WOMEN

  • コカ・コーラレッドスパークス
  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 天理大学ベアーズ
  • 立命館ホリーズ
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

H2

  • ヴェルコスタ福井
  • BlueSticks SHIGA
  • 小矢部RED OX
  • Selrio島根
  • 東京農業大学
  • フリークス東京
  • 駿河台大学
  • 法政大学
高円宮牌2023ホッケー日本リーグ
レギュラーステージ
2023/06/03 14:00
今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)

オフィシャル

2 0 1Q 1 1
1 2Q 0
0 3Q 0
LIEBE栃木 1 4Q 0 ALDER飯能

16´ FG 大嶋 雄飛

50´ FG 星 卓

得 点

5´ FG 深見 泰雅

12´  和田 友道

22´  佐藤 有亮

35´  和田 友道

カード

38´  藤島 来葵

POM(Player Of the Match)

星 卓

POMとは勝敗に関わらず、最も活躍した選手1名を選出します

メンバー

先発 ポジション 背番号 選手名
20 FB 1 大嶋 鴻太
X MF 2 下畝地 洸聖
8 MF 3 和田 友道
X FB 4 霧下 義貴
5 FW 5 佐藤 有亮
7 FB 6 江田 司
X FW 7 加藤 凌聖
X FW 8 大嶋 雄飛
X FB 9 大橋 雅貴
X MF 10 星 卓 (C)
43 FW 12 髙橋 一晟
GK 13 若林 勝己
X FB 14 大橋 飛人
X FB 15 永吉 拳
5 FB 16 植木 涼太
5 FW 17 大岡 凌磨
5 MF 18 湯澤 雅也
FB 20 水口 湧太
X GK 27 森田 陽介
X MF 29 村田 和麻
X MF 30 落合 大将
    
       
監督 福田 敏昭
先発 ポジション 背番号 選手名
X GK 1 千田 拓美
X FB 2 浦前 良平
X FB 3 安部 竜之介 (C)
X FB 4 島田 航介
X MF 5 藤島 来葵
8 FB 6 吉村 俊也
X MF 7 田村 圭梧
X FW 8 浅見 恒
X FW 9 深見 泰雅
5 FW 10 粕谷 徹
X FW 11 北里 謙治
X FW 12 引木 智徳
5 FW 13 渡邊 啓斗
10 FW 15 丸山 昇太
GK 16 平澤 駿
10 FB 17 平澤 翔
8 MF 18 花澤 空
5 MF 24 山水 翼瑳
5 FW 25 水本 祐輔
X FB 28 清水 遥斗
9 MF 29 福島 駿介
GK 26 森本 康介
       
監督 藤島 弘介

試合環境

スタジアム 今市青少年スポーツセンター人工芝競技場(栃木/日光市)
天候 晴れ
観客数 177人
アンパイア 木下 英貴、加藤 拓馬
リザーブアンパイア 渡邉 道彦
ビデオアンパイア 湯澤 望
テクニカルデリゲート(TD) 西澤 英一郎
テクニカルオフィサー(TO) 森 義彦
スコアリングジャッジ 駒田 文雄
タイミングジャッジ 福田 美由紀

記録

ポゼッション
62%
38%
サークル侵入
30
5
シュート
23
4
PC
10
2
PS
0
0

戦評

ALDER飯能のセンターパスにより試合が開始される。両チーム共、スクープパスを多用し攻撃を仕掛ける。第1Q5分、飯能#9深見のヒットシュートによる先制点を挙げる。栃木が優位に試合を進めるが、飯能のリードで第1Qが終了した。第2Q開始早々、栃木はインターセプトからシュートまで繋げるが得点することができない。16分、栃木は巧みなパスワークでボールを繋ぎ、最後は#8大嶋が押し込み、1-1と試合を振り出しに戻す。その後は試合展開が早くなる。飯能はスペースをうまく使い攻撃を仕掛けるが得点に繋がらない。一方の栃木は、25分にPCを獲得するが、飯能の堅い守備により得点することができない。このまま同点のまま、前半を折り返す。
第3Q1分、栃木のシュートを飯能GKのナイスセーブにより得点を許さない。その後は栃木の攻撃が続き、8分にPCを獲得するが、シュートに至らない。11分にもPCを獲得するが、飯能GKのナイスセーブにより得点に繋がらない。1-1のまま最終Qを迎える。第4Qも栃木のペースで試合が展開され、50分、華麗なパスワークで前線に繋ぎ、最後は#10星のサークルトップからのヒットシュートで2-1と逆転に成功する。直後の51分に飯能はPCを獲得するが、栃木の守備により得点することができない。その後、栃木もPCを獲得するが、飯能の堅い守備により追加点を奪えない。両チーム共、お互いにチャンスをつかむも得点に繋がらず試合が終了。栃木が地元シリーズの初戦を2-1で勝利した。