WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
高円宮牌2022ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2022/04/10 12:00
山梨学院ホッケースタジアム(山梨/甲府市)

オフィシャル

2 1 1Q 0 2
0 2Q 1
0 3Q 0
1 4Q 1
岐阜朝日クラブ BLUE DEVILS 3 SO 1 天理大学ベアーズ

14´ PS 千葉 健寛

46´ FG 小沢 諒

得 点

29´ PC 永吉 拳

52´ FG 田中 太晟

44´  松本 幸也

カード

 永吉 拳

57´  松島 貴也

POM(Player Of the Match)

田中 世蓮

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
X FW 1 河邉 皓星
X FB 3 井上 拓哉
X FB 4 藤井 辰憲
8 FB 5 加藤 宏明
X MF 6 永井 祐真
20 MF 7 高島 寛司
X MF 8 田中 世蓮
5 FW 9 杉下 尚也
X FW 10 福田 健太郎
5 FW 12 佐橋 翔太
11 FW 13 堀江 幸聖
14 FW 14 縣 諄
5 MF 15 福田 昇司
X MF 18 落合 晴輝
GK 20 北河 拓実
X FB 22 丹羽 巧磨
13 FB 23 川崎 龍人
X FB 24 千葉 健寛
21 FB 25 松本 幸也
X FW 27 小沢 諒
X GK 30 吉川 貴史
    
       
監督 長屋 恭一
先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 坂口 尚哉
X FB 3 渡部 純
X FB 4 森 丈一郎
X MF 7 山本 淳貴
4 MF 8 渡辺 奎太
4 MF 9 松﨑 唯斗
X MF 10 松島 貴也
X FW 11 田中 翼
X MF 12 和田 公志
4 FW 13 丸山 奏
X FB 15 永吉 拳
14 MF 16 奥谷 銀二
5 FB 17 新貝 凜
16 GK 18 黒田 紀彰
12 FW 20 山堀 裕陽
X FW 21 千葉 友貴
23 MF 23 中田 瑞輝
X FW 24 白椛 樹也
10 FB 25 石﨑 有真
X FB 27 伏谷 周真
7 FW 29 田中 太晟
11 FB 36 中井 壮汰
       
監督 穴井 善博

試合環境

スタジアム 山梨学院ホッケースタジアム(山梨/甲府市)
アンパイア 氏家 健太、木下 英貴
リザーブアンパイア 戸塚 洋介
ビデオアンパイア 相馬 知恵子
テクニカルデリゲート(TD) 千野 雅人
テクニカルオフィサー(TO) 菊池 玲子
スコアリングジャッジ 内藤 恵太
タイミングジャッジ 中澤 杏

記録

ポゼッション
54%
46%
サークル侵入
17
15
シュート
8
7
PC
3
2
PS
1
0

戦評

天理大のセンターパスにより試合が開始される。両チーム激しい攻防を繰り広げるが中々得点には至らない。13分岐阜朝日がPCを獲得する。岐阜#24千葉の打ったシュートが天理大のDFの足に当たりPSとなる。岐阜朝日#24千葉がPSによってシュートを決め1-0と先制する。そのまま第1Qは岐阜朝日のリードで終了する。第2Q19分、岐阜朝日がPCを獲得し追加点を狙うが、得点には至らない。その後、両チーム一進一退の攻防を繰る広げるがゴールには至らない。27分天理がPCを獲得し#15永吉がシュートを決め、1-1と同点に並ぶ。そのまま第2Qは終了し、1-1の同点で後半へ折り返す。岐阜朝日のセンターパスにより第3Qが開始される。33分天理がPCを獲得するも得点にはいたらない。38分岐阜朝日がPCを獲得するも天理大の守備に阻まれ、ゴールを決められない。その後も接戦が続くが、両チームと得点することができず1-1のまま第3Qは終了する。第4Q46分岐阜朝日#27小沢がヒットシュートをゴールに決め、2-1と岐阜が再度リードした。52分天理大#29田中からのセンタリングを、#13丸山がタッチシュートを決める。これにより2-2となり同点に並ぶ。そのまま第4Qは終了し、2-2の同点でSO戦が行われる。SO戦の結果、3-1で岐阜朝日が勝利した。