WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/10/23 12:15
今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)

オフィシャル

8 1 1Q 0 0
3 2Q 0
1 3Q 0
立命館ホリーズ 3 4Q 0 駿河台大学 LADYBIRDS

1´ FG 佐々木 杏

24´ FG 岸 明日香

28´ FG 五島 千那美

30´ PC 佐々木 杏

34´ FG 佐々木 杏

46´ PC 有岡 真緒

54´ PS 五島 千那美

59´ PC 大嶋 夏実

得 点
カード

POM(Player Of the Match)

佐々木 杏

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 西垣 りの
6 FW 3 有岡 真緒
X FB 5 上野 真歩
X FW 6 竹澤 淳子
57 FW 7 松場 加菜
6 MF 8 藤沢 遥奈
X FB 9 田中 麻結
X FW 10 五島 千那美
X MF 11 佐々木 杏果 (C)
6 FB 12 島田 知華
MF 14 小栁 瑠花
X MF 15 寺谷 深玖
54 GK 16 清水 陽菜
X FW 18 佐々木 杏
X FB 19 髙木 美沙希
6 MF 21 川口 暖加
X FB 22 堀川 真有里
X MF 23 大嶋 夏実
6 FW 24 柴田 あかり
5 FB 27 大塚 みなみ
12 FB 28 鳴田 日南
6 FB 29 岸 明日香
       
監督 山田 雅哉
先発 ポジション 背番号 選手名
31 GK 1 花井 里帆
X FB 2 阿久津 悠李 (C)
39 MF 3 名古屋 彩羽
X FB 4 加藤 杏梨
X MF 5 池田 ひかり
12 FB 6 小笠原 玲菜
7 FW 7 鷲見 実香
X MF 8 中島 みなみ
X MF 9 橋本 萌生
X FW 10 遠藤 梨華
8 MF 11 竹本 美月
X GK 12 齋藤 美咲
X FB 13 蔀 沙弥
X FB 14 鈴木 葵依
21 FB 16 千葉 美優
X FW 19 佐野 夏水
7 FB 20 佐野 優水
X MF 21 馬場 玲奈
    
    
    
    
       
監督 久我 晃広

試合環境

スタジアム 今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)
アンパイア 相馬 知恵子、山岸 有希
リザーブアンパイア 児玉 茂樹
ビデオアンパイア 栗原 崇
テクニカルデリゲート(TD) 西澤 英一郎
テクニカルオフィサー(TO) 菊池 玲子
スコアリングジャッジ 榎倉 秀一
タイミングジャッジ 若林 美枝

記録

ポゼッション
61%
39%
サークル侵入
42
7
シュート
20
4
PC
8
1
PS
1
0

戦評

 立命のセンターパスで試合が開始される。第1Q開始早々1分、立命#18佐々木が右サイドから豪快なリバースヒットを決め、先制する。4分には、立命が続けてPCを獲得するが、駿河台#4加藤が身体を張ってゴールを割らせない。そのまま立命が優勢に進めながら第1Qが終了する。第2Q24分、ゴール前で一瞬の隙をつき、立命#29岸がプッシュシュートを決める。続く28分にも立命が右サイドから崩し、ゴール前の混戦を#10五島が押し込み3-0とリードを広げる。さらに前半終了間際の30分、立命はPCから#18佐々木が合わせ、4-0で前半を折り返す。
 第3Q34分、ハーフラインから立命#18佐々木が独走し、リバースヒットで豪快に追加点を挙げる。40分、駿河台は立命のPC崩れのカウンターから#21馬場がゴールを狙うも、得点にはつながらない。その後は一進一退の攻防が続くが、両チーム得点には至らず第3Qが終了。第4Q開始早々46分、立命#3有岡がゴールキーパーの股下にヒットシュートを決め、6-0。54分にも立命はPSを獲得し、#10五島がそれを落ち着いて決める。さらに終了間際59分、立命はPCからこぼれ球を#23大嶋がPCが落ち着いて押し込み、試合を決定づける。このまま試合は終了し、8-0で立命が勝利した。