16 田中 彩樹
X MF 17 狐塚 美樹
X GK 18 工藤 優
X FW 19 五島 梨奈
6 FB 20 米山 千春
    
    
    
       
監督 渡邊 あかね
先発 ポジション 背番号 選手名
GK 1 花井 里帆
X FB 2 阿久津 悠李
6 MF 3 名古屋 彩羽
X FB 4 加藤 杏梨
11 MF 5 池田 ひかり
11 FB 6 小笠原 玲菜
4 FW 7 鷲見 実香
8 MF 8 中島 みなみ
4 MF 9 橋本 萌生
X FW 10 遠藤 梨華
X MF 11 竹本 美月
X GK 12 齋藤 美咲
X FB 13 蔀 沙弥
X FB 14 鈴木 葵依
4 MF 15 秋山 香葉
FB 16 千葉 美優
11 MF 18 野崎 らむ
X FW 19 佐野 夏水
X FB 20 佐野 優水
X MF 21 馬場 玲奈
X FW 22 西 瑞希
25 GK 29 浪岡 栞奈
       
監督 久我 晃広

試合環境

スタジアム 山梨学院ホッケースタジアム(山梨/甲府市)
アンパイア 山田 恵美、稲元 南
リザーブアンパイア 圷 耕一
ビデオアンパイア 石橋 徹也
テクニカルデリゲート(TD) 西澤 英一郎
テクニカルオフィサー(TO) 菊池 玲子
スコアリングジャッジ 中込 夏未
タイミングジャッジ 河⻄ 夏帆

記録

ポゼッション
59%
41%
サークル侵入
28
2
シュート
22
1
PC
8
0
PS
0
0

戦評

 駿河台のセンターパスにより試合が開始される。試合開始早々、グラクソがサークル侵入からシュートを打つが得点には至らない。グラクソは果敢に攻めようとするがチャンスを決めきれない。第1Q終了間際、#19五島のロングパスがサークル内の#10渡邉につながり、リバースシュートを打つが、惜しくも枠を捉えることができない。無得点のまま第1Qが終了する。第2Q21分、グラクソ#8柴田がタッチシュートを決め1-0とリードする。23分グラクソ#12小宮のリバウンドからのシュートが決まり2-0となる。26分グラクソ#13伊藤がショートコーナーを獲得し、#6山根がヒットシュートを打つが駿河台のGK#29浪岡の好セーブにより得点には至らない。2-0でグラクソがリードしたまま後半へ折り返す。
 グラクソのセンターパスにより第3Qが開始される。35分グラクソがショートコーナーを取るが、駿河台の守備に阻まれ得点には至らない。37分グラクソ#12小宮のタッチシュートが決まり、3-0とリードする。得点がほしい駿河台も攻め込もうとするが得点には至らない。そのまま3-0で第3Qは終了する。第4Q、51分グラクソ#4中村からのパスを#19五島がタッチシュートを決め4-0とリードをひろげる。53分駿河台がカウンターで#19佐野がキーパーをかわし、シュートを決め4-1となる。56分グラクソは、ショートコーナーを獲得し#10渡邉からのシュートに#13の伊藤がタッチシュートを決め5-1となり、グラクソが勝利した。