WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
2022.09.11

天理大Bが立命館Hを抑え2連勝、東海学院が駿河台Lに勝利(女子・立命館OICフィールド)

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ女子は11日、大阪府茨木市・立命館OICフィールドにて2試合開催しました。

11:00 東海学院大学 3-0 駿河台大学 LADYBIRDS

駿河台のセンターパスにより第1Qが開始された。4分、東海学FW#11品玉が華麗なドリブルからリバースシュートを放ち先制点を挙げる。勢いに乗った東海学は6分、PCを獲得すると、MF#19近藤がこぼれ球を拾いリバースシュートを放ち、2点目を挙げる。10分、東海学がPCを獲得するも、駿河台GK#12齋藤の好セーブにより阻まれる。2-0で第1Qが終了する。17分、東海学MF#8河合がこぼれ球を拾いシュートを放つも、ゴール枠を捉えることはできない。20分、東海学MF#5岩尾がドリブルからリバースシュートを放つが、駿河台GK#1花井が体を張ったセービングを見せる。その後も東海学が果敢にも攻めるが得点することができない。27分、東海学#19近藤が豪快なヒットシュートを右上に決め、点差を広げる。3-0で東海学がリードしたまま第2Qが終了する。

右サイドを突破して先制点を決めた東海学院#11品玉
東海学院のPC
2得点を決めPOMに選ばれた東海学院#19近藤

東海学のセンターパスにより第3Qが開始された。31分、駿河台がボールを奪いカウンターを仕掛けるも、東海学GK#1田中の好セーブにより阻まれる。東海学が優勢に試合を進めるが、追加点を挙げることができない。第3Qは両チーム得点を挙げることができず終了する。第4Qが開始され、1点を返したい駿河台は果敢に攻めるが、東海の堅い守備に阻まれ得点を得ることができない。57分、東海学#11品玉がパスを受けてヒットシュートを放つがポストに当たり得点を挙げることができない。その後、東海学がPCを獲得しFB#2松本がフリックを放つが駿河台の守備に阻まれる。そのまま試合が終了し、3-0で東海学が勝利した。

駿河台は後半に速攻から幾度かチャンスを作るがゴールならず

試合詳細


13:00 立命館ホリーズ 0-2 天理大学ベアーズ

天理のセンターパスにより第1Qが開始された。開始早々、天理が怒涛の攻撃を仕掛け5分、PCを獲得するも、立命GK#1西垣の好セーブに阻まれる。14分、立命FW#10五島がPCを獲得するも得点には至らない。激しい攻防が続くも得点には至らず、両チーム無得点のまま第1Qを終えた。22分、立命FW#3有岡がシュートを放つも天理GK#40佐々木に阻まれる。25分、天理も猛攻を仕掛けシュートを放つも、立命の堅い守備に阻まれ得点することができない。両チーム無得点のまま前半を終えた。

攻撃の起点となった立命館#10五島

立命のセンターパスにより第3Qが開始された。32分、天理がPCを獲得し、FW#26村山がこぼれ球を決め先制点を挙げる。35分、立命MF#11佐々木がPCを獲得するも天理の堅い守備に阻まれ得点することができない。天理のペースで試合が進む中41分、天理がPCを獲得するも、立命#1西垣が好セーブを見せ追加点を許さない。第4Qに入り1点を返したい立命はFB#22堀川のセンタリングからゴールを狙うが、惜しくもゴール枠を捉えることが出来ない。58分、天理がPCを獲得すると、混戦の中からFW#34佐々木がタッチでゴールを決め立命を引き離す。立命も果敢に攻めるがチャンスを物にすることが出来ない。そのまま試合が終了し、0-2で天理が勝利した。

先制点を決め喜ぶ#26村山
2点目を決めた天理#34佐々木

試合詳細

back to top