WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
ファイナルステージ
2023/02/05 13:30
コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)

オフィシャル

0 0 1Q 1 3
0 2Q 0
0 3Q 1
南都銀行 SHOOTING STARS 0 4Q 1 コカ・コーラレッドスパークス
得 点

2´ PC 中込 紅莉

45´ PC 小早川 志穂

58´ PC 小早川 志穂

15´  島田 あみる

カード

POM(Player Of the Match)

錦織 えみ

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
6 MF 2 山本 星来
X MF 3 澤田 未梨美
27 FW 5 長谷川 和
X MF 6 島田 あみる
X MF 7 白石 莉奈子
X FW 10 狩野 真美
X FB 11 村岡 愛美
X GK 12 笹木 美里
X FW 13 荒川 千夏
FB 14 岡田 聖奈
X FW 15 鳥山 麻衣
X FB 18 山口 舞
X FB 19 早戸 和希 (C)
FW 20 西村 文伽
12 FB 21 尾本 桃子
X FW 22 橋本 亜蘭
    
    
    
    
    
    
       
監督 粥川 幸司
先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 田中 秋桜
7 FB 2 藤林 千子
X FB 3 錦織 えみ
X FB 4 浅井 悠由 (C)
4 FB 6 和田 茜
6 MF 7 三橋 亜記
X FW 8 小早川 志穂
6 FW 9 江村 佳歩
X MF 10 中込 紅莉
X FW 11 田村 綾菜
X FB 13 沖原 佳乃
6 MF 14 的場 斐那
8 FB 15 松 郁実
X MF 16 松本 夏波
X MF 18 尾本 桜子
6 MF 20 安達 あすか
X FW 22 森 花音
FW 23 深田 麻実子
X FB 24 浦田 果菜
GK 30 逢澤 衿香
    
    
       
監督 NEIL HAWGOOD

試合環境

スタジアム コカ・コーラレッドスパークスホッケースタジアム(広島/広島市)
アンパイア 山田 恵美、我妻 順子
リザーブアンパイア 稲元 南
ビデオアンパイア 藤原 真由美
テクニカルデリゲート(TD) 今庄 充世
テクニカルオフィサー(TO) 苅谷 和代
スコアリングジャッジ 藤田 智恵子
タイミングジャッジ 葉田 幸代

記録

ポゼッション
29%
71%
サークル侵入
7
21
シュート
1
17
PC
0
7
PS
0
0

戦評

 南都のセンターパスにより開始された第1Q。立ち上がりを狙うCCRは2分、PCを獲得する。ここをMF#10中込がゴール左隅に落ち着いて決め先制。CCRは幸先の良いスタートを切った。その後は一進一退の攻防が続き、互いに譲らず第1Qを終える。高いポゼッションを誇るCCRに堅い守備と素早いカウンターで応戦する南都。互いに決定機を与えず、第2Qが終了。1−0とCCRのリードで前半を終える。
 追加点の欲しいCCRは後半の第3Qも巧みなパスワークから果敢にゴールを狙うも南都DF陣がこれを阻む。拮抗する試合が動いたのは45分。本日幾度めかのPCを獲得したCCRは流れるようなパスからFW#8小早川が技ありのタッチシュート。これが南都のゴールネットを揺らし、待望の追加点がCCRに入る。最終、第4Q。点差を縮めたい南都は積極的にプレスを仕掛けるも、CCRの落ち着いた守備の前に決定的なチャンスを作ることができない。攻撃の手を緩めることのないCCRは58分、PCを獲得。南都GK#12笹木の好セーブによりピンチを切り抜けたかのように思えたが、それに反応したのは再びCCR小早川。敵味方が入り混じる混戦の中、巧みなボールコントロールによって送り出されたシュートは美しい弧を描きゴールに吸い込まれた。終わってみれば3−0とCCRの快勝で試合は幕を閉じた。