WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/10/23 14:30
今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)

オフィシャル

0 0 1Q 0 1
0 2Q 1
0 3Q 0
グラクソ・スミスクライン Orange United 0 4Q 0 ソニー HC BRAVIA Ladies
得 点

16´ FG 小林 愛実

 伊藤 星

20´  中村 詩織

カード

POM(Player Of the Match)

要石 里沙子

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
GK 1 河上 かりん
9 FB 2 佐藤 瑞帆
X FB 3 中村 詩織
X FB 4 中村 莉緒
X MF 5 加藤 夏美 (C)
X FB 6 山根 麻衣子
MF 7 村山 美穂
5 MF 8 柴田 ひかる
X FB 9 伊藤 由貴
4 FW 10 渡邊 未彩季
X FW 11 町田 未来
X FW 12 小宮 晴菜
4 FW 13 伊藤 星
FW 14 島谷 日菜子
5 MF 15 狐塚 由衣
X MF 16 田中 彩樹
X MF 17 狐塚 美樹
X GK 18 工藤 優
X FW 19 五島 梨奈
7 FB 20 米山 千春
    
    
       
監督 渡邊 あかね
先発 ポジション 背番号 選手名
GK 1 青木 珠美
X FB 2 吉原 紗羅
X FB 4 星 希巳加
5 FW 5 川口 花菜
X MF 6 八木 麻理菜
X FB 7 小川 里佳
X MF 8 佐々木 萌
X FW 9 永井 友理 (C)
X FW 11 今尾 明穂
5 FW 13 田中 香帆
6 MF 14 立岩 奈那子
X GK 16 要石 里沙子
X MF 17 小林 愛実
X FB 18 鈴木 美結
FW 19 佐守 風香
6 FW 20 小林 久留海
X FW 21 高島 瑠唯
3 FB 22 岸 明日香
6 MF 23 足立 依鞠
FW 25 岩田 楓
    
    
       
監督 永井 祐司

試合環境

スタジアム 今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)
アンパイア 山田 恵美、堀 詩以奈
リザーブアンパイア 山根 真穂
ビデオアンパイア 栗原 崇
テクニカルデリゲート(TD) 西澤 英一郎
テクニカルオフィサー(TO) 中野 典子
スコアリングジャッジ 木村 正直
タイミングジャッジ 福田 美由紀

記録

ポゼッション
50%
50%
サークル侵入
9
24
シュート
4
8
PC
2
3
PS
0
0

戦評

 ソニーのセンターパスで試合が開始される。両チームとも一歩も譲らず、目まぐるしく攻守が切り替わる。激しい攻防を繰り返すも、両チームともチャンスをつくることができず第1Qが終了。第2Q開始早々16分、ソニーは左からのセンターリングに#17小林が飛び込みながらタッチシュートを決め先制する。23分、GSKがロングボールでゴール前まで攻め上がるも、シュートを打つことができない。対するソニーも終了間際30分、PCを獲得するが#7小川のフリックシュートもGSK#18工藤のセーブで追加点を挙げることができない。1-0とソニーリードで前半が終了する。
 第3Q、両チーム一進一退の攻防が続くも、互いにチャンスをつくることができず、1-0のまま第3Qが終了。第4Q49分、ソニーがスルーパスで抜け出しGKと1対1になるも、GSKのGK#18工藤がタイミングよく飛び出してセーブする。GSKも左サイドから細かいパスをつなぎ攻め上がるも、ソニーの堅守を崩すことができない。55分、ソニーがPCするも、GSKの守備陣がゴールを許さない。57分、GSKがPCを獲得するも、ソニーの守備陣の体を張ったプレーで得点を許さない。GSKもスクープを使い懸命に攻めるも、ソニーの守備を崩すことができず、試合はそのまま終了。1-0でソニーが勝利した。