WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/09/11 11:00
立命館OICフィールド(大阪/茨木市)

オフィシャル

3 2 1Q 0 0
1 2Q 0
0 3Q 0
東海学院大学 0 4Q 0 駿河台大学 LADYBIRDS

4´ FG 品玉 結生

7´ PC 近藤 若菜

26´ FG 近藤 若菜

得 点
カード

48´  中島 みなみ

POM(Player Of the Match)

近藤 若菜

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 田中 南帆
X FB 2 松本 愛理
X FB 3 真田 遥果
X FW 4 井上 遥香
X MF 5 岩尾 ひより
X FB 6 加藤 花梨
X MF 7 髙木 菜月
X MF 8 河合 珠音
MF 10 大類 かんな (C)
X FW 11 品玉 結生
10 FW 13 遠藤 風蘭
X FB 15 小林 莉朋
7 FW 17 松木 玲
X MF 19 近藤 若菜
7 FW 20 鈴木 そら
7 FB 21 岩﨑 紗弥
7 FW 25 金剛 理恵
27 MF 26 浅井 美月
51 GK 28 佐藤 玲美
MF 29 田畑 もみじ
    
    
       
監督 小林 和典
先発 ポジション 背番号 選手名
16 GK 1 花井 里帆
X FB 2 阿久津 悠李 (C)
X MF 3 名古屋 彩羽
X FB 4 加藤 杏梨
11 MF 5 池田 ひかり
7 FB 6 小笠原 玲菜
X FW 7 鷲見 実香
X MF 8 中島 みなみ
X MF 9 橋本 萌生
X FW 10 遠藤 梨華
X MF 11 竹本 美月
X GK 12 齋藤 美咲
X FB 13 蔀 沙弥
X FB 14 鈴木 葵依
4 FB 16 千葉 美優
    
    
    
    
    
    
    
       
監督 久我 晃広

試合環境

スタジアム 立命館OICフィールド(大阪/茨木市)
アンパイア 藤原 真由美、山根 真穂
リザーブアンパイア 堀 詩以奈
ビデオアンパイア 稲元 南
テクニカルデリゲート(TD) 藤村 利道
テクニカルオフィサー(TO) 森 義彦
スコアリングジャッジ 橋本 名奈子
タイミングジャッジ 西田 啓

記録

ポゼッション
49%
51%
サークル侵入
43
4
シュート
24
2
PC
5
0
PS
0
0

戦評

駿河台のセンターパスにより第1Qが開始された。4分、東海学FW#11品玉が華麗なドリブルからリバースシュートを放ち先制点を挙げる。勢いに乗った東海学は6分、PCを獲得すると、MF#19近藤がこぼれ球を拾いリバースシュートを放ち、2点目を挙げる。10分、東海学がPCを獲得するも、駿河台GK#12齋藤の好セーブにより阻まれる。2-0で第1Qが終了する。17分、東海学MF#8河合がこぼれ球を拾いシュートを放つも、ゴール枠を捉えることはできない。20分、東海学MF#5岩尾がドリブルからリバースシュートを放つが、駿河台GK#1花井が体を張ったセービングを見せる。その後も東海学が果敢にも攻めるが得点することができない。27分、東海学#19近藤が豪快なヒットシュートを右上に決め、点差を広げる。3-0で東海学がリードしたまま第2Qが終了する。東海学のセンターパスにより第3Qが開始された。31分、駿河台がボールを奪いカウンターを仕掛けるも、東海学GK#1田中の好セーブにより阻まれる。東海学が優勢に試合を進めるが、追加点を挙げることができない。第3Qは両チーム得点を挙げることができず終了する。第4Qが開始され、1点を返したい駿河台は果敢に攻めるが、東海の堅い守備に阻まれ得点を得ることができない。57分、東海学#11品玉がパスを受けてヒットシュートを放つがポストに当たり得点を挙げることができない。その後、東海学がPCを獲得しFB#2松本がフリックを放つが駿河台の守備に阻まれる。そのまま試合が終了し、3-0で東海学が勝利した。