WOMEN

  • ソニーHC BRAVIA Ladies
  • コカ・コーラレッドスパークス
  • 南都銀行SHOOTING STARS
  • 東海学院大学
  • グラクソ・スミスクラインOrange United
  • 山梨学院CROWNING GLORIES
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 東京ヴェルディホッケーチーム
  • 駿河台大学 LADYBIRDS

H1

  • LIEBE 栃木
  • 岐阜朝日クラブ
  • 立命館ホリーズ
  • 天理大学ベアーズ
  • 山梨学院OCTOBER EAGLES
  • ALDER飯能

H2

  • 表示灯フラーテルホッケーチーム
  • BlueSticks SHIGA
  • ヴェルコスタ福井
  • 小矢部RED OX
  • 福井工業大学
  • 駿河台大学
  • フリークス東京
  • 東京農業大学
  • 法政大学
  • Selrio島根
2022.10.23

SONYがGSKに1-0で勝利、立命館Hと天理大Bが勝利(女子・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場)

高円宮牌2022ホッケー日本リーグ女子は23日、栃木県日光市・今市青少年スポーツセンター人工芝競技場にて3試合開催しました。

10:00 天理大学ベアーズ 5-1 東京ヴェルディホッケーチーム

 天理のセンターパスで試合が開始される。天理がやや優勢に試合を進める。第1Q10分、東京はPCを獲得するが、シュートを天理GK#1瀧本が防ぐ。その直後、天理はPCを獲得するが、東京が守り切る。両チーム無得点のまま第1Qが終了。第2Q17分、天理は一瞬の隙をつき、#15五島がドリブルからプッシュシュートを決め先制する。続く26分、天理#34佐々木がヒットシュートを決め、2-0と天理リードで前半を折り返す。

2点目を決めた天理大Bの佐々木

 第3Q、得点がほしい東京は、サイドのスペースを使い攻めるも得点にはつながらない。一方の天理は、40分、ゴール前の混戦から#34佐々木が浮いたボールをダイレクトでゴールにたたき込み、3-0とリードを広げる。さらに45分、天理はPCから#26村山がリバウンドを押し込み4-0とし、最終Qを迎える。第4Q47分、東京がPCを獲得するが、天理GKの好セーブにより得点を許さない。一方の天理は52分、#26がリバウンドを決め、5-0と点差を突き放す。諦めない東京は57分、左サイドからのセンターリングに#5高橋が合わせ、待望の得点を挙げる。その後も東京は追加点を狙い果敢に仕掛けるが、そのまま試合終了。5-1で天理が勝利した。

1点を返した東京V#5高橋(右)

試合詳細


12:15 立命館ホリーズ 8-0 駿河台大学 LADYBIRDS

 立命のセンターパスで試合が開始される。第1Q開始早々1分、立命#18佐々木が右サイドから豪快なリバースヒットを決め、先制する。4分には、立命が続けてPCを獲得するが、駿河台#4加藤が身体を張ってゴールを割らせない。そのまま立命が優勢に進めながら第1Qが終了する。第2Q24分、ゴール前で一瞬の隙をつき、立命#29岸がプッシュシュートを決める。続く28分にも立命が右サイドから崩し、ゴール前の混戦を#10五島が押し込み3-0とリードを広げる。さらに前半終了間際の30分、立命はPCから#18佐々木が合わせ、4-0で前半を折り返す。

ペナルティーコーナーで守備につく駿河台大

 第3Q34分、ハーフラインから立命#18佐々木が独走し、リバースヒットで豪快に追加点を挙げる。40分、駿河台は立命のPC崩れのカウンターから#21馬場がゴールを狙うも、得点にはつながらない。その後は一進一退の攻防が続くが、両チーム得点には至らず第3Qが終了。第4Q開始早々46分、立命#3有岡がゴールキーパーの股下にヒットシュートを決め、6-0。54分にも立命はPSを獲得し、#10五島がそれを落ち着いて決める。さらに終了間際59分、立命はPCからこぼれ球を#23大嶋がPCが落ち着いて押し込み、試合を決定づける。このまま試合は終了し、8-0で立命が勝利した。

大量得点で勝利した立命館H

試合詳細


14:30 グラクソ・スミスクライン Orange United 0-1 ソニー HC BRAVIA Ladies

 ソニーのセンターパスで試合が開始される。両チームとも一歩も譲らず、目まぐるしく攻守が切り替わる。激しい攻防を繰り返すも、両チームともチャンスをつくることができず第1Qが終了。第2Q開始早々16分、ソニーは左からのセンターリングに#17小林が飛び込みながらタッチシュートを決め先制する。23分、GSKがロングボールでゴール前まで攻め上がるも、シュートを打つことができない。対するソニーも終了間際30分、PCを獲得するが#7小川のフリックシュートもGSK#18工藤のセーブで追加点を挙げることができない。1-0とソニーリードで前半が終了する。

得点を決めたSONY#17小林(中央)

 第3Q、両チーム一進一退の攻防が続くも、互いにチャンスをつくることができず、1-0のまま第3Qが終了。第4Q49分、ソニーがスルーパスで抜け出しGKと1対1になるも、GSKのGK#18工藤がタイミングよく飛び出してセーブする。GSKも左サイドから細かいパスをつなぎ攻め上がるも、ソニーの堅守を崩すことができない。55分、ソニーがPCするも、GSKの守備陣がゴールを許さない。57分、GSKがPCを獲得するも、ソニーの守備陣の体を張ったプレーで得点を許さない。GSKもスクープを使い懸命に攻めるも、ソニーの守備を崩すことができず、試合はそのまま終了。1-0でソニーが勝利した。

ヒットでゴールを狙うGSK#6山根

試合詳細

back to top