WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/05/07 14:00
川崎重工ホッケースタジアム(岐阜/各務原市)

オフィシャル

2 0 1Q 1 3
0 2Q 0
2 3Q 1
東海学院大学 0 4Q 1 天理大学ベアーズ

38´ PC 松本 愛理

45´ PC 岩﨑 紗弥

得 点

8´ FG 石川 結衣

40´ FG 村山 裕香

60´ PS 中口 美羽

カード

POM(Player Of the Match)

五島 希

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 田中 南帆
X FB 2 松本 愛理
X FB 3 真田 遥果
13 FW 4 井上 遥香
X MF 5 岩尾 ひより
X FB 6 加藤 花梨
X MF 7 髙木 菜月
X MF 8 河合 珠音
X FW 9 遠藤 妃羅
X FW 11 品玉 結生
GK 12 松岡 真央
FB 14 岩舘 響希
X FB 15 小林 莉朋
7 FW 17 松木 玲
X MF 19 近藤 若菜
10 FW 20 鈴木 そら
8 FB 21 岩﨑 紗弥
FW 22 大谷 海愛
FW 24 日髙 楓
7 FW 25 金剛 理恵
MF 26 浅井 美月
FB 27 山﨑 和果
       
監督 小林 和典
先発 ポジション 背番号 選手名
X FB 2 濱本 妃奈
21 FB 3 川畑 麻緒
5 MF 4 中口 美羽
6 FW 5 宮田 夏帆
X MF 6 原田 愛里
X FB 8 川原 菜月
6 FB 9 内丸 七海
X MF 10 森永 沙紀
5 FB 11 永田 紗穂
60 FB 14 日高 優希
X FW 15 五島 希
14 FB 16 青山 七海
X FW 17 長谷川 美優
X GK 18 大竹 美咲
X FB 20 三上 舞子
X FB 21 岸本 優理菜
X FW 26 村山 裕香
X FW 29 北山 真央
14 FW 30 岡垣 空
6 MF 35 石川 結衣
5 MF 37 小林 こゆき
GK 39 前田 美結
       
監督 長谷部 謙二

試合環境

スタジアム 川崎重工ホッケースタジアム(岐阜/各務原市)
アンパイア 我妻 順子 、坪坂 知佳
リザーブアンパイア 加藤 拓馬
ビデオアンパイア 圷 耕一
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 菊池 玲子
スコアリングジャッジ 鷲見 沙帆
タイミングジャッジ 蛎崎 真菜

記録

ポゼッション
51%
49%
サークル侵入
14
22
シュート
6
11
PC
9
2
PS
0
2

戦評

 東海学院のセンターパスにより第1Qが開始された。3分天理大BがPCを取得。#20三上がスイープシュートを放ち、#10森永が合わせるが得点には至らない。8分天理大B#35石川がリバースシュートを決め、先制点を挙げる。その後は東海学院が攻め込むも、天理大Bの堅い守備に阻まれ、1-0で天理大Bがリードし、第1Qが終了する。第2Qに入り、19分東海学院#8河合がPCを取得。#2松本がフリックシュートを放つが、天理大Bのチャレンジが成功し、得点には至らない。23分東海学院#8河合がドリブルで切り込み、パスを受けた#9遠藤が右サイドからえぐるが、天理大BのDFに阻まれる。28分東海学院#松本がリバースシュートを放つが、天理大B#18GK大竹の好セーブにより阻まれ、1-0で天理大Bリードのまま第2Qが終了した。
 第3Qに入り、両チーム激しい攻防が繰り広げられる。38分東海学院がPCを取得。#2松本のフリックリュートが決まり追いつく。40分天理大B#26村山のリバースシュートが決まり、再び天理大Bがリードする。45分東海学院#2松本がドリブルで切り込み、PCを取得。#2松本のプッシュシュートに、#21岩﨑が合わせタッチシュートが決まり追いつく。2-2で第3Qが終了した。第4Q開始早々、東海学院がPCを取得。#2松本がプッシュシュートを放つが、天理大B#18GK大竹の好セーブにより阻まれる。50分東海学院#8河合がプッシュシュートを放つが、枠を捉えられない。58分天理大BがPCを取得。東海学院#8河合によりシュートを阻まれる。このまま終了かと思われた残り30秒、天理大Bがペナルティストロークを取得。これを#4中口が落ち着いて決め、3-2で天理大Bが勝利した。