WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2023/01/22 13:30
大井ホッケー競技場(東京/品川区・大田区)

オフィシャル

3 1 1Q 1 3
2 2Q 0
0 3Q 0
0 4Q 2
ソニー HC BRAVIA Ladies 0 SO 2 コカ・コーラレッドスパークス

15´ PC 小川 里佳

20´ FG 高島 瑠唯

30+´ PC 高島 瑠唯

得 点

13´ FG 藤林 千子

49´ PC 浦田 果菜

52´ PS 松本 夏波

カード

POM(Player Of the Match)

松本 夏波

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X FB 2 吉原 紗羅
X MF 3 坪内 萌花
X FB 4 星 希巳加
MF 5 川口 花菜
7 MF 6 八木 麻理菜
X FB 7 小川 里佳
X MF 8 佐々木 萌
X FW 9 永井 友理 (C)
X FW 11 今尾 明穂
5 FW 13 田中 香帆
4 MF 14 立岩 奈那子
X FW 15 田中 花歩
X GK 16 要石 里沙子
X MF 17 小林 愛実
X FB 18 鈴木 美結
FW 19 佐守 風香
7 FW 20 小林 久留海
4 FW 21 高島 瑠唯
5 FB 22 岸 明日香
MF 23 足立 依鞠
FW 25 岩田 楓
    
       
監督 永井 祐司
先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 田中 秋桜
6 FB 2 藤林 千子
X FB 3 錦織 えみ
X FB 4 浅井 悠由 (C)
4 FB 6 和田 茜
MF 7 三橋 亜記
X FW 8 小早川 志穂
6 FW 9 江村 佳歩
X MF 10 中込 紅莉
X FW 11 田村 綾菜
GK 12 中村 瑛香
X FB 13 沖原 佳乃
5 MF 14 的場 斐那
7 FB 15 松 郁実
X MF 16 松本 夏波
X MF 18 尾本 桜子
8 MF 20 安達 あすか
X FW 22 森 花音
4 FW 23 深田 麻実子
X FB 24 浦田 果菜
    
    
       
監督 NEIL HAWGOOD

試合環境

スタジアム 大井ホッケー競技場(東京/品川区・大田区)
アンパイア 相馬 知恵子、佐竹 由加里
リザーブアンパイア 稲元 南
ビデオアンパイア 氏家 健太
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 菊池 玲子
スコアリングジャッジ 栗原 崇
タイミングジャッジ 越湖 隆一

記録

ポゼッション
32%
68%
サークル侵入
7
13
シュート
4
9
PC
4
5
PS
0
1

戦評

 CCRSのセンターパスにより試合が開始された。13分CCRSは左から大きくサイドを変え、サークル内3対2の場面で右サイドからのファーストシュートをソニーGK#16要石が止めるもリバウンドをFB#2藤林が落ち着いて決め先制。直後の15分にSONYがPCを獲得。DFのスティックをはじくFB#7小川の強烈なフリックシュートがゴール右上に決まり同点とする。第2Qに入り、20分ソニーはビハインドFHから左サイドを縦に繋ぎ、FW#21高島がリフトを使った巧みなドリブルで相手DFをかわしGKの動きをよく見たループシュートで逆転のゴールを決めて2-1とする。第2Q残り10秒でソニーがFW#13田中のドリブルでのサークリインからPCを獲得。エキストラタイムに入って連続したPCで#18FB鈴木のフリックシュートをCCRSGK#1田中が防ぐも、リバウンドを#21高島に押し込まれソニーがCCRSを3-1と突き放して第2Qが終了。
 点差を縮めたいCCRSは第3Q立ち上がりから積極的にプレスを仕掛けるも焦りからか決定的な場面を作ることができない。一方ソニーはスピードあるFWが1対1の場面からチャンスをつくるなど両者譲らず、両チーム追加点を奪えないまま第4Qを迎える。第4Q、49分CCRSはPCからDF#24浦田のフリックシュートが決まり3-2と点差を縮めた。引き分けに持ち込みたいCCRSは52分再びPCを獲得、FB#4浅井が放ったシュートをソニーDFが故意に体で止めたとしてPSとなる。#16MF松本が落ち着いて右下段に同点ゴールを突き刺した。
 3-3の同点となりSO戦に突入。CCRS#1GK田中が好セーブを連発しソニーを無失点に抑える。CCRSはFW#22森、#4浅井が得点を決め2-0でSO戦を制した。