WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/05/07 15:00
立命館OICフィールド(大阪/茨木市)

オフィシャル

0 0 1Q 0 2
0 2Q 0
0 3Q 2
立命館ホリーズ 0 4Q 0 グラクソ・スミスクライン Orange United
得 点

33´ FG 五島 梨奈

38´ PC 田中 彩樹

カード

POM(Player Of the Match)

柴田 ひかる

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 西垣 りの
6 FW 3 有岡 真緒
X FB 5 上野 真歩
X FW 6 竹澤 淳子
6 FW 7 松場 加菜
4 MF 8 藤沢 遥奈
X FB 9 田中 麻結
X FW 10 五島 千那美
X MF 11 佐々木 杏果
9 FB 12 島田 知華
FW 13 田井 美月
MF 14 小栁 瑠花
X MF 15 寺谷 深玖
GK 16 清水 陽菜
X FW 18 佐々木 杏
X FB 19 髙木 美沙希
6 MF 21 川口 暖加
X MF 23 大嶋 夏実
6 FW 24 柴田 あかり
FB 25 前神 彩乃
X FB 27 大塚 みなみ
5 FB 29 岸 明日香
       
監督 山田 雅哉
先発 ポジション 背番号 選手名
46 GK 1 河上 かりん
7 FB 2 佐藤 瑞帆
X FB 3 中村 詩織
X MF 4 中村 莉緒
X MF 5 加藤 夏美
X FB 6 山根 麻衣子
MF 7 村山 美穂
6 MF 8 柴田 ひかる
X FB 9 伊藤 由貴
X FW 10 渡邊 未彩季
5 MF 11 町田 未来
3 FW 12 小宮 晴菜
X FW 13 伊藤 星
7 MF 15 狐塚 由衣
X MF 16 田中 彩樹
X MF 17 狐塚 美樹
X GK 18 工藤 優
X FW 19 五島 梨奈
6 FB 20 米山 千春
    
    
    
       
監督 渡邊 あかね

試合環境

スタジアム 立命館OICフィールド(大阪/茨木市)
アンパイア 野澤 達、堀 詩以奈
リザーブアンパイア 西山 宏明
ビデオアンパイア 尾木 典隆
テクニカルデリゲート(TD) 安枝 和子
テクニカルオフィサー(TO) 中野 典子
スコアリングジャッジ 奥山 景子
タイミングジャッジ 松原 久

記録

ポゼッション
49%
51%
サークル侵入
11
19
シュート
2
10
PC
3
2
PS
0
0

戦評

立命のセンターパスにより試合が開始された。第1Q9分、立命FW#24柴田がPCを獲得するが、GSKが守り0-0で第1Qが終了する。第2Q開始早々、立命FW#6竹澤がPCを獲得するが、得点には至らない。18分、GSKが攻め入り、FW#10渡邊がシュートを打つが、惜しくも枠を外れ、得点には至らない。25分、立命がカウンターを仕掛けるが、パスが繋がらない。一方、GSKはパスを繋ぎ攻めるが、立命の堅い守備により、サークルに侵入することができない。両チーム無得点のまま第2Qが終了する。第3Q開始早々、GSKが打ち込みを中心に攻め入る。33分、GSKFW#19五島が押し込み、待望の先制点を挙げる。38分、GSKがPCを獲得する。MF#16田中のタッチがゴールとなり0-2とする。攻撃の手を緩めないGSKは40分、再びPCを獲得するが得点には至らず、第3Qが終了する。第4Q開始早々、GSKが攻め入り#16田中がシュートするが、立命GK#1西垣の好セーブにより得点できない。48分、立命もシュートするが枠を捉えられず、得点には至らない。その直後、GSKがカウンターを仕掛けシュートを放つも、立命FB#5上野の堅い守備により得点には結びつかない。57分、GSKが立て続けにサークル内に攻め入るが、得点には繋がらない。点を返したい立命だったが、GSKの堅い守備により無得点に終わり、GSKが勝ち点を9とした。